<   2013年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2013年8月25日

「心からのささげもの」
          詩編119:76-80、マルコ福音書12:41-44
 
                             
 これは都エルサレムにあった神殿内の出来事です。神殿には異邦人の庭、婦人の庭、男子の庭と幾つかの庭がありました。そうした庭は、名前が示すように、異邦人は異邦人の庭までは入れましたが、その奥に通じる婦人の庭には入れませんでした。そしてユダヤ人は男女を問わず婦人の庭に入って行くことができました。しかし、女性はそこまでで、その奥にあった男子の庭には入ることはできませんでした。今朝の聖書の場面はこの婦人の庭での出来事です。この庭はかなり広さがあり、6千人が入れたと言われますが、献金箱が13個設置されていました。日本のような木製の賽銭箱ではなく、金属製のラッパ型であり、それを立てたように、入り口が大きく下に行くほどに細くなっているものが並べられていました。ラッパ型の賽銭箱が庭の隅に周囲を囲むようにありました。それぞれの賽銭箱は指定されたお金を入れるようになっていて、第1番目には神殿税を、二番目は前年度に滞納した税金を、三番目は鳥の捧げものの代金を、とそれぞれ決まっていました。そして今朝の箱は13番目であり、ここは自由献金を捧げるためのものでした。
 人々は、賽銭箱に献金する者たちを見ていたとあります。イエス様の弟子たちも同じように見ていたでしょう。大勢の金持ちが、たくさんのお金を入れました。彼らは賽銭箱に入るお金がジャラジャラと長く大きな音を立てて落ちていくのを満足気に聞いていたでしょう。自分を誇るような思いを持って捧げたのかもしれません。そうした様子をイエス様はじっと見ておられました。金持ちたちが多くのお金を入れる中にひっそりとやってきた女性がいました。私が想像するに、お金持ちたちはほとんどが男性たちで立派な服を着ていたのではないかと思います。そんな中でこの婦人はみすぼらしい服で手に持っていた銅貨2枚を捧げたのです。今でいったら100円硬貨2枚と考えていいでしょう。
 貧しいやもめが捧げたすぐ後でイエス様は、弟子たちを呼び寄せて「はっきりと言っておく。この貧しいやもめは、賽銭箱に入れている人の中で、誰よりもたくさん入れた。」と言われました。これを聞いた弟子たちはびっくりしたと思います。しかしイエス様は、その理由をちゃんと言われました。「みんなは、有り余る中から入れたが、この貧しい人は乏しい中から自分の持っている物すべてを入れたからだ」と。「あまった中から入れた。」このことはいろんな必要な物、欲しい物を買った後、手元に残ったものから捧げたということ、つまり残りのものから捧げたのです。他方、やもめは、まず神様にささげたと言えます。
 こうしたことから、この個所は教会では献金のアピールのために取り上げられたりします。「皆さん、やもめは精一杯の捧げものをしました。皆さんもこの人のように精一杯の献金をして下さい」と。私はこの個所をこのようにだけ取り上げるのは、間違っていると考えています。その第一の理由は、イエス様は、やもめの捧げものを褒め、弟子たちに「あなたがたも、そうしなさい」と言われていないからです。命令も、勧めもされていませんし。献金するようにと促しておられません。
 私は、やもめの捧げものは、心からの捧げものだったと信じています。イエス様はこの人の捧げものに感動されています。というのは、イエス様はこの日、どんな思いの中におられたのでしょうか。ここでの出来事は受難週の火曜日に当たりますから、三日後には、イエス様は十字架にかけられます。ですから、イエス様は自らを捧げる覚悟を内に秘められておられました。自らのすべてを捧げる覚悟、命までも捧げる思いでした。そうした中で、このやもめの捧げものを見られたのです。ここにすべてを捧げている女性がいる、このことを知って、すぐに弟子たちに宣言されたのです。「この貧しいやもめは、だれよりも多く入れた」と。これは、この人が貧富の状況を越えて、自らを捧げた、心から捧げたということだと思うのです。イエス様はこのことを弟子たちに知らせたかったのです。この人の捧げものは、この時が初めてであったかもしれません。でもこの人は心からの捧げものをしたのです。 私たちもこの女性が捧げたもの、その献身をしっかりと学ぶべきです。
 神様は、最も大切な独り子なるイエス様を与えられました。これは、私たちを救うためでした。神様は命を与えるほど、私たちのために御子を捧げて下さるほど、私たちを愛して下さったのです。それはわたしたちが神様の愛を知って生きるようになるためでした。そしてイエス様は、神様の御旨に従って、自らの命を、すべてを捧げて下さいました。この捧げものによってわたしたちの罪は赦されて、生かされているのです。このことを覚えて私たちも小さくても心をこめて神様の恵みに応答して、隣人を愛して生きていきたいと願うものです。
[PR]
by higacoch | 2013-08-31 17:46 | マルコ

