<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2013年12月29日

「学者たちの訪問」  詩編21:2-8、マタイ福音書2:1-12 
                               
 私たちの教会では12月25日が過ぎれば、クリスマスの飾りを片付けてしまいますが、ヨーロッパやアメリカなどは25日が過ぎてもすぐには片付けません。そのまま飾っていて1月6日を終えると片付けます。そしてこの日を公現日と呼んで、この日に東方から来た学者たちが、幼子イエス様にお会いし、捧げ物を献上した日としてお祝いします。(ギリシア正教では、1月7日としています)
 さて、今朝与えられたマタイ福音書に東方の学者たちのことが記されています。彼らは東方で不思議に光る星を見、それは新しい王様が誕生したしるしだと信じました。そしてその新しい王に会いたいと願い、旅に出かけました。その旅で彼らを導いたのは、夜空に輝く星でした。星は彼らに先立って動き、ユダヤの国に導きました。彼らは、新しい王の誕生だと信じていたので、ユダヤの国の王ヘロデの宮殿に向かったのです。そしてヘロデ王に謁見し、「新しい王は、どこにおられるでしょうか」と尋ねました。それを聞いた王は不安を抱きました。東方の学者が訪れて、新しい王の誕生を訊ねたことを知った都の人々もヘロデと同様に不安を抱きました。それは新しい王の出現は戦争の始まりでもあったからです。一旦、戦争が始まれば、都は戦場化して、都の人々が犠牲になるからでした。 
 ヘロデ王は民の祭司長たちと律法学者たちを呼び寄せて、新しい王がどこで生まれるのか、預言書を調べるように命令し、やっと誕生の預言を見つけ出しました。その預言には、ベツレヘムだと記されているとヘロデ王に知らせました。それを知った王は、東方の学者を密かに呼んで、こう願いました。「その子が見つかったら、わたしにも知らせて欲しい、わたしも行って拝もう」と。これはその子を殺すための情報収集でした。
 そこで東方の学者たちは、ベツレヘムに向かって出発しました。がしかし、実際に、彼らを誕生の家に導いたのは、星の光でした。星が先立って進んで、新しい王の誕生の家を照らし、その上に止まったのです。彼らが非常に喜んで家の中に入ると、そこに母マリアと共に、幼子イエス様が寝かされていました。彼らはこの幼子が新しい王であり、メシアであると確信して、幼子イエス様を拝み、用意した宝物、黄金、乳香、没薬を献げました。
 彼らは学者で知識も豊かに持っていました。だからと言って、それらの知識でイエス様を見出し、イエス様に出会えたのではありません。彼らが新しい王、イエス様に出会えたのは、星の光の導き、すなわち神の導きがあったからです。
 そして彼らは新しい王に出会って満足したと言うのではありません。彼らは、幼子イエス様を拝んでいます。これは礼拝です。彼らの旅の目的は、イエス様に会うことではなく、イエス様を礼拝することでした。そして彼らは、ユダヤ人ではなく異邦人でした。異邦人がイエス様に出会ったと言うことは、イエス様が、すべての人のための王であり、救い主であるということが、公に、この地上に現わされた日(公現日)であると言うことなのです。
[PR]
by higacoch | 2013-12-30 16:40 | マタイ

