<   2015年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2015年1月25日

 「婚礼」      出エジプト記 33:12-17、ヨハネ福音書 2:1-11
                               
 結婚を、カトリック教会では教会で行う「礼典」の一つと考えています。プロテスタント教会が礼典として大事にしていることは、洗礼式と聖餐の2つだけですが、カトリック教会は、結婚式も教会が行う大事な式の一つと考えています。イエス様は、マタイ福音書19章で、結婚について「男は父母と離れて女と結ばれ、二人は一体となる」という言葉を取り上げて、「だから二人はもはや別々ではなく、一体である。従って、神が結び合わせてくださったものを、人は離してはならない」と続けられました。人が離してはならないのです。ここで、人というのは、あらゆる人です。身近な人から考えると、両親たち、その兄弟、親戚であり、また結婚○○年の場合なら、二人の間の子ども、その他にも、友人や会社の同僚、上役など、どのような人であれ、これを離してはならないということです。そして、もちろん本人たちもです。イエス様は夫が安易に離縁状を出して、離婚することを戒められました。
 イエス様はガリラヤの片田舎のカナという村で婚礼がありました。当時のユダヤの婚礼はほぼ1週間続きます。イエス様の一行がそこに着き、共にお祝いしていた時、祝いの酒が切れてきたので、心配した母マリアは、イエス様に「ぶどう酒が、なくなりました。」と声をかけました。酒をなんとか調達してほしいという思いだったのです。それを聞いたイエス様は、「婦人よ、わたしとどんなかかわりがあるのです。私の時は、まだ来ていません。」と一見冷たい返答をされました。でもマリアは、召し使いたちに「この人が、何か言いつけたら、その通りにしてください」と言っています。「これは、どんなに大変なことでも、この人が言ったことは、聞き流さないでください。言った通りにして下さい」ということだったのです。イエス様が、どんなことを言うのか、どんなことを要求するのか、解りません。しかし、マリアは「この人が言うことをきちんと聞いて、実行して欲しい」と、 頼んでいます。マリアは、召し使いたちにこのことだけを言った後に、奥に行かれたのでしょう。
 そのあと何があったのかを聖書は語っています。イエス様が召し使いたちの所にやってきて、「ここにある水がめ6つにいっぱい水を入れてください。」と願われました。この水がめは、石でできていた大きなかめでしたので、かめを運んで水を汲んでくることはできません。2ないし3メトレテスが入る水がめということなので、(メトレテスは、量を示す単位で、1ミトレテスは、約40リットル)2、3メトレテスですから、中間をとっても1つ100ℓ、6つですから600ℓです。
 ここで考えたいのです。水量は600ℓ、普通のバケツでは60回汲んで運ばなければなりません。召使いが2人と考えたら、30回運ぶ重労働ですが、召し使いたちは、言われた通りに行いました。それを味見した世話役は上等の葡萄酒だと言いましたが、この葡萄酒がどこから来たのか、知りませんでした。知っていたのは、召し使いたちです。こうして、イエス様は、ここカナの村で、最初のしるし、奇跡を表されました。
 婚礼という場で、水がめの縁までいっぱいの水が、葡萄酒に変わる奇跡が行われ、そこにいた弟子たちは、神の栄光を見て、イエス様を信じたとあります。ただの水が葡萄酒に変わった、これは水が葡萄酒にイエス様によって変えられたということです。水というのは、イエス様に従っていた弟子たち、また信仰者たちを暗示していると言えます。その人たちが、イエス様に従うことで変えられていくということをあらわされたのではないでしょうか。イエス様は、このカナの婚礼の前日に、ナタナエルを弟子とされています。その際にも「あなたは、もっと偉大なことを見ることになる」とナタナエルに言われているのです。まさに、ここに偉大なこと、しるしを表されています。そして、この最初のしるしを栄光と呼ばれています。その栄光を見て、弟子たちは、イエス様を信じたのです。イエス様はマリアに、わたしの時は来ていない」と言われています。それは、これから一つ一つ神の栄光を表しながら、その「わたしの時」を用意されたということです。神様の栄光は、イエス様の言葉に、従って生きる途上で与えられる恵みなのです。
[PR]
by higacoch | 2015-01-31 10:43 | ヨハネ福音書