2013年8月18日

「最も大切な戒め」 詩編62:8-13、マルコ福音書12:28-34 
                          
 今朝与えられた箇所では、一人の律法学者が進み出て、イエス様に近づき、質問してきました。律法を知り尽くした学者が、たった一つを尋ねました。この人は、日頃人々に教える立場でした。その人が、ここではイエス様に尋ねているのです。答える側の人が、尋ねる側に立っています。こうしたことを考えますと、この学者は人々に自分の答えを語りながら、心の深い所で、この一つの問いに悩んでいたのでしょう。だから、ここでイエス様に問うているのです。「あらゆる掟の中で、どれが一番なのでしょうか。」と。この学者は真剣そのものだったでしょう。
 イエス様はお答えになりました。「第一の掟は、これである。」と言って、これ以外にはないと強調されておられます。「イスラエルよ、聞け。わたしたちの神である主は、唯一の主である。心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛しなさい」と答えられました。このイエス様の言葉は、決して新しい言葉ではありません。むしろ、ユダヤ人であったなら子どもの時から何千回と聞いている、誰もが知っている言葉でした。これは、旧約聖書の申命記6章4節に記されている、「シェマー」、「聞け」という命令の言葉です。家長である父親が、子どもに毎日、繰り返して教えなければならない言葉でした。
 イエス様は、これだけを答えられたのではありません。学者が尋ねた「第一のものは」という問いに対して、「第一は、これだ」と言われているのですから、この答えだけで良かったのです。しかし、第一を言うのなら、どうしても語らざるを得なかった第二があったのです。第一を第一とするためには、第二がなくてはならなかった、第一だけで良いというものではありませんでした。第一は、第二の戒めを守ることによって守られるものだったからです。
 イエス様は、第二として「隣人を自分のように愛しなさい。」と言われました。私は第一の戒めは旧約聖書からの戒めであり、第二の戒めは新約聖書からの戒めだと思います。第一の戒めはモーセの戒めであり、第二はキリストの戒めです。そしてこの第一と第二は旧約聖書と新約聖書が分離できないように切り離せません。だから、イエス様は第一の戒めだけでなく、第二も言われたのです。
 その第二の戒め「隣人を自分のように愛しなさい。」は旧約聖書のレビ記19章18節にもあります。しかし、「隣人を愛せよ」の「隣人」とは、同胞の民、ユダヤの民でした。ユダヤ人以外は含まれてはいませんでした。しかしイエス様が言われている「隣人」とは、同胞のユダヤ人だけではなく、むしろその枠を越えて、全世界の人々でした。ですから、こうしたことも踏まえて考えますと、隣人を愛するということは、身内主義ではありません。自分の家族、親戚など身内だけを大事にし、その他の人は考えないというものではありません。身内を越えて苦しんでいる人、孤独な人、これはマタイ福音書25章で語られている「小さい者」ですが、飢えている人、苦しんでいる人、病気の人などです。こうした身近な人たちを愛することが求められています。
 イエス様に尋ねた律法学者は、「イエス様がおっしゃったことは、本当です。全身全霊をもって神を愛し、隣人を自分のように愛することは、どんな焼き尽くすささげものやいけにえよりも、すぐれています」と答えました。どんなに多くの、価値ある献げ物よりも、どんなに大きな犠牲よりも優れています、と。これを聞かれたイエス様は、感心して「あなたは神の国から遠くない」と言葉を掛けられました。この学者は真剣にイエス様に尋ね、イエス様の答えを心から受け入れて答えました。
 ここに最も大切な戒めが語られています。この大切な戒めは、今のわたしたちの時代にも通じるものです。それは神を愛し、そして隣人を自分自身のように愛することだということです。その戒めを忘れてはなりません。イエス様の尊い犠牲による神の愛を受けて、私たちも神を愛し、隣人を愛する歩みへと歩んでいくように求められています。
[PR]
by higacoch | 2013-08-24 14:36 | マルコ

