2017年2月26日

「しかし、お言葉ですから」       イザヤ書55:8-13、ルカ5:1-11
                     国立のぞみ教会牧師 唐澤健太

 今朝、みなさんはどんな朝を気持ちで迎えたでしょう。春の日差しを感じる朝日の中で晴れやかな気持ちで目覚めた方がいるでしょう。しかし、また新しい朝を迎えても課題を抱え、動揺の中で、重苦しい朝を迎えた方もいるかもしれません。
 ペトロの召命物語として知られているルカ5章には、同じ朝でも全く違う朝を過ごしている人たちの姿がありました。 
 ある人たちは、ゲネサレト湖畔(ガリラヤ湖)の湖畔に立っているイエス様のところに、「神の言葉を聞こう」と押しかけています。その辺りで評判になり始めていたイエス様の教え、言葉を「神の言葉」として聞こうと迫っていく。人々の熱気や、活気を感じます。
 それとは対照的に、ペトロたち漁師は「網を洗っていた」とあります。夜通し漁をした漁師たちが、後片付けをしていたわけです。人々が熱心にイエス様のところに押し寄せているのとは、対照的。何だか群衆の熱気の蚊帳の外にいるように漁師たちは「網を洗っている」。神の言葉を聞く群衆たちから微妙な距離があるように感じます。
 しかも、この日の漁は、さんざんだったようで、「夜通し苦労したけども、何もとれなかった」のです。ペトロたちは、一晩中、小さな舟の上で、小さな松明を掲げながら、暗闇の中で、何度も、何度も、網を投げて、引き上げる。一生懸命やった。でも「何もとれない」。そのうち、朝日が登り始め、朝になる。朝になると魚は深くに潜ってしまい、捕りづらくなったそうです。ペトロは恨めしい思いでこの日の朝日を見つめたのではないかと思います。失意と、疲労と、そして睡魔に襲われながら、ペトロたちは「網を洗っていた」のでしょう。それがこの日ペトロが迎えた朝でした。
 そんな時に、ペトロはイエス様に声をかけられたのです。
 そんなペトロをイエス様はご覧になった。ペトロではなく、イエス様がごらんになった。そして「舟を出してくれ」。渋々だったに違いありません。ペトロはしゅうとめの高い熱を癒やしてもらった義理を感じたのかもしれません(ルカ4:38以下)。いずれにせよ、聞く気などなかった「神の言葉」をペトロは図らずもイエス様と同じ舟に乗り、特等席で聞くはめになったのです。
 どんな話をイエス様がされたのかは分かりませんが、イエス様の話が終わります。ようやく家に帰れる。そう思った矢先にイエス様はペトロに「沖に漕ぎ出して編みを降ろし、漁をしなさい」と命じられました。 
 主イエスの命令はとんでもない提案です。非常識な提案です。日が昇った日中は漁には不向きというのが漁師たちの経験上の常識でした。しかも、この日は夜通し苦労した挙句、何もとれないという経験をした朝です。「冗談じゃない」、「勘弁してほしい。せっかく網を洗ったのに……」。そんな声が漁師たちから漏れてもおかしくはありません。
 しかし、人間の知識、体験、常識の延長線上からは決して出てこない「言葉」が神の言葉(1節)として、ペトロたちの徒労の現実に迫り、挑戦してきたのです。神の言葉は、神の言葉のゆえに、人には思いもよらない言葉として飛び込んでくるのです。
 「しかし、お言葉ですから」とペトロは応答し、網を降ろしました。「お言葉ですから」。ここに御言葉に従う信仰があります。信仰は、私たちの知識でも、常識でも、経験ではなく、御言葉に対する決断です。私たちがよくすることは、御言葉に対して決断することではなく、御言葉を判断することではないでしょうか。自分の考え、経験に対して、社会の常識、人の言葉に照らして「御言葉を判断する」。この御言葉は私たちが受け止められ、聞くことができるか、この御言葉は今でも通用するか、常識的か。この御言葉は利にかなっているか。私たちが聞ける言葉だけ、ありがたく頂戴します。それ以外は、ご遠慮願います。そのように私たちは、御言葉を判断する。しかし、大事なことは、「御言葉に対する決断」であることを今日のペトロの姿は私たちに示しているのです。
 「しかし、あなたの言葉ですから」と決断していく。そして、御言葉に従う時、神の出来事が起こるのです。御言葉に従う時に、私たちは、神の出来事を経験する。「光あれ」と言われたら光があったように、神の言葉は出来事を起こす力をもつ言葉です。だから、御言葉を受け止め、御言葉に従う時、そこには必ず出来事が起こるのです。
 ペトロたちが経験したのは、経験したことのない「大漁の奇跡」でした。自分たちの常識では考えられない、しかし、ただ「お言葉どおりに」と従ったところに神の出来事があることを、従った者たちは経験しました。御言葉は人からもらったり、聞いたり、見たりするだけでは力になりません。御言葉に従って生活をする時に、わたしたちは、「御言葉の力」を経験するのです(「種を蒔く人のたとえ」マタイ13:1-23)。
 御言葉の力を経験したペトロは、罪を告白し、イエスを主と告白しました。主イエスは、そのペトロに「人間をとる漁師」という新しい使命を与えました。徒労の中で迎えた朝は一生忘れることのない「召命の日」となりました。
 ペトロの一日を私たちは「礼拝」を通して追体験するものです。徒労の中で迎える朝にも、主は言葉をかけて続けてくださいます。その言葉は「愚かな言葉」に聞こえることがあるかもしれません。しかし、「お言葉ですから」と聞き従うとき、私たちは新しく主を知り、新しい使命に生き始めることを経験するのです。
[PR]
by higacoch | 2017-02-27 08:19 | ルカ
<< 2017年3月5日 2017年2月19日 >>