<   2014年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2014年5月25日

「 ひと言ください 」    詩編34:5-10、ルカ福音書7:1-10
                             
 わたしたちの周りには、この「ひと言」という言葉があります。私の本棚にも「わたしを支えた母のひと言」という題名の本があります。多くの人が書いていますが、お母さんのひと言が人生の中で心の支えとなったということです。もうずいぶん古い本で、その中には大鵬関、三浦綾子さんらも載っています。私にとっては父のひと言が印象にありますが、「人の一生は重き荷を負うて 遠き道を行くが如し」(徳川家康)とよく聞かされました。そんな私が九州から上京して教会に導かれ、イエス様の言葉に触れました。「すべて重荷を負うて苦労している者は、わたしのものに来なさい。あなたがたを休ませてあげよう。」人生の重荷を負うて一生生きていく覚悟を持って生きるのか、それともイエス様を信じて安らぎを頂いて生きるのか、私はイエス様を救い主と信じて、イエス様から安らぎを頂いて歩むことになりました。これはイエス様が言われていることです。「わたしは、柔和で謙遜な者だから、わたしのくびきを負い、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたは安らぎを得られる。わたしのくびきは追いやすく、わたしの荷は軽い。」と。
 今朝、与えられましたルカ福音書には、一人のローマの軍人、百人隊長のことが記されています。彼には部下が100人おり、軍の秩序の中に生きて、統率する人物です。聖書を読みますと、彼は部下思いの上官で、部下から尊敬されていました。しかもそれだけではなく、ユダヤ人たちからも尊敬されていた人物だったのです。ユダヤ人の長老たちに「あの方は、願いを聞いて頂くのにふさわしい人です」と言わしめたくらいですから。彼は部下の一人が病いで死にかかっていたので、イエス様に癒して頂きたくて、使いをイエス様の所に送っています。使いとしてやってきたのは、ユダヤ人の長老たちでした。その長老たちは必死にイエス様に願いました。するとイエス様はその願いを聞き入れ、隊長の家に向かいました。そして家近くに来た時、別の使いがやってきて、隊長のことづけを伝えました。「主よ、ご足労には及びません。私はあなたさまを自分の家にお迎えできるようなものではありません。ただ、ひと言だけ、おっしゃってください。そうしてわたしの部下を癒してくださいますように。」と。イエス様は、隊長の言葉を聞いて非常に感心し、周りにいた人たちにも聞かせようと、その人たちの方を振り向いて「わたしはイスラエルの中でも、これほどの信仰を見たことがない」と言われました。イエス様は同胞のユダヤ人の中で見ることがなかったほどの信仰を、異邦人の彼の中に見られました。だから、感動して「これほどの信仰を見たことがない」と言われたのです。
 その後、イエス様が隊長のためにどんな「ひと言」を言われたのかは、聖書には記されていません。しかし同じような出来事を記した他の福音書を見ますと、イエス様が何を言われたのが想像できます。イエス様は、次のようなひと言を言われたのでしょう。「あなたの信仰が、あなたの部下を救った。あなたの部下は生きる」。隊長の信仰が、部下の病いを癒し、部下の救いをも、もたらしたと思います。これと同じように他の人のとりなしの信仰によって癒された出来事が聖書に記されています。(参照:ルカ福音書5章の中風の人の癒し)ここでは中風の人を4人が床に載せてイエス様の所に連れてきました。そこで、イエス様は、彼ら(4人)の信仰を見て、その人に、「あなたの罪は赦された、」と言われました。この奇跡は、今朝の百人隊長のとりなしに通じることだと思います。こうしたことを思うと、隊長のとりなしの信仰は、私たちにも求められています。私たちも隣人を愛し、隣人が救われるために、まずイエス様に近づくことを求められているのです。そして「ひと言、下さい」と願うことは、私たちの信仰の歩みに大事なことであり、また隣人を愛するためにも必要なことだと知らされます。
 この時代、生きる望みを失っている人、一人で家の中に引きこもっている人、心を病んでいる人がいます。その人たちのために、私たちも、イエス様に「ひと言、下さい」と求めて隣人を愛して歩んでいきましょう。百人隊長のように。
[PR]
by higacoch | 2014-05-26 22:12 | ルカ

