<   2015年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2015年2月22日

「あなたがたの光を輝かせよ」    マタイ5:13-16
                            唐澤 健太 牧師(国立のぞみ)

 「あなたがたは地の塩である」、「あなたがたは世の光である」。教会生活を送っていれば、幾度と無く耳にする御言葉でしょう。耳にタコができるほど聞いた人もいるでしょう。しかし、改めて「今」この御言葉をどのように私たちが聞くかが問われています。
 神戸女学院大学の内田樹さんは元旦に「2015年の年頭予言」というタイトルの記事をブログにアップしています。彼は、2015年は「『いいこと』はたぶん何も起こらない。『悪いこと』はたくさん起こる」と書き出し、今の日本が戦争へ突き進んでいくこと危惧しながら、私たちの国がいま「滅びる」方向に向かっていることを指摘されています。
 2015年になり2ヶ月が経とうとしていますが、内田氏の予言通りに進んでいるように思えてなりません。政府は春には集団的自衛権を行使するための法整備を進めていくことが報じられています。イスラム国の人質事件に対する政府の対応について批判的な意見を許さない空気がマスメディアの世界を覆っています。「自主規制」の名の元に言いたいことが言えない息苦しさが世を覆い始めています。靖国神社への参拝は宗教目的ではないという政府答弁が決定されています。かつて戦時中に経験していたことが、「今」起こっているのです。この時に、私たちは改めて「あなたがたは地の塩である」、「あなたがたは世の光である」との主の御言葉を真剣に聞かなければなりません。
 主イエスは、私たちを「地の塩である」、「世の光である」と言われています。「なりなさい」とか「ならなければならない」ではありません。すでに私たちは塩であり、光であると主は言われるのです。キリスの弟子は、この世界にあって塩であり、光なのです! 
 塩は、腐敗を防ぐ働きをします。塩は、溶けて目には見えませんが、全体の味を整える働きもします。塩が目に見える料理は塩辛くてとても食べることはできません。少量で、目には見えないけれど、全体を整え、腐敗を防ぐのが塩の働きです。
 光は塩とは逆です。どんなに小さな光でも闇とは絶対に混じりません。光は闇の中で消えてしまうことはありません。光は、闇と混じることなく、闇の中がどのようになっているかを明らかにします。キリスト者が世の光であるというのは、その信仰をもって、決して世の思想と混ざらず、妥協せず、それがどんなに小さな存在であっても、世の光となるということです。塩と光は性質からいえば、正反対です。しかし、これは何か別々のものではなく、キリスト者は塩であり同時に光なのです。塩として、この世の中でどんなに少量であっても、目立たなくても、塩の働きをすることが、闇の世にあって光のように輝くということでしょう。塩であることが光であり、光であることが塩なのです。
 では、キリストが塩であり、光であることは具体的にどういうことでしょう。「闇の中では一人一人の抵抗こそ光である」(田中伸尚)。昨年12月に講演会で聞いた言葉が心に残っています。「抵抗」という言葉に抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、主イエスの歩みを思い巡らす時、イエス様はまさに「抵抗者」であったと思います。弱く貧しい人たちが打ち捨てられている時代にあって、その人たちに「幸い」を語り、安息日に禁じられていた癒しの業を行いました。それは「世に抵抗する」歩みでありました。まさにその主イエスの歩みこそ地の塩であり、世の光なのです。
 イエス様のように生きる! 「地の塩」、「世の光」とは、主イエスのように生きることに他なりません。もちろん罪深い私たちはイエス様のようにとても生きることなどできません。しかし、私たちがイエス様のように生きる! そのことを志す。キリスト者として、真剣にキリスト者として生きる! それが自然と、この世にあって塩であり、光となるのです。
 ここにいる私たちができる抵抗には何があるでしょう。キリスト者にとって最大の抵抗活動とは礼拝をささげることです。イエス・キリストだけが、私たちの王であることに真剣に生きることが「滅びに向かう世」にあって抵抗することであり、それが小さな光となるのです。だからこそ、教会の歴史は権力者からの迫害を受けてきたのです。
 「礼拝するとは人間が人間となることである」(カンバーランド長老教会礼拝指針)。つまり、礼拝することは非人間化する力がこの世を支配し、「今だけ、金だけ、自分だけ」という精神で滅びへと向かう世にあって、それに抵抗し、神が人間された「人間らしさ」を取り戻していく行為です。礼拝はこの世にあって抵抗的行為であることを心に刻みましょう。
 この非人間化する社会の中で、礼拝することで私たちが人間となっていく。それが、小さな抵抗となり、光となるのです。愛の抵抗! 人間らしさを奪い取る悪魔の働きに、人間となる礼拝をもって抵抗する! それが「立派な行い」として証しされるのです。立派といのは「麗しい」という意味です。礼拝こそ不義がはびこる中での小さな灯火を灯す抵抗であり、その小さな灯火が人間らしい麗しさを証しするものとなる。
 私たちは罪をかかえ、弱さを抱え、小さな者ですが、主は私たちを「塩」として「光」としてこの世に送り出してくださっています。今こそ私たちの光を輝かす時です!
[PR]
by higacoch | 2015-02-27 11:04 | マタイ