2013年12月22日

 「イエス様の誕生」  イザヤ書11:1-10、ルカ福音書2:1-20 
                          
 皆様と共に、クリスマス礼拝を捧げることができたことを、大変嬉しく思っています。今年のクリスマスは、忘れられないクリスマスとなりました。それはアドベントの期間に愛する二人を天国に送ったからです。そうしたことを通して、死を考えざるをえません。今朝与えられましたルカ福音書にも、死の危険があったことを覚えていたいと思います。死の危険があったという方は、乳飲み子、つまりイエス様です。当時、生まれた赤ちゃんの死亡率は高いものでした。赤ちゃんは自分で生きていくことができません。母乳が必要で、温かい環境が必要です。もしどちらかが欠けたら弱ってしまい、そのままだったら死んでしまいます。
 また今朝の箇所に3度も記されている言葉があります。それは「飼い葉桶に寝かされた」という言葉です。家畜小屋で生まれたということで、牛やロバや羊なども一緒にいて微笑ましい情景が、子どもたちの絵本などで書かれていますが、現実は厳しいものでした。この「飼い葉桶に寝かされた子」という言葉には、もう一つの意味があり、それは「捨て子」を意味しました。昔も今もあります。こうしたことを考えますと天使が羊飼いに告げたことは、現実的に理解すると大変厳しいものでした。天使はこう告げました。「恐れるな。私は、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日、ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるしである。」と。
 後半部で羊飼いに告げられたのは、「(救い主は)飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子だ」ということです。当時の理解で考えると、「えっ! 飼い葉桶の中に寝ている捨て子が、しるし。その子を見つける。その子がメシア救い主。」一体、どうなっているのだろうと受け止められます。これには羊飼いたちも驚いたでしょう。実際、羊飼いたち自身が、世の人から捨てられたような人でした。当時の人たちは、週一回、安息日には神様を礼拝するために集会所に行っていました。しかし羊飼いたちは、羊を野原において集会所行くことはできません。そうすれば羊は狼の餌食となってしまいます。羊の番をしなければなりません。昼も夜もです。彼らは行きたくても行けなかったのです。行けないことで、人々から蔑視され、神様からも見捨てられた奴らだと裁かれました。また羊飼いを職業とする人の中には、元々風来坊であった人や、落ちぶれて、職のない人たちが羊飼いになっていたということも多かったのです。こうしたこともあって羊飼いは人間の屑のように言われたりしました。そんな羊飼いに天使は告げたのです。「飼い葉桶の中に寝ている子がメシアだ」と。
 羊飼いたちは、この天使のお告げが本当なのか見に行こうと言って、まず行動しました。捨て子が死んでしまうかもしれないと心配して急いだのかもしれません。そしていろんな場所を回ってやっと乳飲み子を見付けました。そこにはその子の両親であるマリアとヨセフがいましたから、文字通りの捨て子でなかったことに一安心したことでしょう。羊飼いたちは、天使が告げたことがすべてその通りだったので、大いに喜びました。その喜びから、彼らの方から、人々に近づいて、この一連の出来事を知らせていきました。日頃は、軽蔑されていたので、彼らの方から人々に近づくことはなかったのに、救い主イエス様に出会えたことの喜びによって、イエス様の誕生を知らせたのです。
 イエス様の誕生は、人々から蔑まれ、神様からも見捨てられたと言われていた羊飼いたちに、まず最初に知らされました。これは、神様は羊飼いたちを、決して見捨てておられないということであり、そうした小さい者たちを大事にされたということです。そして、イエス様自身も捨て子と思われる程、最も低くなられて、その所でお生まれになったと言うことは、どんなに小さな、捨てられるほどの幼子、つまり命ある赤ちゃんを、決して見捨てられてはいないということ、神様から見れば、どんなにいろいろな障害を持っている赤ちゃんでも大事な命なんだということなのです。神様は小さな命を捨てられないだけではなく、本当に大事にされるということがここに示されていることです。イエス様の誕生は、世に捨てられていい大人も、赤ちゃんもいないと言うことを教えています。イエス様は、神様がすべての人を愛されて、その命ある存在が大事な存在とされていると私たちに告げているのです。このことを覚えるなら、あなたも、あなたのあかちゃんも、あなたのお子様も、イエス様から愛されているのです。
 イエス様の誕生を覚えて、メリークリスマス。
[PR]
by higacoch | 2013-12-28 18:36 | ルカ

