<   2013年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2013年4月28日

「神の民とされた」 詩編95:1-11、ペトロ一 2:1-10
 
今朝のペトロの手紙一を読むと、私はすぐに私の次男を思い出します。彼は2か月ほど早く生まれた未熟児で、生後すぐに北里大学病院の未熟児センターに運ばれました。そこでドクターから「お子さんには、大きく言って三つの未熟があります」との説明をされました。一つは自分で体温調整ができない。そこで温度一定の保育器に入れられました。次に、安定した自力呼吸ができない。呼吸をしないことがあります。そこで10秒呼吸しなかったら、自動的に電気ショックを与える。それでも呼吸しないとブザーがなり、看護師さんが走って行って背中を強く叩きます。そして三つめは、自力で母乳を飲めない。ですから少し大きめの注射器のようなもので少しづつ飲ませるのです。その時、お医者さんから言われました。「純粋な母乳を飲ませて下さい。母乳にはお母さんの免疫が含まれているので、お子さんを病気にかからせないのに一番良いですから」と。今朝の箇所に「混じりけのない霊の乳を慕い求めなさい。」とあります。生まれたばかりの次男に、混じりけのない母乳が必要だったから、この箇所を読むと思い出すのです。
 ここでペトロは、キリストを信じた生まれたての信仰者を乳飲み子に例えて語っています。乳飲み子に母乳が必要であるように、信じたばかりの信仰者には、その人が青年であれ、高齢者であれ、霊の乳が必要であると語っています。この霊の乳は主の御言葉です。ですから霊の乳を飲むように、御言葉を日々、頂かなければなりません。このことが解ると、ペトロがここで言おうとしていることがはっきりとしてきます。
 ここでは信仰者として生まれる以前と以後とに分けて考え、語り掛けています。以前は御言葉を信じることができなかった。それゆえイエス様の十字架の出来事もつまずきとなっていました。十字架刑で殺されていった人をどうしても救い主とは信じられなかったのです。このことは2千年前の昔だったからというのではありません。現代人にとっても、イエス様が救い主だと信じることは難しいのです。人間の知恵だけでは到底信じられません。伝道者パウロもコリントの教会の人たちに書いた手紙で「十字架の言葉は、滅んでいく者にとっては愚かなものですが、わたしたち救われる者には神の力です」(コリント一1:18)と言っています。十字架の出来事は絵空事に聞こえるのです。それを救いの出来事と心から信じるのは全く愚かであると考えました。これはわたしたちの時代でもそうです。
 意外とキリスト教関係の本がベストセラーになったりしています。しかしこれで信仰者が増えたというのではありません。キリスト教に関心があったり、教養としての知識を求めて、キリスト教の歴史的な遺産(文学、芸術、音楽等)を知ろうとしている人たちです。こうした人たちは、知識は豊かであっても、信仰はありませ
ん。自ら信仰を言い表す人は少ないのです。
 ペトロは以前、以後と分けて語っています。「あなたがたは、信仰以前は御言葉を信じない、十字架の出来事が受け入れられない、そして暗闇の中に生きていた人だった」と言っています。その時は「悪意や偽り、偽善、ねたみ、悪口を言っていた」と。そんなあなただったが、「今は、恵み深い方である主を味わいました。その主を知らされたのですから、主のもとにきなさい」と招いています。神の導きによって、神の力、神の知恵で生きていきなさい。そのためにも乳である御言葉を求めなさいと勧めています。
 ですが、8節の後半でこんなことを言っています。「彼らは、御言葉を信じないので、つまづくのですが、実は、そうなるように以前から定められているのです。」と。読んですぐに感じるのは、宿命のように受け止められます。神様は、ある人たちを躓くように定められていて、もうどうすることもできないようにしておられたのでしょうか。それはもう運命で変えられないのでしょうか。そうではありません。ここは注意して読まなければなりません。ここでペトロが語っていることは、信じる以前のことなのです。そして、ペトロは「今」を語っています。これは私たちにも言えることです。ですから、躓くように定められているというのは、ずっと死ぬまでそう定められているというのではなく、憐れみを受けて、信じるまでのことを言っているのです。こうしたことは、今、イエス様を信じていない人でも、「かつて」から「今」に生きるようにと招かれています。救いを自分で勝ちとるのではなく、与えられるのです。ここでペトロは人間の宿命論を語っているのではなく、神の恵みを語っているのです。
 このようにして、私たちは、神の憐れみを頂き、神の民とされたのであって、私たちが自分の力や知恵や能力で神の民になったのではありません。あくまでも神の恵みによって、神の民とされました。それは、私たちが神様の業を広く伝えるためです。そこに私たちが神の民とされた目的があるのです。私たちが倫理的に正しい生き方をするためではなく、神様から憐れみを受けたものとして、神様の愛を、イエス様の十字架の罪の赦しと復活を知らせていくのです。神様の愛をまだ知らない人たちに知らせて伝道していくのです。そのために私たちは神の民とされ、生かされているのです。小さな歩みであっても神の民とされていることを覚えて主なる神様に仕えて歩んでいきましょう。
[PR]
by higacoch | 2013-04-30 14:32 | ペトロ