2015年2月15日

「人の心のかたくなさ」   出エジプト記9:13-21、ローマ9:14-29
                                          伊能 悠貴 神学生

 東小金井教会に招いていただき心から感謝申し上げます。伊能悠貴と申します。現在、東京基督教大学の大学院2年生、最終学年として学びをさせていただいております。このようにして皆様とお会いできたことも、主の恵みだなと思い感謝をしています。ただ、本日のように教会に招かれてみことばのご奉仕をさせていただくことなど、初めてのことでありまして、なにぶん緊張しているかとは思いますが、よろしくお願いいたします。
 
 さて、本日は出エジプト記を選びました。出エジプト記5章から15章という広い枠組みを視野に入れながら見ていきたいと思います。5章から15章とは、モーセがエジプトの王ファラオのもとに行き、そしてイスラエルの民をエジプトから連れ出すまでの物語が描かれています。
 出エジプト記は旧約聖書の土台であり心臓とも言われ、そこには大きく分けて「贖い」と「契約」について書かれていると言えます。本日は「贖い」について焦点を当てますが、「贖い」とは、失った権利を代価を払ったりして取り戻すことを意味します。イスラエルの民は、神のものでありました。しかし、神のものとなるとは具体的にどのようなことなのでしょうか。それは「人の心のかたくなさ」と関係があるようです。そこで、かたくなな心を持ったファラオに注目してみたいと思います。
 
 ●ファラオのモーセに対する態度、心のかたくなさ
 モーセはファラオのもとへ行き、イスラエルの民を解放させるように要請します。ですが、ファラオはモーセの要請に真っ向から反対します(出エジプト5:2)。この後、「心をかたくなにする」もしくは「心が頑迷になる」という表現が繰り返されますが、それは「心がかたくなる」とか「心が重くなる」というニュアンスの表現です。
 ファラオはモーセの主張が「自分たちはエジプトの奴隷として、もうこれ以上働きたくない」とのことであると受け取ります(5:4、8)。そして、この後14章まで、十個の災害、出エジプトの海を分ける出来事と続きます。ですが、不思議なことにその焦点がイスラエルの民ではなく、モーセとファラオとのやり取りに長く当てられます。なぜ、これほどまでにファラオに注目しなければならないのでしょうか。それは聖書記者がファラオの姿を読者に見せ「心のかたくなさ」について悟らせようと試みたからだと考えられます。
 10の災害はファラオにとって信じていることを、真っ向から否定された出来事でありました。たとえば、ナイル川。これはオシリスという名の神の血(血液)が流れているのだと信じられていましたが、第一の災害で、モーセは本当にナイル川を血に変えてしまったのです。また、第二の災害のカエルの大発生。カエルも水中に無数に生息していて豊穣のシンボルとして神格化されていたゆえに、主はカエルを異常なほどまでに発生させ、そして死なせエジプト中が悪臭に満ちるということを起こしたのです。
 自分の信じていたことを否定せざるを得なくなることを「挫折」とも呼んだりしますが、この「挫折」を味わわせてくださるのは主の業の一つと言えるでしょう。しかし、挫折を味わったとしても、それを認めないかたくなな心をファラオは持っていたのです。
 そのかたくなさの正体とは一体なんでしょう。それは「所有欲」、「自分のものとしたい」という欲望、これが心のかたくなさを生み出すと言えると、思います(5:2、14:5)。イスラエルの民が自分たちのものであるかのような態度をファラオはとったのでした。自分の支配下に置きたい、自分のものとしておきたい、自分が支配者であり神でありたい、と願う心が、ファラオの心であり、かたくなな心であったのです。まさに創世記3章の「あなたは神のようになる」という蛇の誘惑に陥った人間の姿を表していたと言えるでしょう。

●神の民の態度(静かにしていなさい)
 さて、これに対して、「ではイスラエルの民はファラオとは違って所有欲がなかったのか」というとそうでもありません。イスラエルの民は自分の命が惜しかったのであります(14:11)。エジプト軍を前にして、危機が迫る中、結局こうなるんだったら最初から奴隷のままでいたほうが良いとモーセに言うのでした。ですが、モーセの答えは「静かにしていなさい」(14:13)というものでした。ただ「静かにしていること」、主への全き信頼が必要だったのです。目の前は海、後ろにはエジプト軍。絶体絶命であり、尽くす人事すらない。しかし、神に頼ることを覚え始める人間に、神は救いの道を開かれるのです。