2014年5月18日

「互いに愛し合いなさい」  申命記7:6-11, ヨハネ福音書15:12-17
                               
 今朝のヨハネ福音書の箇所から「互いに愛し合いなさい」という説教題をつけました。この「互いに愛し合いなさい」というのは、キリスト教以外の宗教でも何かと語られていると思ってインターネットの検索で調べてみました。調べた結果、39画面まで検索事項が掲載されていて、最後には「これまで389件取り上げましたが、これ以降は似たような記事ですので、これ以上は表示しません。調べたい事柄は、これまでの中で再検索してください」とありました。これまでの全件、キリスト教関係のものばかり、他宗教関係のものは一つもありませんでした。一番多かったのは、説教です。カトリック、プロテスタント教会の主日の礼拝説教、次はキリスト教系の幼稚園、小中高大学の学校関係の文章でした。このように数えきれないほどに、いろいろなキリスト教関係の文書があり、互いに愛し合うメッセージを発しているのだと思いました。
 さて、今朝与えられましたヨハネ福音書の15章は、イエス様が最後に弟子たちに説教されたことから、告別説教だと言われています。というのも、翌朝にはもうイエス様は十字架に掛けられてその日のうちに殺されるからです。ですから、この夜が最後の夜であり、弟子たちと過ごす最後の時でありました。その夜にイエス様は「互いに愛し合いなさい」と言われ、「これが、わたしの掟だ」と言われました。さらに「これがわたしの命令だ」と強い口調で言われました。こうして、この掟がどんなに大事かということを示されました。
 しかし、こうしたイエス様の言葉をある教会では間違って教えていました。それはイエス様が掟だと言われていますので、これを守らなければいけないということから、律法主義的な教えになっていきました。そこでは、イエス様が教えられたようには、教えていなかったのです。つまり、イエス様はこう言われています。「わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい。これがわたしの掟である。」と。最初に、イエス様が、弟子たちを愛されたのです。そのことによって、互いが愛し合うことが求められています。もしも、イエス様が愛して下さったことを受け止めないなら「互いに愛し合いなさい」は倫理的な教えとなり、律法主義的な教えとなっていくでしょう。
 イエス様は、弟子たちに、「互いに愛し合いなさい」と言われた後、こう続けられています。「友のために、自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない」と。ここで自分の命と言われている、この命という言葉は、英語では、LIFE、ライフが使われています。また命の他に、生活、生涯とか、いろいろ意味があります。そうしたことから、自分のLIFE、ライフを捨てるということを、命だけでなく、生活とか、生涯と訳したりします。こうしたことから自分の生活の中から、友のために時間を捧げることも言われます。確かに、愛の究極は、命の犠牲だと思いますが、そこまで至らなくても、その人ために、何かを捧げると言うことは、愛なのだと思います。愛するからこそ、自分の生活時間を、労力を使って、世話をするということだと思います。それが、どのようなものであっても、人を愛する歩みをしなさいと言われているのです。
 最後になりますが、イエス様の「わたしが愛したように」とは、命をかけて十字架の上で死んで、私たちの罪を赦して、愛して下さったことです。イエス様の愛を覚えて歩みましょう。隣人を愛する、その時も、隣人とは、身内や自分に都合のいい人だけではなく、苦しんでいる人、悩み、悲しんでいる人、友がなく独りでさみしく生きている人なのです。私たちは、イエス様と同じことはできませんが、イエス様が願われたことに通じる歩みを小さくてもしていくことができます。イエス様がこのわたしを愛して下さったのだから、イエス様の愛を覚えて、互いに愛し合う歩みを求めて生きていきましょう。
[PR]
by higacoch | 2014-05-19 22:09 | ヨハネ福音書

2014年5月11日

「神はあなたの涙を忘れない」  ルカ福音書第7章36~50節
                                 宮井岳彦牧師(さがみ野教会)