2013年4月21日

「互いに愛し合うこと」 レビ記19:9-18、ヨハネ福音書13:31-35
                             
 先週、Nさんの埋葬礼拝で上諏訪市(長野県)に出かけてきました。18日午後に執り行い、その日の夜にホテルで夕食会を行い、親戚の方々が一緒に思い出を語って下さいました。私はC先生の姉妹たち、また親戚の方々のいろいろな話を聞きながら、実に親しい関係なんだなあと感じました。話の多くがお母様のことでしたが、お母さんは信仰深い方であり、家族皆で讃美歌も良く歌われたそうです。お母様はお子様たちに聖書に出てくる人物の名を愛称として付けられ、互いにその愛称で呼び合う程になったそうです。男の子は上からヨシュア、テモテ、ヨハネ、サムエル、ダビデと女の子は、マリア、ハンナ、ルツと、ただ、その名も英語読みだと、ジョンとか、デビットとか、メリーとか、ルーシーとかであります。こうした名を呼び合う仲で本当に仲睦まじい姉弟だったんだと思わされました。幼い時から聖書の言葉に親しまれていて、今朝の御言葉「互いに愛し合いなさい」もお母さんから教えられて来られたのたのだろうと思いました。
 さて、イエス様は十字架にかけられる前夜、弟子たちと最後の時を過ごされて、唯一の掟、新しい掟を弟子たちに命じられました。それが「互いに愛し合いなさい」でした。
 当時、掟と言われていたものは600以上もありました。そのように数え切れないほどの掟というのは、ほとんど「~してはいけない」という禁止命令でした。今朝の旧約聖書のレビ記の掟もそうです。しかしながら、イエス様が弟子たちに与えた掟はそうではなく、「~しなさい」でした。「互いに愛し合いなさい」です。これは簡単のようですが、良く考えてみると、大変難しいことです。なぜなら、私たちは何事においても自己中心的で、自分が可愛く、自分を大事にするのです。このことは自分を愛するのです。自分だけを愛すると言った方がいいでしょう。こんなわたしたち、また弟子たちにイエス様は「互いに愛し合いなさい」と言われているのです。ここでは一人一人に「あなたは、愛しなさい」と言われてはいません。弟子たちに言われているのです。このことはわたしたちに言われていることです。
 そして、イエス様は「互いに愛し合いなさい」とこれだけを言われたのではありません。34節に注目しますと「あなたがたに新しい掟を与える。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。」です。ここで、しっかりと学びたいのは、イエス様がその初めに「わたしがあなたがたを愛したように」と言われていることです。