 すべては主の造られたものです。その世界で生きているはずですが、様々なことに私たちは不安を覚えてしまいます。ですが、私たちはキリストによって贖われ、神のものです。「静かにしつつ」神の救いを覚える者として歩んで行きたいと願います。
[PR]
by higacoch | 2015-02-20 11:00 | ローマ

2015年2月8日

「誰の栄光を求めるのか」    申命記5:12-15、ヨハネ福音書7:11-24
                              
 今朝の個所には、ユダヤ人がイエス様を殺そうと狙っていることが書かれています。その発端は、イエス様が安息日の規定を破ったということでした。それからしばらく経ったときに、秋の祭り、仮庵の祭りがやってきました。これはイスラエルの民がエジプトでの奴隷状態から解放されて、荒野で40年過ごしたことを想起する祭りでした。この祭りがたけなわになった時に、イエス様は神殿の境内で人々に、律法の新しい解釈を持って、説教されました。この教えに人々は驚嘆しました。その後、イエス様は「あなた方こそ、安息日の規定を破っているではないか」と問い詰められました。それは割礼の規定と安息日の規定とがぶつかり合っていたからです。割礼の規定では、男の子が生まれた日から八日目に割礼を施さねばなりませんでした。他方、安息日の規定では手の業、すべて禁止されていました。皆さん、よく考えてみてください。男の子が生まれた日から八日目が、もし安息日に当たったなら、どうでしょう。割礼を施すというのは手の業です。ですから、この行為をするということは、安息日の規定を犯すことになります。だから、イエス様は、こう言っておられます。「あなたたちは、安息日にも割礼を施している。人は安息日であっても割礼を受けるのに、わたしが安息日に全身をいやしたからと言って腹を立てるのか、うわべだけで裁くのは、やめ、正しい裁きをしなさい。」と教えておられます。
 イエス様の教えに人々は驚きました。こうした驚きは、一方では信仰を呼び覚ますきっかけとなりますし、他方では、躓きとなります。信仰へと導かれるなら幸いですが、躓くなら不幸です。こうした局面に立たされると、人は世俗的な反応を取りがちです。この場合もイエス様を正規に律法の学びをしていない不法な者と見下しました。公認の教師ではない、無免許・無資格のイエス様が語る教えは、明らかに公認教師が教える教えとは違っていたのです。ですから、人々は驚いたのですが、躓き、そして軽蔑しました。人間によって作られた教えの構造は、簡単に崩せません。むしろ反発を食らうし、そのような人によって作られた世界に、神の権威など必要としません。世の中というのは、人間の栄光と権威をもって臨めば、すべてがこと足りるような世界なのです。この世にとって、真理が問題なのではありません。権威こそが重要事項なのです。肩書きさえあれば、それでいいという人の世界なのです。
 イエス様は、はっきりと「神様の御心を行おうとする者は、わたしの教えが神から出たものであるのか、わたしが勝手に話しているのか、分かるはずだ」と言われています。そして、「自分勝手に話す者は、自分の栄光を求める。しかし、自分をお遣わしになった方、神様の栄光を求める者は、真実な人であり、その人には不義がない」と言われています。世の中にあって、自分の栄光を求める者は、自分の思いを、自分の言葉を語る、そして、権威の中心にいようとします。自分が中心となって、そこに留まり、自分の栄光のために行動します。しかし、イエス様は、言われました。神様の御心を行おうとする者は、わたしの教えが神から出たものであることが、分かるとおっしゃっています。
 今、中東では報復からの戦争が起っています。今やヨルダンの人々は、イスラム国に対して憎悪の念を燃えあがらせています。こうした憎しみの感情はとても抑えにくいものです。このような報復によってエスカレートする争いをなんとか食い止めようとして、約4千年前の中東の古代バビロン王の命令で法が作られました。それが有名なハムラビ法典です。この法典の有名な戒め「目には目を、歯には歯を」は、報復に燃える人間の情を、法律で禁止した画期的な法典です。なぜなら、人は歯をやられたら、歯だけでおさまらず、それ以上にやり返していくからです。これを厳禁したのです。そうしないと、悲劇が増大していき、戦争となっていくからです。
 主イエス様は、人を憎み、殺すことを許されませんでした。イエス様は「あなた方は聞いている通り、『目には目を、歯には歯を』と命じられている。しかし、わたしは言っておく」と言って、同量の復讐をしてはならないと教えられ、さらに「誰かが右の頬(ほお)を打つなら、左の頬を向けなさい」と教えられました。これは、わたしたちにはできない大変なことですが、進むべき道をはっきりと示されたのです。その後、イエス様は自ら十字架刑にかかり死んでいかれました。その時も十字架の上で人々の罪の赦しを求めて祈られました。まさに自分の栄光ではなく、神様の栄光を求めて生きていかれたのでした。このことを覚えたいのです。だから、わたしたちも小さな歩みであっても、神様の御心を知って神様の栄光を求めて生きていく歩みでありたいと祈り願います。
 今、中東で起っているのは、人が人を殺し合う戦争です。戦いが一日も早く終結し、平和的な歩みを見出していけますように祈りましょう。
[PR]
by higacoch | 2015-02-13 10:56 | ヨハネ福音書