2013年12月15日

「神が望んでおられる生活」 
        ゼファニヤ3:14-18、Ⅰテサロニケ5:16-24
 
                              
 今朝与えられた聖書箇所に三つの勧めがあります。「喜び、祈り、感謝」。これらはよく覚えられています。
 喜びは時には喜びなさいと勧めているわけではありません。「いつも喜びなさい。」と言っています。良いことがあった時に「喜びなさい」ではありません。「いつも」なのです。では人生でいつも喜べるでしょうか。どんなことがあっても喜べるでしょうか。そうはできません。私たちの生活では悲しいこと、苦しいこと、つらいこと、怒りたくなる時があります。喜べるようなことばかりではありません。ではパウロは、そんな人生経験をしていないのでしょうか。いつも喜べることばかりの人生だったのでしょうか。そうではありません。否むしろ、いやという程苦しい辛い悲しい経験をしています。(Ⅱコリント11章参照)そんなパウロが「いつも喜んでいなさい」と言うのは、悲しみやつらさなどを「我慢して」喜んでいなさいと言っているのではありません。人生の一つ一つの経験よりも、もっと深い所で喜びの根源を頂いているのです。それはその人の存在自体が愛され、赦され、受け入れられているということです。だから、あらゆる出来事の根底に喜びがあり、その喜びを持って「喜びなさい。いつも」と言っているのです。
 イエス様御自身、十字架にかけられる前、最後の説教をされた時に、弟子たちに「あなたがたには悲しみがある。しかしその悲しみは悲しみのままでは終わらない、それは喜びに変わる」(ヨハネ福音書16章参照)と言われたことに通じています。ヨハネの手紙の一には「神は独り子を世にお遣わしになりました。・・・ここに神の愛が私たちに示されました。私たちが神を愛したのではなく、神が私たちを愛して、私たちの罪をつぐなういけにえとして御子をお遣わしになりました。ここに愛があります。」(4章9,10節参照)と。
 今日、アドヴェント第三主日を迎え、三本目のロウソクに火が灯りました。この光は喜びの光を表しています。イエス様の誕生の際、天使は羊飼いたちに「大きな喜びを伝える」と言っています。ここにある「大きな」と訳されているギリシア語は今で言う「メガ」です。「巨大な」という意味で使われ、メガポリス、メガバンク、メガフロートとかあります。そのように巨大な喜びが与えられました。この喜びはすべての人に与えられた喜びだからです。イエス様の誕生はすべての人のためであり、その喜びは私たちが罪を赦されて、愛されていることなのです。
 次に「祈り」です。祈りと言うのは、知識よりも実践です。「祈りについて」よりも「祈る」ことです。水泳ではどんなに泳ぎ方の参考書をたくさん読んでも泳げるようにはなりません。それよりはまず水の中に入って、手足をばたばたさせることです。そのように体が覚える面があります。祈りもどんなに多くの祈りの本を読んでも祈らなければ、神様からの祈りの恵みを頂けません。パウロは「祈りについて」学びなさいと言っていません。「祈りなさい」と言っていますし、「絶えず祈りなさい」と言っています。祈ることによって、祈りの本質を学ぶのです。祈りは決してひとり言ではなくて、神様との対話であり、神様に向かって心を注ぐことです。そうした時に、神様からの応答があります。そうした体験学習が一番いいのです。まずは祈ること、それも「絶えず祈ること」。ちょっと祈って、すぐやめる。祈っても無駄だと決め込んでいる時には、祈りからは学ぶこともなく、信仰者の成長もないでしょう。
 最後に、感謝、「ありがとう」です。感謝する心は、神様からの恵みだと思います。ただ、「どんなことにも」とあって、ただ単純に、何もかも鵜呑みして、何でもかんでも「感謝」「感謝」というものではないと思います。人から何かをしてもらった時、感謝することは大切な心であり、逆に感謝しない心は、不満な心、苛立つ心、相手に文句をいう心です。私は、単純で正直な思いで言うのなら、召される時、身近な人に「ありがとう」を言える人間でありたいと祈り願っています。この5文字は、人に対してだけではなく、神様に言いたいと願っています。「お・も・て・な・し」の心も大事ですが、「ありがとう」がより大事だと思うのです。詩編は神様への賛美がほとんどですが、その中で「感謝せよ」連呼しています。
 パウロは教会の人たちに「喜び、祈り、感謝」を律法としてではなく、主の恵みに応答して、いつも喜び、絶えず祈り、どんなことにも感謝することを求めているのです。私たちもキリスト・イエスの恵みに応答して歩んでいきましょう。
[PR]
by higacoch | 2013-12-21 23:02 | テサロニケ

