<   2013年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2013年10月27日

「教会とは何か」  使徒言行録2章42~47節
        鈴木 文治 伝道師 (日本キリスト教団桜本教会伝道師)

1 私たちの生きている時代
 3.11東日本大震災から2年半が過ぎた。私たちの心に深く残る傷跡は、大震災が私たちに何を示したのかを考えさせる。自然や物を自在に操れると思う人間の傲慢さを打ち砕いた自然の猛威は、人の弱さや儚さを、そして人は死すべきものであることを教えている。また原子力発電の事故は、今を生きる私たちの欲望を満たすために、後世に多大な負担を強いる「人の持つ我欲」の愚かさを示している。
 人の弱さ、小ささ、罪深さを覆い隠して生きる現在の社会は、いたるところで非難と応酬が飛び交かうものとなっている。排除と非寛容が今の社会のキーワードとなるほどに、許し合い支え合う人間の姿は見られなくなっている。
 そのような時代にあって、私たち人間はどのようにして造られたものであるのかを知らなければならない。この時代にあってキリスト者として生きるとはどういうことか、教会とは何かを御言葉から学びたい。

2 初代教会の姿
 使徒言行録の著者は医者であるルカである。ルカはアンティオケ生まれのギリシャ人であるが、異邦人ルカの視点は、私たちに多くのことを示している。病人や障がい者、徴税人や罪人、寡婦や孤児への暖かな視線は、今日の言葉で言う「インクルージョン(排除しないこと)」を指し示している。
 さてペンテコステの出来事によるペテロの説教の後、教会に三千人の仲間が加えられたとある。誕生したばかりの初代教会は、教会が何をなすべき所であるかが示されている。
 第一に使徒の教えを学ぶことであり、第二に信徒の相互の交わりであり、第三にパンを裂くこと(神の前での食事)であり、第四に祈ることであった。
 使徒の教えとは何か。使徒たちは多くの不思議な業としるしを行ってすべての人におそれが生じたとある。イエス様が地上にお出でになったときのことを思い起こす。多くの病人、障がい者、徴税人や貧しい者を招かれ、癒された物語が載っている。使徒たちとは直接イエス様が天に上げられるまで一緒にいた証人であるが、イエス様のなされた業を見た人々は、使徒たちからイエス様のことを聞きたいと願った。使徒の教えとは、イエス様のことを聞くことである。
 相互の交わりとは何か。信者たちはみな一つになって、すべての物を共有し、財産や持ち物を売り、おのおの必要に応じて、みながそれぞれ分かち合った」とある。初代教会で起こった財産共有制である。今日の教会ではこの姿は見られない。しかし、ここで使われている「分かち合い」は、交わり(コイノニア)の語源となっている。すなわち、交わりとは単なる精神的なものではなく、生活に根ざした物の分配を意味している。生活を共にする視点からの出来事であり、私たちの教会生活が「物の分配」に立脚した生きる土台からの「交わり」になっているかが問われている。交わりの中に差別や排除のない教会となっているだろうか。
 パンを裂くこと、すなわち神の前での食事である。「家庭ごとに集まってパンを裂き、喜びと真心とをもって一緒に食事した」とある。食事とは神の国での食事の前祝いである。だから喜びがある。私たちは食事とは神の国の食事に招かれていることであることを思い、感謝と喜びを持っていただくものであることを忘れてはならない。
 最後に、祈ることとある。初代の教会が祈りに満ちていたことを知らされる。ルカによる福音書11章では、祈ることを教えて下さいという弟子たちに対して、イエス様は主の祈りを教えられた。主の祈りは福音書の中心と言われる。この祈りが聞き届けられることを信じて祈りなさいと、イエス様は言われる。
 御国が来ますようにの祈りは必ずかなえられる。御国は必ず来る。教会は神の国の福音を知らせるものである。神の国に向けて真心から教会生活を送りたいと思う。
[PR]
by higacoch | 2013-10-31 11:56 | 使徒言行録