これがあって「互いに愛し合いなさい」なのです。この「わたしがあなたがたを愛したように」と言うことは、どんなことでしょうか。聖書はギリシア語で書かれていますが、「愛」を現わすのに3つの言葉があります。エロス(性的な愛)、フィリア(人間的な愛、友情、親子の愛情など)、そしてアガペー(神様の愛)です。ここで語られている「愛」はアガペーです。こうした愛はどんなものかと思い巡らしていましたら、ゆるしとの関係があるのではないかと思いました。そこで4つの福音書での赦しという言葉を探してみました。するとマタイ、マルコ、ルカ福音書にはいくつもありますが、ヨハネ福音書では一つも出てきません。そこで思ったのですが、イエス様がここで「わたしがあなたがたを愛したように」の中に、赦しが含まれているのではないかと思いました。赦しがなくては愛することはできません。こう考えると、イエス様の言葉はこうも言いかえることができます。「わたしがあなたがたを赦したように、あなたがたも互いに赦し合いなさい」。赦しのないところに愛は成り立ちません。相手の人の罪を赦せないという人が、その人を愛することはできません。口では「あなたを愛しています」と言ったとしても、心は言葉とは裏腹です。赦さないなら、愛することはできないのです。
 イエス様は、「互いに愛し合いなさい」と言われました。これがまさに新しい掟であり、イエス様が求めた掟です。このことをイエス様は、最後の時に、弟子たちに伝えられました。そして、イエス様は苦しみの道を歩まれ、十字架にかけられて、殺されていきました。しかし、その死で終わったのではありません。死からよみがえって新しい命をまず弟子たちに示されました。
 私は思うのですが、イエス様が、最後に弟子たちに新しい掟を命じられたことが、弟子、特にヨハネにとって忘れがたいものとなっていたのではないでしょうか。ですから、ヨハネは、この福音書だけでなく、後に書いた手紙にも書いているのです。(ヨハネ 一、4:7-12参照) 
 その中の10節では「わたしたちが神を愛したのではなく、神がわたしたちを愛して、わたしたちの罪を償ういけにえとして、御子をお遣わしになりました。ここに愛があります。 愛する者たち、神がこのようにわたしたちを愛されたのですから、わたしたちも互いに愛し合うべきです。」とあります。
 ヨハネ福音書では「互いに愛し合うならば、それによってあながたが、わたしの弟子であることを、皆が知るようになると。」つまり、神様を証詞することができるということです。小さな歩みでも「互いに愛し合いましょう。」そのことで神様を証詞していきましょう。
[PR]
by higacoch | 2013-04-27 16:39 | ヨハネ福音書