2015年1月18日

「最初の弟子たち」     サムエル記上3:1-10、ヨハネ福音書1:35-51
                             
 イエス様の最初の弟子たちと言えば、12人の弟子たちです。マタイ、マルコ、ルカ福音書には、ペトロやアンデレはイエス様の呼び掛けに応えて弟子となったと記されています。しかし今朝のヨハネ福音書では、アンデレはすでに洗礼者ヨハネの弟子でした。そのヨハネに従って歩いていた時にイエス様に出会い、ヨハネ先生から、あの人は「神の小羊だ」と教えられて、イエス様についていきました。その後、兄のペトロに「わたしは、メシア(救い主)に会いました。」と話し、ペトロをイエス様の所に連れてきたと記されています。
 次に、弟子フィリポも友人であるナタナエルと会い、ナタナエルに「私は、モーセや預言者たちが言っている、来るべき方、その人に会った。その人はナザレの人でイエスだ。」と伝え、「来て、見て」と言って、イエス様に会わせています。
 こうしてみると、アンデレは兄を、フィリポは友人を、誘ってイエス様に会うように伝えていることが解ります。こうした二人の行動を見ますと、これは伝道です。イエス様に会わせる、なんとかしてイエス様のことを伝えるということです。これは、わたしたちに良い模範を示してくれていると思います。伝道の仕方は今は様々で、チラシ配りから、ホームページを開いてネットを利用して伝道するとかありますが、やはり、アンデレやフィリピの方法、人から人へ伝えるやりかたは捨てがたいものです。人が、人に伝える、兄弟に、両親に、そして友人に、イエス様のことを伝える。イエス様のところに連れていくというのが基本だと思います。現代でいえば、教会に、家庭集会などに誘うということでしょう。こうした人から人への伝道は、最初の弟子たちの時代から行われていることであり、いつの時代になっても、とても大事な方法です。
 ヨハネ福音書の他の個所にも、二人同時に、このアンデレとフィリポが出てきます。6章の5千人の給食の個所で、イエス様がフィリポに食事をどう用意しようかと問いかけていますし、アンデレはパン五つと2匹の魚を持っている少年をイエス様のところに連れてきています。そして12章では、ギリシア人たちがイエス様に会いたいとフィリポに願い出てきた時、フィリポはアンデレに相談し、二人でギリシア人たちをイエス様に引き合わせています。つまり二人は機会があるごとに伝道しています。
 さて、今の時代は伝道することが難しくなってきています。その理由の一つは、人間関係そのものが難しくなってきているからでしょう。人が人に挨拶をするだけでも難しくなりました。このような時代にアンデレやフィリポのこんなやり方は、もうやめるべきでしょうか。もっと時代にふさわしいネット利用の伝道に移さなければならないのでしょうか。人から人への伝道は、時代遅れで、効率が悪いのでしょうか。私はどんなに時代になっても、人から人への伝道は大事な伝道方法だと思います。それはイエス様ご自身が最初の弟子たちを2人組にして各地に送り出されたように、伝道方法の原点だからです。効率が悪いと言われるかもしれませんが、人との出会いによる伝道、一対一の関係による伝道は、他の方法では得られない深いところまで、伝えられるのではないでしょうか。アンデレやフィリポがそうであったように、イエス様に出会った感動から伝えることが、一番伝わりやすいと思います。一人の人が救われるということは、素晴らしいことです。それはイエス様が「悔い改める一人の罪人が、救われることは、天に、大きな喜びがある」と言われているように、地上だけではなく、それ以上に天に喜びがあります。
 最後に、アンデレもフィリポも最初のイエス様の弟子です。しかしこの二人は、マタイ、マルコ、ルカ福音書には、名前だけしか出てきません。三つの福音書だけでみると、アンデレもフィリポも、どんな人だったのか解りません。しかしヨハネ福音書を読むことで、アンデレもフィリポも、ペトロやヨハネのように目立った行動や発言はしていませんが、こうしたよい伝道をしていたことが解ります。伝道というのは目立たない働きかもしれません。しかし、目立たないからこの二人の伝道は大したことはないとはいえません。イエス様の最初の弟子たちは、イエス様から呼び出された人でありますが、目立たない所でも、伝道していた人であったということを知ってほしいのです。
 私たちも最初の弟子たちのように、イエス様から呼び出されたものですが、呼び出されたその所に留まるのではなく、イエス様の救いを伝える者として歩みましょう。なぜなら、人が救われて、新しいいのちに生かされるのですから。伝道は私たちの教会にとって大事なことなのです。
[PR]
by higacoch | 2015-01-21 10:39 | ヨハネ福音書

