2008年7月27日

「 キリストによる和解 」  詩編 98:1-3、 コロサイ1:15-20  香月 茂 牧師

 先週の月曜日、教会学校の夏期学校で子どもたちと共に多摩動物公園にでかけました。動物を見ながら、上野動物園で飼育を何十年もした方が書いた本を思い出していました。その方が動物園では子ども達に珍しい動物を見せ、楽しんでもらうためだけに動物を飼育しているのではない、表に現れないが、絶滅に瀕している動物たちの飼育をもしていると書かれていました。このことを知った時、私はとても驚かされました。現代は人間の勝手な動物の乱獲や自然破壊で動物たちの生存が脅かされ、絶滅に瀕している種が実に多いことを知らされます。

 今朝の聖書箇所で、パウロははっきりと言い切っています。「万物は、御子のために造られた」さらに「すべてのものは御子によって支えられている」と。すべては御子の手の中に治められ、支えられていて、決して人の手によって人の知恵によって支えられているのではありません。そして、神は「御子の十字架の血によって平和を打ち立て、地にあるものであれ、天にあるものであれ、万物をただ御子によって、御自分と和解させられました」と言っています。
ここで注目したいのは、神は御子の十字架の血によって、地にあるもの、天にあるもの、万物を御自分と和解させられたと言っています。御子の血による贖いが人間だけのためだと言っていません。御子の贖いはスケールがもっと大きく、私たちの理解を超えるものであり、万物との和解を与えたものであります。ですから神様の愛は人間だけ注がれているのではありません。神が創造された動植物たち、また被造物にも注がれているということです。人間が犯した罪は、神と人間との関係を壊してしまっただけではなく、人間以外のすべての被造物にも影響を及ばし、人間と自然との関係をも壊してしまったということも含んでいたと考えられるのです。

 5年前牧師会で、公害の原点と言われた足尾銅山の鉱毒事件で先頭に立って戦った田中正造氏のことを学ぶために、佐野市郷土博物館に出掛けました。彼は聖書を熱心に読み、苦しむ人々の側に立ち、公害の元凶の会社を、また公害に取り組まない政府を訴え続けました。彼は公害問題ではその時代よりも、一歩も二歩も先んじていたのです。彼が残した有名な言葉は「真の文明は、山を荒らさず、川を荒らさず、村を破(やぶ)らず、人を殺さざるべし」と。まさに彼は公害の原点を突いているのです。
 神が御子によって被造物と和解して下さったことを受け止めるのなら、私たちは御子イエス・キリストに従う者として、被造物と共に、神をほめたたえて生きる者でありたい。それは、自然を壊し、環境を汚染してしまう歩みではなく、被造物と共に生きることです。私たちの小さな歩みであっても、神の栄光を現し、神をほめ讃えて神が創造された世界を、守って生きる者でありたい。
[PR]
# by higacoch | 2008-07-27 21:19 | コロサイ