2013年4月14日

『キリストに似る人たち』 創世記33:10、使徒言行録3:1~10
                             濵崎 孝 牧師

 
 聖書は、「神は、ご自分にかたどって人間をつくり、神に似せてつくり……」(創世記1章27節abバルバロ訳)と語りかけています。しかし、私どもは神=キリスト・イエスさまに似ている人間でしょうか。ナザレのイエスから、「蛇よ、蝮の子らよ」と批判された人たちのように、私どもは酷いイメージの存在に変化して来た人間ではないのでしょうか。私どもは悔い改めを新たにし、慈しみ深い神に似せて造られた人間としての恵みを回復する、そういう祈りの路づくりに取り組みたいと想います。
 使徒言行録3章1節以下に登場した使徒ペトロとヨハネは、人々の目に、「無学な普通の人」という印象を与えて来た人間です。ところが、太陽の光や雨を受けて植物が成長するように、キリストの温かい光や聖霊の恵みの雨を受けたペトロ先生たちは、目を見張るような人格的変化をとげ、キリストに似る人たちになっています。
 使徒ペトロの「わたしたちを見なさい」という語りかけは、「変だ」と気づきましたか?あの生まれながら足の不自由な男は、「ペトロとヨハネが境内に入ろうとするのを見て、施しを乞うた」のです。すでに見ている相手に、「見なさい」と語りかけた……。それは、いわば手術のメスのような、人を的外れ(罪!)の悲惨から救うための鋭い言葉だったのです。そういう愛の言葉を、ペトロ先生はキリスト・イエスさまから与えられたのでした(ルカによる福音書22章54節以下参照。61節の「主は振り向いてペトロを見つめられた」というそのキリストの眼差しが語りかけた言葉を想いめぐらしてみましょう。その眼差しを見た使徒ペトロは、やがて「激しく泣いた」というのです……)。ですから、それは、「ナザレの人イエス・キリストの名によって立ち上がり、歩きなさい」という祝福の言葉になったのでした。そして、そんなふうにキリストに似る人になったペトロ先生たちの奉仕をとおして、「人に施しを乞う」ばかりの人間が「神を賛美して」生きる人間に変わることが出来たのです。
 マルコによる福音書2章1節以下は、キリスト・イエスさまをとおして出来事になった奇跡を伝えています。ところが、使徒言行録3章1節以下が伝えた美しい出来事はそれに良く似ています。どうしてそういうことが起きたのでしょう……。それは、使徒たちの人生がその信仰生活によって、キリスト・イエスさまと日々に親しく向き合っていたからです。(聖書の読者よ悟れ!)歯を食いしばっての闘いからではなく、教会生活を着実に進めていく祈りの路づくりから、私どもはキリストに似る人たちに変えられて行くのです。それは、かけがえのない出来事です。キリストに似る人たちの奉仕をとおして、キリストの愛に出会う人たちが出て来るのです。そして、その人たちもまたキリストに似る人たちになるのです。使徒パウロは、次のように教えています。「神は前もって知っておられた者たちを、御子(キリスト)の姿に似たものにしようとあらかじめ定められました」(ローマの信徒への手紙8章29節)。――東小金井教会の礼拝に集まった皆さん、皆さんをキリストに似る人たちにしたいというのが慈しみ深い神さまのご意志です。どうぞ共々に、あの美しい循環が実現する出来事を見ていきましょう。
 星野富弘兄が、自作のどくだみの絵に添えた詩は次のようなものでした。「おまえを大切に/摘んでゆく人がいた/臭いといわれ/きらわれ者のおまえだったけれど/道の隅で/歩く人の足許を見上げ/ひっそりと生きていた/いつかおまえを必要とする人が/現われるのを待っていたかのように/おまえの花/白い十字架に似ていた」。……臭いと言われ、嫌われ者のどくだみが、消炎剤や利尿剤として役立てられたり、その十字架形の花が茶室に飾られたりしているのです。そして、次から次へと人の悪口を言う醜い心を抱え、死にたいと思っていたという星野富弘さんが、その信仰生活からキリストに似る人になり、多くの隣人愛が実現して来たのです。どうか、東小金井教会の皆さんの教会生活からも、そういう美しい出来事が豊かに実現して行きますように。「愛する者たち、わたしたちは、今既に神の子ですが、自分がどのようになるかは、まだ示されてはいません。しかし、御子が現れるとき、御子に似た者となるということを知っています。なぜなら、そのとき御子をありのままに見るからです」(ヨハネの手紙 一3章2節)。ヤーウェ・イルエ(主は備えてくださる)。
[PR]
by higacoch | 2013-04-17 15:53 | 使徒言行録

