2014年8月31日

 「御言葉を行う人」     詩編119:37-80、 ヤコブの手紙1:19-27
                              
 私は、今朝の説教題にしましたが、「御言葉を行う人」、皆さんにそのようになって欲しいのです。22節に「 御言葉を行う人になりなさい。自分を欺いて、聞くだけで終わる者になってはいけません。御言葉を聞くだけで行わない者がいれば、その人は生まれつきの顔を鏡に映して眺める人に似ています。 鏡に映った自分の姿を眺めても、立ち去ると、それがどのようであったか、すぐに忘れてしまいます。」とあります。
 ここで22節をじっくりと読みますと、前提として、神様が御言葉を通して、今も働いて下さっているということです。そして「神様の働きかけを無視して、自分を欺いて聞くだけで終わる者になってはいけません。」神様は私たちに語りかけておられます。そうした神様の語りかけ、働きかけなど自分にはないと言って、あるものをないとしてしまうことが欺いていることです。
 御言葉を聞くだけで終わる人は、「鏡に自分の顔を写して眺めている人に似ている。そしてその鏡の前から立ち去ると、その顔がどのようなものであったのか、すぐにわすれてしまいます。」とあります。ここの鏡を御言葉と読んでみると解ってきます。御言葉を聞くだけの人は、御言葉に自分の顔を写して眺めても、その御言葉から離れると、自分の顔がどのようなものであったのか忘れてしまうのです。さらにいうなら、御言葉に触れ、御言葉を読んだり聞いたりしていると、自分の姿が、自分のことがわかってきます。自分の性格、特徴、さらに自分の内にある、弱さ、もろさ、悪、罪が解ってくる。しかし、そのまま眺めているだけでは、いつしか慣れ切り、飽きてしまいます。そして御言葉から離れていき、御言葉によって示された真理が薄らいでいき、いつしか忘れてしまうのです。いつしか御言葉も忘れてしまい、元の黙阿弥となってしまいます。こうなると不幸です。それに対して、御言葉に示された真理に動かされて、小さくくても行動をする人は幸いです。なぜなら、御言葉に示された真理に動かされることは、聖書の御言葉を聞き、そして行動へて導かれます。信仰というのは、まず聞くことから始まります。
 しかし、わたしたちは聞いているようで聞いていない面があります。聞くよりも、話すことが多いし、話すことが先になりがちです。よくよく考えてみると、なかなか聖書の御言葉に聞こうとしていません。それはわたしたちが日頃、生活していることからもわかるのではないでしょうか。誰かと話をする時「聞いて、聞いて」と連発し、相手の言うことを聞くよりは、相手に聞かせることが多いのです。
 しかし、聞きっぱなしでは成長しません。聞き、そして御言葉によって生きること、行動すること、そこに成長の第一歩があります。神様は、聞いてそこに留まることを求めておられません。失敗しても御言葉のベクトルに従って生きることが大切なのです。失敗したなら、また悔い改めて、戻って行けばいいのです。失敗はしないとは、わたしたちには断言できません。むしろ、失敗するのが、わたしたちです。わたしたちの中には完全な人はいません。失敗しながら、成長していきます。それは神様がわたしたち一人一人をご存知であり、愛して下さって、御言葉を与え、御言葉に生きていくように、導いておられるからです。そこに成長があり、幸いがあります。
 信仰者であったヤコブは言います。「神様の言葉を聞いて実践する人になりなさい」と。信仰によって、御言葉を信じて生きようとする人には、試練があります。ヤコブはこの前の所で試練について語っています。1章12節では「試練を耐え忍ぶ人は幸いです。その人は適格者と認められ、神を愛する人々に約束された命の冠をいただくからです。」と言っています。普通、試練というのは、つらいこと、苦しいこと、いやなことです。どうして、試練にあって耐え忍ぶことが幸せなのでしょうか。試練にあってどうしてこんな目に遭わないといけないのかと不満をいう人がいます。そして神様をもう信じないと言って神様から離れるたりします。神様への疑いを持って、信仰から離れていくのです。こうしたことから考えると、試練とは一歩間違えるとつまずきの石です。しかし、この試練と言う言葉の原語は、「試練」と同時に「誘惑」の意味も兼ね備えています。試練が誘惑ともなります。ですがヤコブは言っています。「神様は人を誘惑したりなさらない、むしろ、人はそれぞれ、自分の欲望にひかれ、そそのかされて誘惑に陥るのです。」(14節)と。神様は、わたしたちを愛しておられ、成長を願っておられます。ですから、試練があるのです。試練は御言葉を聞いて、生きようとする時に会います。そうでない時には会いません。その時、神様はあなたを見捨てようとされているのではなく、あなたを成長させ、幸いを与えようとされています。このことを覚えていて頂きたい。だからこそ、御言葉を行う人となって欲しいのです。小さな歩みであっても、一歩一歩、御言葉に生きていって欲しいのです。そこに神様から与えられる幸いが、あるからです。
[PR]
by higacoch | 2014-08-31 17:40 | ヤコブ
<< 2014年9月7日 2014年8月24日 >>