2015年1月11日

「みことばを行う人」  詩篇37:3-6、ルカ8:4-15
                                 平 尚紀 神学生
 今日の聖書の箇所は4つの種で有名な箇所ですが、前半は、大勢の群衆に対して語られたイエスの喩えが語られ、後半はその意味を質問した弟子たちに語られた喩えの説明です。つまり語られた対象者が違うことがとても重要です。前半の大勢の群衆とは、これまでのイエスの行動やうわさを耳にした人々で、痛み苦しみを覚えた人達だった。病を癒して欲しい。苦難や苦しみから自由にされたい。貧しさから解放されたい。そうした願いを持って集まった人たちでした。一方、後半の説明を聞く対象者は、イエスの教えを聞き、イエスと行動を共にした人達です。
 良い土地に種を蒔けば、多くの実がなる。このときイエス様のそばに押しかけてきた大勢の群集は、痛み苦しみ、貧しさを負って、助けや願いを持ってイエス様のそばに集まってきた人達だったのです。だからイエス様は、1粒の種が100倍もの実を結ぶという希望を人々に話されたのです。しかし、同じように種を蒔いても、受け止める土地によって、結果が大きく変わってしまう。イエス様が語られた言葉、神の国の福音を聞く姿勢によって、受け止める心によって大きく変わってしまうのです。ですから、イエス様は「聞く耳のある者は聞きなさい」と喩えの後でおっしゃられた。あなたたちの痛み苦しみはよく分かった。だから、神があなたのために用意されたよい知らせ、福音を聞きなさい。そのようにイエス様は、「聞く耳のある者は聞きなさい」と大声で語られているのです。私たちキリスト者も、健康が守られるようにと願いつつ、毎週の礼拝に集うのですが、礼拝では、むしろ、神様が私に何を望んでおられるか。何を語ろうとしておられるのか。自分の願いはいったん置いて、神の声を聞く。神様が私に何を望んでおられるのか。どのように恵みへと導こうとされておられるのか。そのことを繰り返し聞く。それが毎週の礼拝なのです。
 後半の箇所では、弟子たちは、喩えの意味が良く分からなかった。それで、直接「どんな意味かと尋ねた」のです。よく分からないから聞きに行く。教えてほしいと繰り返し尋ねる。これこそが聞く耳のある者の姿勢です。種は神の言葉です。神の言葉は同じようにすべての人に蒔かれますが、受け入れなければ奪い取られてしまう。すぐに枯れてしまう。思い煩いや、富や誘惑が多く、実るまで成長させることが出来ない。しかし、神の言葉を聞き、受け入れ、よく守り、忍耐するならば、多くの実を結ぶ。
 「木を植えた人」という本をご存知でしょうか。たった一人の男が、孤独と戦い、精神と肉体をぎりぎりに切り詰め、荒れはてた地を、幸いの地としてよみがえらせたお話しです。イエス様は、たった一人で、孤独と闘いながら、福音の種を私たちに蒔いてくださった。そして、世界中に福音が届けられている。一粒の種の実りが100倍どころか、世界中に広がり、今も蒔き続けている。今度は私たちが受けた恵みを、忍耐して種を蒔くことが求められている。御言葉を行うことが求められている。この一年も、礼拝において神の言葉を聞きつつ、それを守り、忍耐して実りを受けましょう。
[PR]
by higacoch | 2015-01-15 10:36 | ルカ