2013年4月7日

「命を受けるために」  詩編145:1-13、ヨハネ福音書20:24-31 
                             
 私たちは先主日、主イエス様の復活を喜び、イースター礼拝を捧げました。イエス様が十字架で死なれて、その三日後、死から復活し、弟子たちの所にやってきて、「あなたがたに平和があるように」と語りかけられました。手の釘跡とわき腹の傷跡をお見せになり、復活の体をお示しになられました。姿がなく声だけで語り掛けられたのではありません。弟子たちは同胞のユダヤ人を恐れてカギをかけて部屋に潜んでいました。恐怖心に駆られていた弟子たちの所に来られたのです。カギをかけていたということは心の部屋にもカギをかけていたということ、誰も受け入れられないということです。そんな弟子たちにイエス様の方から近づき、ご自身の体をお示しになられ声を掛けられました。この時、弟子たち皆がいたわけではありませんでした。トマスだけは出かけていてイエス様に出会えませんでした。その後に、ペトロたちからイエス様がここに来られ復活の体を見せて下さったと聞いてもトマスは信じることができませんでした。トマスは「どうしてもイエス様の手の釘の跡、わき腹の傷口に、自分の指を差し入れてみなければ、信じない」と頑固に言い張りました。その1週間後にもイエス様は現れて声をかけて下さいました。特にトマスに向かって「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい。また手を伸ばして、わたしのわき腹の傷口に指を入れてみなさい。」と言われました。この後、トマスはどうしたでしょうか。指をイエス様の手の釘の跡に、またわき腹の槍の傷口に、指を入れて確かめたでしょうか。そうしていません。それどころか、彼は心から告白しました。この方こそ、神の子、キリストだと信じたに違いありません。だから「わたしの主、わたしの神よ」とイエス様を呼びました。そのようなトマスにイエス様は「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる者は、幸いである。」と言われました。
 この福音書を書いたヨハネは言うのです。「イエス様は多くのしるしを為された。しかし、そのすべてがこの文書に記されてはいません。ここに書かれたことは一部です」と。これを書いた目的は、あなたがイエス様を救い主だと信じるためであり、イエス様を信じることによって命を受けるためだと言うのです。ヨハネの福音書で有名な言葉は3章16節「神はその独り子を与えになった程に、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。」です。この命がイエス様の復活によって、確かなものとなり、わたしたちに示されました。イエス様を信じることによって、わたしたちは命を受けることができるようになったのです。
 さてイースターを迎え、新しい教皇が復活祭のメッセージをしました。このメッセージにも示されるものが多くありました。彼はこう語り始めました。
 「復活祭、おめでとうございます。キリストは復活されました。この知らせを皆様に告げられることは、わたしにとって、どれほどの大きな喜びでしょうか。その知らせが、すべての家、家庭、とくに深い苦しみのあるところに、病院、刑務所に届きますように。 何よりもこの知らせがすべての人の心に届きますように。」
 ここで最初に、すべての家、家庭とあるのは、家の中にいる人、家庭で起こっている出来事を見据えておられます。「イエスは復活されました。ここにあなたの希望があります。あなたはもはや罪と悪に支配されることがありません。愛が勝利をおさめました」と語っているのです。
 そして後半では「死をいのちに造り変えた、復活したイエスに願いたいと思います。憎しみを愛に、復讐をゆるしに、戦争を平和に変えてください。まことに、キリストはわたしたちの平和です。わたしたちはキリストを通して全世界の平和を祈り願います。」 と語りつつ、祈りの言葉が続きます。「中東のイスラエルとパレスチナの人々の間の平和を祈ります。彼らが勇気をもって、進んで、長期にわたる紛争を終わらせる交渉を再開できますように。イラクの平和を祈ります。あらゆる暴力が完全に終息しますように。とくに愛するシリアと今も流血の紛争の舞台となっている、アフリカの平和を祈ります。マリの一致と安定が回復しますように。ナイジェリアでは、残念ながら攻撃がやまず、多くの罪のない人々のいのちが深刻なしかたで脅かされています。またそこでは、子どもを含む、少なからぬ人々がテロリスト集団によって誘拐されています。アジア、とくに朝鮮半島の平和を祈ります。分裂が乗り越えられ、新たな和解の精神が深まりますように。 さらに復活したイエスが自然災害の被災者に慰めをもたらし、わたしたちを被造物の責任ある保護者としてくださいますように」と。
 ヨハネが、書き記したヨハネ福音書は、イエス様の伝記を記すのが目的ではありませんでした。また読者に教養を与えるためでもありません。私たちが復活の命を受けるように書き記したのです。愛が憎しみに勝利するそのような命に生きるようにと願ったから書いたのです。憎しみ、仕返し、無視をしながら生きていくのではなく、キリストがわたしたちを愛されたように、愛して生きることができるように、その命に生きるように、導かれたいものです。小さな愛の歩みであっても、その道を歩むものでありましょう。
[PR]
by higacoch | 2013-04-13 15:25 | ヨハネ福音書