 東小金井教会が伝道50周年を迎えられたことにお祝いを申し上げます。この50年間の歴史には公には記録され得ない「涙の歴史」とも言うべきものもあったことでしょう。いえ、それどころか、涙を流した歴史こそが教会の歴史そのものであるとさえ言えるのではないでしょうか。3週間ほど前、私が仕えているさがみ野教会では教会員二家族が家族の死を経験しました。神はその涙をお忘れにはなりません。「あなたはわたしの嘆きを数えられたはずです。あなたの記録に/それが載っているではありませんか。あなたの革袋にわたしの涙を蓄えてください。(詩編56:9)」私は家族を亡くした教会員のところへ伺い、ヨハネによる福音書第11章が伝えるラザロの復活の物語の一節を読み、短く説教しました。「わたしは復活であり、命である。わたしを信じる者は、死んでも生きる。」愛する弟を失って涙に暮れる一人の女に主イエスが語りかけた御言葉です。
 今日私たちに与えられているルカによる福音書第7章36から50節も、また別の女の涙を記録しています。ある町のシモンという男の家で食事をしていた主イエスの足もとで涙を流し、その足を涙でぬらし、自分の髪の毛で拭い、イエスの足に接吻して香油を塗った女です。シモンはその様子を見て思います。「罪深い女なのに」、と。どうしてこの女がここに来たのかはよく分かりません。以前、聖書には書かれていないところで主と出会い、お言葉を頂いたのでしょうか。一つ確かなことは、34節で主イエスについてこのように噂されていることです。「見ろ、大食漢で大酒飲みだ。徴税人や罪人の仲間だ。」この町で罪深い女と呼ばれていた彼女は、この方はわたしの仲間になってくださる方、と思ったのではないでしょうか。だから、この方の前で涙を流せたのです。
 教会の涙の歴史は神の言葉に聞く者の歴史でもあります。東小金井教会はわたしと妻にとって特別な思いを持っている教会です。わたしは2002年に神学生として研修させていただき、また前年からの二年間、水曜日の祈祷会に出席させていただきました。また、妻はそれに先立ち、2000年に川越の老人ホームに就職してからたびたび礼拝に出席させていただきました。わたしも妻もこの場所で御言葉に耳を傾けてきました。結婚後、妻は数年間うつに苦しみました。病から立ち直った最大の要因はハイデルベルク信仰問答に導かれた御言葉経験です。「生きている時も、死ぬ時も、あなたのただ一つの慰めは、何ですか。」この問に対する少し長い答を要約すると、「わたしがキリストのものであること」です。それが生きているときだけではなく死を迎える時にも変わらない、他のものでは替えが効かない慰め。この言葉を暗記し、自分の心に言い聞かせました。これはわたしたちにとっては涙を流しながら聞いた御言葉の経験です。
 このハイデルベルク信仰問答を読み進めると、そうであるにも拘わらずなぜわたしの現実はこんなに惨めなのかと問い、キリストが教えてくださった愛の律法を全うできていないからだと教えます。神を愛し、自分自身を愛し、隣人を愛することができない惨めさをわたしも知っているのです。あの罪の女も同じ惨めさの中で生きていました。涙するしかない自分の現実の中で苦しんでいました。だから泣いたのです。洗礼を受けた者は皆同じです。洗礼を受けるというのは、キリストの足元で涙を流すことです。
 主イエスは心の中で文句を言うシモンに譬え話をなさいました。二人の借財人が金を返せなくなった。一人は50デナリオン、もう一人は500デナリオン。しかし、金貸しは二人を赦してやった。シモンにお問いになります。「二人のうち、どちらが多くその金貸しを愛するだろうか。」帳消しにしてもらった額の多い方です。シモンの答えにその通りと言いつつ、主イエスはあからさまにシモンと女を比較して女の愛をほめ、シモンをなじります。問題は、主イエスへの愛なのです。シモンは主を少なくしか愛していない。それは少ししか赦されていないから。ところが女は多く主イエスを愛している。多く赦されたことを知っているからです。
主イエスの足にすがりついて流すあなたの涙を主イエスはお忘れになりません。それを「わたしへの愛」と言ってくださいます。キリストはあなたの涙に秘められた神への愛を見いだしてくださるのです。
 「あなたの信仰があなたを救った。安心して行きなさい。」安心して行きなさい、この言葉は原文を直訳すると「平安の中へ行きなさい」となります。平安が向こうにあって、その中に向かって行きなさいとおっしゃるのです。ですから、安心して行きましょう。あなたの行き先に待ち受けるのは平安です。これからの新しい歴史の日々は主イエス・キリストが準備してくださっている平安の中へ向かっていくものなのです。
[PR]
by higacoch | 2014-05-14 22:05 | ルカ