2013年8月11日

「救いをもたらすために」  詩編40:8-12、使徒言行録13:44-52
                          
 平和を願い、平和を考える月、8月を迎えました。今年6月に行われた中会平和講演会で、憲法学者である横田耕一氏から憲法の話を伺いました。タイトルは「憲法を変えるって、どういうこと?」、それは今の安倍内閣に憲法を変えようとする動きがあるからです。まずは、その憲法の本質、憲法の目的について学びました。私は横田氏から憲法の本質を深く教えられました。これまでずっと私は、憲法は国の最高の法律だから国民がしっかりと守らなければならないものと考えていました。しかし、憲法が生まれてきた歴史をみますと、国民が時の権力者と血が流して闘いながら、やっと勝ち得てきたものでした。だから憲法は、国の権力者が勝手なことをしないように、また人々の個人的な権利を奪い、個人を支配し、個人に命令をして、勝手に国に従わされないようにしたものであり、国の権力者が暴走しないように制限するものであると、横田氏から教えて頂きました。これまで私が漠然と理解していた考えとは全く逆でした。こうした個人の権利の主張は、ヨーロッパにおいて、個人が自覚されて、生まれてきた人権思想によってでした。しかし日本では、こうした個人の人権の考えは生まれてきませんでした。この人権の考えは日本においては西洋から貰ったものと横田氏は語られました。
 憲法とは、元来国家権力を制限し、個人の人権、基本的な人権の保障を図るためのものです。もしそれが犯されるなら、憲法を犯すことになるのです。だから国家権力が再び戦争をするような歩みをしようとするなら、まだ小さいうちに拒まなければなりません。このことは視点を変えると積極的に平和を造り出す歩みなのです。それがどんなに国民の中で少数派でもあっても為すべきことなのだと解ってきました。そうしないで取り返しがつかない所に行ってしまったら、もうどうしようもありません。国民主権であるならば、私たち国民が、国作りをしていかなければならないのです。わたしたちは神様によって尊い命が与えられ、この世での、日本での務めが与えられています。それはこの国が、国民一人ひとりの命を大切にしなければならないということです。それをしない歩みは、神様の御心にそわない歩みです。後戻りできない状況になる前に、為すべきことを国民主権のもとに行動していくべきなのです。
 今朝の箇所で、パウロは異邦人に救いをもたらすために、自分は地の果てまで、伝道するようにという召しを神様から与えられたと語っています。こうしたことから神の御心は、すべての人が救われることです。
 さて、救いとは何でしょうか。「救い」とは、神の義、神様の正義との関連を持っています。パウロは、救いの福音とは、「ユダヤ人を始め、ギリシア人にもすべて信じる者に救いを得させる神の力である」と言いています。そして、イエス・キリストによる救いとは、「神様によって義とされることだ」と言っています。(ローマの信徒への手紙 参照)
 パウロは伝道した教会に向けて幾つかの手紙を書いていますが、多くの場合手紙の冒頭の挨拶に「主イエス・キリストからの恵みと平和が、あなたがたにあるように」と書いています。また個人宛に書いた手紙にも、同様のことを書きました。特に、テトスに宛てた手紙には、「わたしたちの救い主キリスト・イエスからの恵みと平和があるように」と。
 戦争、そして略奪された歴史を繰り返したユダヤの国では、人々の挨拶が、シャロームですが、これは「あなたに平和がありますように」という意味を含んでいます。そのように人々は、平和を願ってやまないのです。
パウロは、救いは、すべての人々にもたらされなければならないと言っています。自分が生活する国だけに、救いがもたらされることを求めるべきではないのです。すべての国に、すべての人に、一人ひとりにもたらされなければならないのです。それが主の平和です。
 一人ひとりの命を大切にしなければなりません。それをしない歩みは、神様の御心に沿わない歩みなのです。イエス様は、山上の説教で、こう言われました。「平和を実現するものは、幸いである。その人たちは、神の子と呼ばれる」と。すべての人に救いがもたらされることが、神様の願いであり、神様の御心です。このことはパウロだけではなく、私たちも受け止め、イエス様の救いを隣人に伝えていかなければならないのです。
[PR]
by higacoch | 2013-08-17 15:21 | 使徒言行録