2013年10月20日

 「幸いな者」  詩編146:1-10、マタイ福音書5:1-12 
                           
 今朝は、幸いな人について学びたいのです。説教題も「幸いな者」としました。「幸いな人」と言うことで、すぐに思い起こされるのは、詩編です。詩編第1編の歌い出しに「いかに幸いなことか、神に逆らう者の計らいに従って歩まず、罪ある者にとどまらず、傲慢な者と共に座らず、主の教えを愛し、その教えを昼も夜も口ずさむ人」とあります。このように、詩編には「いかに幸いなことか」という言葉が、通奏低音のように出てきます。数えてみますと24回も出てきています。たとえば、41編2節「いかに、幸いなことでしょう。弱い者におもいやりのある人は」とか、(以下参照112:1、119:2、144:15)そして今朝の146編5節「いかにさいわいなことか、ヤコブの神を助けと頼み、主なるその神を待ち望む人」とあります。このように始まりから終わりまで、詩編は「いかに幸いなことか」と「幸い」を歌い響かせるのです。
 最近、高齢者を狙う悪徳業者がはびこっているように思えてなりません。そんな思いを持っていたら、弁護士の宇都宮健児氏が『わるいやつら』という本を出されました。こうした世の中になって被害に引っ掛かりそうになった人、幸いにして騙されなかった人に「良かったですね」とか、「幸せでしたね」と言うようになってきました。こうした世の中で「幸いな人」って、どんな人でしょうか。人に近づかない人、人にだまされない人、人を警戒する人なのでしょうか。
 私は、現代のような世の中になったとしても、「幸いな人って、こういう人」と聖書が言う人が、幸いだと信じています。その人とは、神様を見上げている人だと。周りの人ばかりを見る人でも、時代の教えに敏感な人でもありません。イエス様が説かれた幸いな人は、神様を見上げて生きる人です。今朝の箇所は「山上の垂訓」と言われ、幸いな人は、こういう人だと9つの例をだして教えられています。イエス様の評判が知れ渡り、ユダヤや周辺の国々から大勢の人々がやってきました。こうした人々の中には、病気の人、貧しい人、世の権力者によって虐げられていた人も多かったでしょう。そのような人々に「あなたがたの今の状態が幸せであり、あなたがたは幸せな人ですよ」と言われたのではありません。どのような状態であっても、そこに留まる静的な生き方が幸せで、幸せな人と言われたのではありません。そこに留まるのではなく、その所でどのように生きるのか、動的な生き方をする人が幸いな人だと言われているのです。心の貧しい人、そういう状態に留まって生活している人が幸せな人ではなく、神様に向かって自らを照らしてみた時、自らの心の貧しさを知り、神様に向かって生きようとする人が幸いな人だということです。また悲しんでいる人が、そのまま幸せなのではありません。そのような中で神様を見上げて生きていく人に神様から慰めが与えられる、そうした人が幸せな人なのです。神様にあって、柔和、義、憐れみ、清さを求めて生きている人、平和を求めている人、神の義のために闘っている人、イエス様のために、生きようとしている人が、幸いな人なのです。
 今朝の詩編に「いかに幸いなことか、ヤコブの神を助けと頼み、主なるその神を待ち望む人」とありますように、わたしたちの救い主イエス様を信じて、神様の助けを頂き、神様を見上げて生きている人が、幸せな人だと私は思います。なぜなら、神様は私たちに救い主イエス様を与えて下さり、イエス様は私たちを愛して生きて下さいました。そのイエス様に従って、隣人を愛していく歩みをしている人こそ、真実に幸せな人だと思うのです。そして世の中に、人を避けるような生き方をする人が多くなっても、人を愛していくような人が幸せな人だと。
 またこうも言えると思います。自分を第一として、自分の幸せだけを求めて生きている人が幸せな人ではなく、主イエス様がわたしたちを愛されたように、人を愛して生きようとしている人が幸せな人なのです。イエス様を見上げて生きる所に結果として幸せが与えられていくのです。神様を信じて、隣人を愛して生きていきましょう。
[PR]
by higacoch | 2013-10-26 11:47 | マタイ