2014年5月4日

「あなたがたは証人となる」 イザヤ51:1-6、ルカ福音書24:36-49
                               
 先週の4月29日、東京三教会の合同退修会が行われました。講師は片岡輝美さんで、会津放射能情報センターの代表として、放射能による生活上の問題点、また政府の欺瞞性など、女性の視点、生活の面から、また子育ての面から話して頂きました。そうした女性の視点をもう一つ感じたものがありました。それは先主日の聖書箇所で、エマオヘ下った二人の弟子たちが旅人と一緒に夕食を食べようとした瞬間に、その旅人がイエス様だと気づきました。それは夕食を食べるという日常生活の普通のこと、そこにおいてイエス様だと解ったということが大事なことだと話されました。
 その点から言えば、今朝の箇所にもイエス様は焼き魚を食べておられます。イエス様ご自身は、私は亡霊なんかではなく、復活した私だと、こうした生活の場面、食べることで示しておられます。復活した体を見せても信じない弟子たちに魚を食べて見せて、生きている私だよと語りかけられました。それから聖書の預言を語り、メシアが苦しみを受けた後に、三日目に死者の中から復活することを語られました。こうしてメシアは復活した私であると悟らせ、あなたがたは復活の証人となると告げられました。
 今朝、与えられた旧約聖書のイザヤ書は、預言者イザヤに臨んだ神様の言葉です。この箇所を読むと、「わたし」「わたし」と繰り返し、神様は語っておられます。「わたしに聞け、正しさを求める人、主を尋ね求める人よ。・・・わたしの民よ、心してわたしに聞け、わたしの国よ、わたしに耳を向けよ、教えはわたしのもとから出る。・・・わたしの救いは、とこしえに続き、わたしの恵みの業が絶えることはない。」とあります。
ここで、大事なことは、「わたしの民よ」です。ここにあるのは「わたしの僕よ」「あなたよ」ではありません。神様が語られたことは「わたしの民よ」です。預言者一人に語られたのではなく、民です。つまり、一人ではなく、人たちなのです。こうしたことは私たちプロテスタンの教会がもっと真剣に、受け止めなければならないことです。
 その点、現代のカトリック教会が新しく改革した重要な視点がここにあります。
それは、個人ではなく、民だと言うこと、神の民のとらえ方でした。神の民、それは信徒たちですが、これまでのカトリック教会は、司祭、司教、大司教と教職者中心主義をとってきました。そうした視点をひっくり返したのです。神の民の信徒を中心にすること、これが有名な第二バチカン公会議の重要な決定なのです。1962年から65年までの4年間かけて行われたカトリック教会の世界会議ですが、今からたったの50年前のことです。それまでの長い教会の歴史においては教職者中心主義で、礼拝も聖書も讃美も世界中のどこの教会でもラテン語を使いました。信徒が解らなくてもそうで、信徒は礼拝時も置き去りにされたような感じでした。しかし、この会議後は、ラテン語からその国の自国語でよいとしたのです。聖書も礼拝も祈りも讃美歌もです。日本でも日本語となりました。こうしたことをカトリック教会では、信徒使徒職という言葉で表わして、信徒が、使徒の働きをする大事な一人一人だと受け止めました。だから、神の民中心と言われました。神様の救いを伝えていくこと、神様の救いを受け止めて奉仕していくこと、信徒を重要な神の民として受け止めることに大転換したのです。
 このことはカトリック教会が最初に考え出したことではありません。もともとはプロテスタントの教会が大事にしてきたものでした。それは宗教改革者マルチン・ルターが受け止めた万人祭司の真理です。神様の前に、牧師も信徒も地位の上で何らの上下関係はないというもので、つまり、信徒も祭司であり、また信徒も神様に礼拝を捧げ、祈りをすることができるということ、またイエス様の救いの出来事を伝える者だというものでした。
 ですから、今朝、与えられた聖書の言葉を理解する時、「あなたがたは、イエス様の復活の証人となる」というのは、牧師だけではない、ということなのです。皆さんも復活の証人となる、証人として生きるということなんです。このことをイエス様は望んでおられます。だから、皆さんと共に、復活の証人として、主の救いを伝えていきましょう。
[PR]
by higacoch | 2014-05-05 22:02 | ルカ