2015年2月1日

「きよめられなければならない」   列王記上8:22-30、ヨハネ福音書2:13-22
                            
 今朝は、私たちの教会、カンバーランド長老教会の創立記念主日礼拝日です。私たちの教会は、1810年2月4日に教会設立しました。それは、東小金井教会が昨年、伝道50周年の記念の年を迎えましたが、50年前にこの地で開拓伝道を始めたというのとは違います。一人の牧師が、ある場所で開拓伝道し、教会の第一号が誕生したという日ではありません。この日は、誤解を恐れずに言うのなら、一つの教会ではなく、一つの教派が生まれた日ということなのです。
 さて、今から200年以上前にアメリカではリバイバルが起こりました。いわゆる信仰復興運動が進められ、たくさんの人たちが信仰を持つようになりました。そうした運動に対し、賛成派、反対派がおり、対立していました。私たちの教派を生み出した人たちは賛成派の人たちでした。そうした中で、これは有名の話ですが、マッカドウ牧師の家に、ユーイング牧師、キング牧師、マックイーン伝道師がやってきて、新しい中会を形成するべきかどうかと相談しました。その後、各自が徹夜の祈りを捧げ、翌朝、再び集まって祈り、皆が新しい教会(中会)形成をするようにと導かれました。こうして、私たちの教派は創られていきました。
 さて、今朝与えられた聖書個所では、イエス様が、神殿内でなされていたことを目の当たりにし、激しい怒りを表わして行動されたことが記されています。これほどまでに激しい怒りをあらわにされたことはありません。その理由は、神様に捧げる動物、牛や羊、鳩の売買がなされていたからです。しかも普通の市場の5、6倍の値段でいけにえの動物を売って、たんまりと儲けていました。神殿に捧げるお金もユダヤのシケル硬貨でなりませんでしたから、外国の硬貨を両替しなければならなかったので、そこでもかなりの手数料を取っていました。ですから、イエス様は、「今や神殿は、商売の家だ。神殿は神の家であり、すべての人の祈りの家なのに、そこを人間の欲の巣にしている」と怒られたのです。このイエス様の行動に、ユダヤ人は「こんなことをするからには、どんなことを見せてくれるのか」詰め寄りました。するとイエス様は「それなら、この神殿をこわしてみなさい。そうしたら、神殿を三日で建て直してみせる」とおっしゃいました。この言葉を聞いて、ユダヤ人は一層激しくイエス様を憎みました。しかし、イエス様が言われた三日というのは、死んだ者が三日目に復活することでした。死んだものが新しいいのちを得ることだったのです。
 今や神殿が、商売の家になっている。そしてこのまま何もしなければ、ここは神殿と呼ばれていても、人間の欲だけが満ちている悪の家であり続けたでしょう。そこでイエス様は、神殿を清められなければならなかったのです。人間の力や決心によって、人間の欲にまみれた神殿を清めて、真実な神の家とすることはできません。真に清められるということはこれまでの歩みに終止符を打つことであり、死ぬことを意味しています。そしてすべてがなくなってしまうのではなく、死を通して復活が起こるように、神殿も清められ、真実の神の家に変えられるのです。だから、イエス様の宮清めは、イエス様の十字架の死を表し、清められた後に、真実の神の家になるように、イエス様の三日目の復活と新しい命が現わされているのです。清められるということは、死ななければなりません。死んで、そして復活して新しいいのちに目覚めるのです。死はすべての終わりではなく、まさにそこが始まりとなるのです。
 このことは、私たちの人間形成においても言えることです。わたしたちが、神の言葉を聞いて、よいことを学び、そうだ、こうしようと自分の決断で、人間の自己改革をしていく先には、決して復活の命はありません。復活の命に生きるということは、死ななければなりません。人間的なものに頼って作り出すのではなく、神様による清めが大切であり、必要なのです。この神の清めがあってこそ、人は新しい命に生きることができるのです。他に、復活の命に生きるすべはありません。これが自分に死んで、神によって生きるということなのです。ですから、人は、神によって死ななければなりません。
 伝道者パウロは、真の神殿は、目に見えるような建物が神殿ではなく、あなた方の心の中にある神殿こそがそうだと言います。(Ⅰコリント6:19参照)私たちも神によって清められなければならないのです。
[PR]
by higacoch | 2015-02-05 10:53 | ヨハネ福音書