2013年12月8日

「あなたがたすべてのために」  
            イザヤ書 55:1-11、ローマ 15:4-13
 
 
 伝道者パウロは、今朝のローマの信徒への手紙で「かつて書かれた事柄」と言っていますが、それは聖書に書かれたことです。パウロの時代、まだ新約聖書がありませんから、聖書と言ったら旧約聖書のことでした。この旧約聖書に書かれた事は「すべて私たちを教え導くためのものだ」とパウロは言っています。それは忍耐と慰めを学んで希望を持ち続けるためだと言うのです。信仰者には忍耐が必要です。忍耐の源である神様が、「あなたがたにキリスト・イエスにならって互いに同じ思いを抱かせ、心を合わせ、声をそろえて、神様を賛美するよう」にと言っています。こうなるためには忍耐が必要だったでしょう。 
 教会には互いが同じ思いになれない現実がありました。パウロはそれを明らかにしています。ローマの教会では信仰者を大きく二つに分けて考えていました。主の民(神に選ばれた民)と異邦人(神に選ばれていない者たち)とにです。主の民はユダヤ人、異邦人はギリシア人、ローマ人、ローマ帝国の国々の人々です。教会には勿論、ユダヤ人もローマ人もいました。そうした区別の考えが、差別となっていた面もあったのでしょう。この手紙は、彼がコリントに滞在していた時に書いたと言われています。コリントの教会でも信仰者たちのグループ争いが大きな問題でした。同様な問題がローマの教会にもあったので、この差別観をパウロは問い正しています。ユダヤ人キリスト者が異邦人と同じ思いになることは難しいことであり、心を合わせて共に声を出して歌うなど考えられなかったのでしょう。しかし、パウロはそんな彼らに旧約聖書の詩編、イザヤ書に異邦人も神様をほめたたえると書いてあるではないかと説いているのです。イザヤ書には「エッサイの根から芽が現れ、異邦人を治めるために立ちあがる。異邦人は彼に望みをかける」とあります。「エッサイの根から芽が出て」とは、ダビデ王国が滅ばされるが、しかしその王国(切り株)の根から再び新芽が出てきたと言うことは、ある人物が現れたということであり、この人こそ、キリストだと言うのです。このキリストが異邦人を治めるために立ちあがり、異邦人はキリストに望みをかける、と語られていると。こうしたことで、キリストは、ユダヤ人、異邦人にとっても救い主であると説教しています。
 パウロはこのようにユダヤ人も異邦人もなく、キリストにあっては一つだと教えています。だから、異邦人を蔑むことがないように、むしろ互いに同じ思いを抱いて、心を合わせ、声をそろえて、イエス・キリストの神であり、父なる神様をたたえるようにというのです。キリストがあなたがたユダヤ人を先に受け入れて下さった、それから異邦人も受け入れて下さったのだ、だからあなたがたも異邦人を受け入れなさい。こうして「神の栄光を現わすために生きていきなさい」と語っています。
 人を受け入れることは、私たち信仰者にとって大切なことです。教会の中で、人を区別すべきではありません。一部の者が他の人たちを自分の判断で区別し、違っていると考えるべきではありません。むしろ一人一人がキリストによって受け入れられたように、互いに相手を必要として、共に交わり、共に主を讃美して生きていくことが必要です。教会の内側に、こうした区別、差別することがあってはならないのです。もしそうした問題が生じているなら、キリストの体なる教会を造り上げているとは到底言えません。私たちも肝に銘じてしっかりと、パウロの言葉を聞かなければならないのです。パウロは「すべての人よ、主を讃美せよ」と教えています。共に主を見上げ、共に声を合わせて賛美することは、キリストにあって共に生きることなのです。
 キリストは一部の人たちだけのために、この世に遣わされたのではありません。そうではなく、すべての人たちのために、あなたがたのために、キリストはこの世に遣わされたのです。そして、ヨハネの手紙にありますように、「神は、独り子イエス・キリストを世にお遣わしになりました。その方によって私たちが生きるようになるため」、私たちすべてのために、遣わされました。こうして神の愛が私たちすべてに現わされたのです。あなたがたすべてのために、イエス様はお生まれになりました。あなたのためにです。
[PR]
by higacoch | 2013-12-14 12:31 | ローマ