2013年10月13日

「イエスの死」  詩編121:1-8、マルコ福音書15:1-15

 今年のNHKの大河ドラマ「八重の桜」が日曜日に放映されています。今は、八重の夫である新島襄が同志社大学の前身である英学校での働きで苦労している頃ですが、その新島襄が最初に聖書を読んで大変に驚いたことが、今朝の詩編121編の中にあります。2節の「天地を造られた主」と言う言葉でした。彼は天地が創造されたことに驚いたのです。これは創世記の最初にも「神は天地を造られた」とあります。
 この詩編は有名で、好きだという方が多くいらっしゃいます。私も好きです。なぜなら、ここには「わたしの助けは来る。」とあるからです。「来るだろう」とか、「来るかもしれない」ではありません。「来る」のです。こちら側の行動の如何によって来るのか、来ないのかが決まるのではないのです。
 この詩編が賛美されたのは、1節の下に「都に上る歌」とありますように、巡礼者が神殿に詣る時、巡礼者と神殿にいる祭司との掛け合うように歌う賛美でした。最初に、巡礼者が神殿に向かう道で、1節、2節を賛美して行進し、それに答えるようにして、3節以降を神殿内の賛美奉仕者の祭司たちが歌い返して、迎えるのです。ですから、ここで「あなた」と呼ばれているのは、巡礼者の人たちです。「主なる神様が、あなたを助けてくださる、あなたを見守ってくださる」のです。このように、主なる神様が助けて下さり、見守って下さると祭司たちは賛美して巡礼者を迎えるのです。
 ここで「見上げる」という行為は、旧約聖書の中では重要な言葉です。この関連で言いますと、モーセの時代にイスラエルの民は、荒野での長い旅の最中に苦しくなって神様とモーセに逆らって文句を言ったことがあります。そこで主なる神様は炎の蛇を民に向かって送られ、その蛇は民を咬み、多くの死者が出ました。民はモーセのもとに来て「蛇を取り去ってください」と懇願しました。そこでモーセが神様に祈ると、神様が「あなたは、蛇を造りなさい。そしてその蛇を旗竿の先に掲げなさい。そうすれば、蛇に噛まれた者が、その蛇を見上げれば、命は助かる」と言われます。モーセは早速青銅で一つの蛇を造り、旗竿の先に取り付けて、それを掲げました。すると蛇にかまれた人であっても青銅の蛇を見上げると、命が助かったのです。この救いの出来事はイスラエルの民の記憶に留められました。
 さて、今朝与えられた新約聖書は、イエス様がローマの総督だったピラトの尋問を受け、その後に、人々の前に連れ出され、十字架刑が決まった箇所です。何の罪も犯しておられないのに、イエス様は犯罪人の一人として処刑されていきました。聖書はイエス様の死に至る出来事を詳しく記しています。そして、イエス様の死は、人々の罪の贖いの死、つまり人の罪を背負って身代わりとなっていった赦罪死だったのです。
 さて、十字架刑のイエス様を見上げた者たちの中には、どんな人がいたでしょうか。巡礼者たちは「神殿を打ち壊して、三日で建てると言った奴、十字架から降りて自分を救ってみよ」とののしりました。ユダヤの指導者たちは、「他人は救ったのに、自分は救えないのか、今すぐに降りてみよ、そうしたら、信じてやろう」と愚弄しました。彼らは、イエス様の死を、神様を侮辱したため、神様に裁かれたのだと信じたのです。
 しかし、そうではありませんでした。神様はすべての人の罪をイエス様に負わせて、すべての人の罪を贖われたのです。ここに神様の怒りと同時に神様の愛が現わされ、その愛が勝利したのです。その証拠に、イエス様は神様によって復活させられました。十字架の死が、すべての終わりではなかったのです。死は、新しい命を産み出しました。この命こそ、神にある命、復活の命です。イエス様の死は、新しい命を生み出す入り口でした。イエス様の死は、むなしい死ではなかったのです。
 ここで考えたいのです。詩編121編は多くの人が愛する詩編であります。「目を上げて、わたしは山々を仰ぐ。わたしの助けは、どこから来るのか。わたしの助けは天地を造られた主なる神様から」と歌っています。その助けは、今や新約聖書に記されているように、イエス様のあがないの十字架の死からやってくるのです。モーセの時代、蛇に咬まれた民の中でも青銅の蛇を見上げた者は命が助かりました。そのように、十字架に掛けられたイエス様を見上げる者は、助かりました。たとえどんな人であってもイエス様の死によって救われます。それは、神様が為して下さった救いへの道だからです。これ以外の救いの道はありません。イエス様の十字架の死を見上げて、主の救いを頂き生きていきましょう。
[PR]
by higacoch | 2013-10-19 11:52 | マルコ