2014年1月4日

「恵みと真理に満ち」    詩編103:6-13、ヨハネ福音書 1:4-18
                              
 今朝与えられましたヨハネの福音書の冒頭は、よく知られた所で、日本人に好まれる聖書箇所です。ヨハネ福音書全体も単文が多く、原文のギリシア語も読みやすいのです。またヨハネ福音書の中には、イエス様が言われた「わたしは・・・である」という表現が実に多いとよく言われます。「わたしは、いのちのパンである。」とか、「わたしは良い羊飼いである。」とかです。こうしたことで、イエス様が、読むわたしたちに語り掛けて下さっていることを受け止めやすいといえるでしょう。
 さて、「神様から遣わされた一人の人がいた。」その人はヨハネ、光について証しをするために生まれた人でした。彼は洗礼者ヨハネと呼ばれ、ヨルダン川で罪の赦しを得させるために悔い改めの洗礼を行っていました。彼は、ある方を証しするための人でした。その方は罪のゆるしを得させるためではなく、まさに罪のゆるしを与えてくださる方でした。この方は光でした。救いの光で、この世に来てすべての人を照らしてくださり、今も照らして下さっています。霊的な光、心を照らす光、いのちの光でした。なぜなら、永遠の命を与えて、人を生かすからです。そしてこの命の光は、言葉のうちにありました。その言葉が、この世に来られました。それは、私たちには考えられないことでしたが、向こうから、この世に来られました。どんな形で、この世界に来られたのかと、言いますと、言葉が肉となって、人として誕生されました。「言葉は肉となって、わたしたちの間に宿られた。」(14節)とあります。言葉が肉体となった方、この人間の世に誕生してくださった方、その方は、「恵みと真理とに満ちていた」とあります。そして、ヨハネは、「わたしたちは皆、この方の満ちあふれる豊かさの中から、恵みの上に、さらに恵みを受けた。恵みと真理は、この方、イエス・キリストを通して現れた」と言っています。この方は、尽きることのない恵みに満ちた方でした。
 私たちは、主の恵みを昨年、たくさん頂きました。元旦礼拝でもお話ししましたが、恵みは、神様から与えられるものであって、歳末のジャンボ宝くじの大当たりではありません。その場限りの大当たりではありません。この点を良く表しているのは、ドイツ語で「ガーベ」(Gabe)という言葉は、「恵み」とか「贈り物」という意味があります。そのガーベに「上の」とか「上から」という前置詞「アウフ」がつきますと、アウフガーベとなります。「上からのガーベ」、「アウフガーベ」は、使命とか、課題という意味になります。つまり、上からの恵みは、使命となる、課題となる、ということです。「貰いぱっなし」で自分だけのものだ、というのではありません。自分の思い通りに使っていいというのではありません。与えられた恵みには、それが与えられた根拠があり、務めがあるということです。だからこそ、与えられているのであって、その恵みを生かして用いなければならないという課題があるのです。神から言えば、神はこの課題に向かって歩んでいって欲しいと願って、その人に、その教会に恵みを与えて下さっているのです。
 また、この方は真理に満ちている方なのです。イエス様自身、言われました。「わたしは道であり、真理であり、命である」(ヨハネ 14:6)。またこうも言われました。「あなたたちは真理を知り、真理はあなたたちを自由にする。」(ヨハネ 8:32)。このように、この方、イエス・キリストは、まことの命に生きていなかったわたしたちを、生きるようにしてくださったのです。わたしたちを救ってくださった主イエス・キリストは、恵みと真理に満ちておられる方でした。そして、まことの光、真理の光であって、すべての人を照らして下さっています。
 この年も、恵みと真理に満ちた方を知らせていきたい、そのように私たちは、救いの恵みと真理を先に頂いており、その務めが与えられているのですから。
[PR]
by higacoch | 2015-01-10 10:31 | ヨハネ福音書