2013年12月1日

「人の子が来られる」 エレミヤ33:14-16、ルカ福音書21:25-36 
                           
 教会の暦はアドヴェントから始まります。それはキリストの到来を待ち望む期間ですが、今日はアドヴェント第一主日にあたり、クランツの1本に火が灯されました。アドヴェントというのは「主がこの世に来られる」という意味があり、二つの意味を含んでいます。一つは「人の子の誕生」、クリスマスであり、もう一つは「人の子の再臨」、世の終わりで、その時に、人の子がこの世に来られます。こうしたことを考えますと、私たちはその中間の時代に生きていることになります。
 イエス様が言われている「人の子」とは、旧約聖書創世記では、一般的に考えられる「人間」を現わしていました。そのような中で後代になりますと、特別な存在者をさして使われるようになり、ダニエル書の中ではメシア(救い主)の称号として使われています。そして新約聖書の4つの福音書の中には69回も出てきていますが、1つの例外を除いて、すべてイエス様が語られた言葉の中にあります。たとえば、「人の子は、仕えられるためではなく、仕えるために来た・・・」「人の子は地上で罪を赦す権威を持っている・・・」とか、とても多いのです。このようにイエス様は、自分をメシアだと直接に言わず、間接的に「人の子」と言われています。
 さて、今朝の聖書箇所はイエス様が神殿内で人々に語られた所です。こうしたことから、イエス様は私たちにも語られていると言えます。ここで語られていることは、終わりに近い天変地異の出来事です。でも、こうした出来事が起こることで「世の終わりが近い」と言われてはいません。そうではなく、「神の国が近づいている」と言われています。イチジクの木にたとえて、葉が出始めると、夏が近い、そのように自然の変化をみて季節が解るように、天変地異が起ると、神の国は近いと説教されています。しかし、人々は地上に天変地異が起ると、この先どうなるんだろうと不安に陥り、為すすべを知らず、怯え、恐ろしさのゆえに、気を失うと言われています。私たちも異常な自然現象を見たり、災害に襲われたりすると、天地が滅びるのではないかと、不安になったりします。しかしイエス様は、それで終わりではない。終わりはすべての滅びではない。新しい世界である神の国が始まると説教されています。そして「天地は滅びるが、わたしの言葉は決して滅びない」と言われています。だから天変地異が起こってもあわてるな、不安に陥るな「目を覚まして祈りなさい」と言われています。
 このことは信仰を持って「私の言葉によって生きていきなさい」ということです。自分の思いや考えで生きていて、不安に陥り、おびえ、気を失うーーこれは生きる力を失うと言い換えてもいいでしょう。その結果、心を煩い、ノイローゼっぽくなってしまい、部屋にこもりがちになるでしょう。若者も高齢者も、みなです。イエス様は、そうした人間の陥りやすい不安定さを御存知でした。だから今朝の箇所、十字架にかかって亡くなる直前の最後の説教で、人々に語られているのです。
 自分の欲望のままに過ごしたり、酒におぼれたり、いろいろな煩いなどで、心が神様から離れてしまわないようにと語られました。さもないと悪の罠にはまってしまうと。そのような悪の誘いにつかまってしまえば、人の子の前に立つことができなくなる。そうならないためにも、「いつも目を覚ましていなさい。」と説教されました。私(イエス様)から離れないで、私を信じて生きて行きなさいということです。世の終わりは、崩壊と滅びで終わり、なにもかもが壊れてなくなってしまうのではない、人の子が来るのだ、そしてこの世は完成されるのです。ギリシア語では、終わりという言葉は、テロスと言いますが、それはもう一つの意味があって、完成です。すべてが終わるというのは、神様によってこの世が完成です。宗教改革者マルチン・ルターは言いました。「もし明日に世の終わりが来たとしても、私は、リンゴの木を植える」と。私たちも天変地異に惑わされて、人の子キリストから離れないように、人の子の前に立つことができるように、神様の言葉に聞きつつ信仰の道を歩んで行きましょう。
[PR]
by higacoch | 2013-12-07 16:50 | ルカ