2013年10月6日

「信仰による生涯」  詩編26:1-12、ヘブライ11:23-28 
                             
 今朝与えられたヘブライ人への手紙の箇所で何度も繰り返されているのが、「信仰によって」です。この言葉はヘブライ人への手紙に22回出てきますが、ほとんどが11章にあります。この章には創世記に記されている人物たちが記されていて、アベル、エノク、ノア、アブラハム、イサク、ヤコブ、そしてモーセが、皆、信仰によって生きていったと記しています。
 この手紙の著者は、以前はパウロと言われましたが、今では同じユダヤ人のアポロと言われています。彼は聖書に詳しく雄弁家であったと使徒言行録(18:24)に記されています。その彼が同胞のユダヤ人(ヘブライ人)に向かって、アブラハム、モーセらは、皆、信仰によって生きていったと言っているのです。創世記の記述には彼らが信仰によって生きたとはっきりは書かれていないのですが、(アブラハムに関しては、「主を信じた」(15:6)とあります)、アポロは、彼らの人生は、信仰によって生きていったと語ります。このように「信仰」を強調したのは、彼やパウロだけではありません。宗教改革を進めたルターもそうした手紙を読んで、強調しています。彼は、人は、イエス・キリストを信じることによってのみ救われると主張しました。徳と言われた善行を積み上げていって救われるのでは決してないと語り、当時のカトリック教会に対抗したのです。「神はすべての人のために御子を送り、すべての人のために、死んで下さったのだ」と語り、だから「救い主イエス・キリストを信じることによってのみ、救われる」と言ったのです。彼は、この真理を、ローマへの信徒への手紙を学んで確信するに至ったのです。「福音は、ユダヤ人をはじめ、ギリシア人にも、信じる者すべてに救いをもたらす神の力、福音には神の義が啓示されていますが、それは初めから終わりまで信仰を通して実現される、『正しい者は、信仰によって生きる』と書いてあるとおり」(ローマ)と。福音は信じる者すべてに与えられる神の力ですから、人間の力ではありません。神の力、そして神の義は、福音に現わされ、初めから終わりまで信仰を通してのみ実現される。だから、「正しい者は信仰によって生きる」と主張したのです。こうして宗教改革の合い言葉、「信仰のみ」となりました。
 ルターは、ある説教で、こんなことを語っています。「都エルサレムに入って来られる方は、あなたがたを裁いて、黄泉に突き落とすために、来られるのではありません。この世の王も皇帝も裁判官も、栽いて、殺すために来ます。これがこの世の権威の務めであり、神が彼らにお委ねになったものだからです。しかし、この方は、王であり、裁くために、来られたのではなく、助け、罪からの救い、罪を赦すために来られました。私たちは、この方を知ることを学ぶべきですし、この方に召されているのです。私たちはこの方を受け入れ、この方の許に留まるよう、神が信仰を与えて下さいますように、アーメン」と。
 信仰によって生きるということは、アブラハム、イサク、モーセなど、そうした人物を知ればいいというのではありません。これは知識の問題ではなく、生きることの問題であり、生きることによって、為されるべきものです。それは、モーセが、その時代に生き、その時代の中で、信仰によって生きていったように、ある時は王家の跡継ぎとして生きるか、あるいは苦しむ同胞の民と共に生きるか、またエジプトの財宝によって生きるのか、キリストの天の宝によって生きるのか、判断を下す時の決定的なものとなったのです。そして、モーセは神への信仰によって、決断し、その苦難の道を選んで、神に従って生きていったのです。
 このことは、私たちにも通じるものであります。わたしたちがこの日本で生きているのは、日本人としてのキリスト者として生きていくのではありません。そうではなく、キリスト者としての日本人として生きていくのです。こうしたことは、日本の国益のためとか、日本を中心として考えて、生きるのではなく、キリスト者として、主イエス・キリストが言われたように「神の国と神の義を求めて生きていく」ことです。今、日本は、安倍政権のもとで、憲法を改正し、集団的自衛権を行使できるようにしていこうとしています。こうした歩みは、戦争への道に通じるものであり、決して平和をつくり出していくものではありません。国際貢献という美名のもとに、アメリカに従っての国造りをしているのであって、神の望まれる平和を創り出そうとはしていないのです。信仰によって生きる、それは、私たちの身近な生活においても、また国の行く末を考える時においても、しっかりと選び抜くために大切なことなのです。それぞれの歩みの中で、私たちもしっかりと、キリスト者としての歩み、行動規範である「信仰によって」の歩みを、小さな歩みであっても、為していきたい。それこそが、信仰による生涯なのです。アブラハムやモーセはいつも完全に神に従った訳ではなく、失敗も多くありました。私たちもそうです。しかし、アブラハムやモーセがそうしたように、神様のもとに立ちかえって、信仰の生涯を歩んでいきましょう。
[PR]
by higacoch | 2013-10-12 17:24 | ヘブライ