2013年8月4日

「人を造り上げる言葉」  詩編8:4-10、エフェソ4:17-32 
                         
 今朝与えられましたエフェソの信徒への手紙で、伝道者パウロは、「古い生き方を捨てて、新しい生き方をしなさい。」と勧めています。古い生き方とは、キリストを知らない以前の生き方であり、新しい生き方とは、キリストを知ることができた以後の生き方です。ですから、自分で新規一転してする自己決定による生き方ではありません。以前の生き方と以後の生き方との間にある決定的な違いは、キリストを知ったということです。キリストの愛を、赦しを、希望を知ったということです。別のいい方をすれば、イエス・キリストの十字架の出来事と復活の出来事を知った、そのようにキリストと出会ってキリストを知り、キリストの生き方を知らされたのです。
 ここには、 「怒ることがあっても、罪を犯してはなりません。日が暮れるまで怒ったままでいてはいけません。 悪魔にすきを与えてはなりません。」とあります。怒ること自体は、罪ではなくても、罪を犯しやすいということです。つい怒りにまかせて、感情むき出しとなり、つい相手を悪く言ってしまいます。駄目だとか、のろまだとか、相手をバカ呼ばわりしてしまいます。こうなると、罪を犯しています。悪魔の罠にはまってしまっています。こうした時、できるだけ早く怒りを治めることです。パウロは、「日が暮れるまで怒ったままでいてはいけません。」と、一日のうちに怒りを治めなさいと言っているのです。できるだけ、相手と仲直りをすべきです。これは夫婦であっても、親子、兄弟たちであっても、嫁姑とであってもそうです。
 また「悪い言葉を一切口にしてはなりません。ただ、聞く人に恵みが与えられるように、その人を造り上げるのに役立つ言葉を、必要に応じて語りなさい。」と言っています。ここで「造り上げる」と言う言葉の原語ギリシャ語はオイコドメーといいますが、パウロは、人との関係だけでなく、教会形成においてもこの言葉を使っています。(4:11~12、16節参照)しかし、人は案外、人を造り上げるのとは逆のことをします。人をこき下ろし、人を壊すような言葉を語ります。こうした言葉を聞いた人は、仕返しに言い返し、さらに上乗せして、けなします。だんだんエスカレートしていきます。こうして人を壊す言葉は、お互いを壊していきます。まさにパウロがいうように、「神の聖霊を悲しませているのです。」ですから「こうした無慈悲、憤り、怒り、わめき、そしりなどすべてを、一切の悪意と共に、捨てなさい。」といい、「互いに親切にし、憐れみの心で接し、神がキリストによって、あなたがたを赦して下さったように赦し合いなさい。」と勧めています。ただ仲直りを勧めているわけではありません。イエス・キリストがあなたを赦して下さったように、あなたも、相手を受け入れ、相手の罪を赦して上げなさいと赦すことを勧めています。この赦しを片方だけに求めているのではありません。両者に求めています。「互いに赦し合いなさい」と。
 最近はネットの時代です。ネットで言いたいことを言う人が増えてきました。またモンスターと呼ばれる人がいます。代表的なのはモンスターペアレント、いわゆる「いちゃもんを言う親たち」です。高校、中学校、小学校の担任の先生や校長などに自己中心的な理不尽な要求をするのです。たとえば、自分の子どもと、特定な子どもと一緒のクラスにしないで欲しいとか、幼稚園、保育園では、特定な子どもと一緒に遊ばせないで欲しいとかです。そうした要求を先生や保育者の家に、時間かまわず、毎日のように電話を掛けてくるのです。人が人を区別する、否、差別する。そして、それを要求する、そのようなことが身近な所で見られるようになりました。
 パウロは「親切にしなさい、困っている人に分け与えるようにしなさい。人に、その人を造り上げるのに役立つ言葉を、必要に応じて語りなさい。」と言って勧めています。これは人に近づいていくことであり、隣人を愛する歩みです。その人を愛し、その人が、神にあって、その人なりに造り上げられるように願うことなのです。人を避けるのではなく、人に近づいていくことなのです。
 先週、『教皇フランシスコ』という本を読みました。その教皇は今年の3月に選ばれ、まだ5カ月しか経っていませんが、この間にも名言を残しています。本の中に彼の10の名言が記されていますが、その最後の10番目に、こう記されています。「憎しみ、ねたみ、高慢さは確実に人生を台無しにします。それゆえ、守ることは、私たちの感情や心に注意を向けることだと言えます。善意や悪意は、心から生まれます。私たちの思いは、建設的なこともあれば、破壊的なこともあるからです。慈悲の心、優しい心を持つことを恐れてはなりません」と語っています。そして教皇はインターネットのツイッター(140字以内の短文で投稿する情報サービス)で、全世界の人々に向かって彼の決意表明をしました。そこには、「奉仕の精神こそが真の力です。皆様に、とりわけ、最も弱く、最も貧しく、最も虐げられた人々に仕えてまいります」と発信しました。
 パウロは、この手紙の最後の方、6章7~8節では、「人にへつらおうとして、うわべだけで仕えるのではなく、キリストの奴隷として、心から神の御心を行い、 人にではなく、主に仕えるように、喜んで仕えなさい。」と語っています。このことが、人に語り掛ける時にも重要なことです。人を造り上げる言葉は、「人にではなく、主に仕えるように、喜んで仕え」る心を持つ者が語ることができるのはないでしょうか。その心を持って、人に仕え「人を造り上げる言葉」を語ることを祈り求めていきましょう。
[PR]
by higacoch | 2013-08-10 16:26 | エフェソ