<   2011年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2011年7月31日

「生ける神」  出エジプト記6:28-7:7, ローマ9:14-18 

 ニューヨーク・リハビリセンター研究所の壁に「病者の詩」と言う詩が掲げてあります。
「大事をなそうとして力を与えてほしいと、神に求めたのに
慎み深く従順であるようにと、弱さを授かった
より偉大なことができるように、健康を求めたのに
より良きことができるようにと、病弱を与えられた
幸せになろうとして、富を求めたのに
賢明であるようにと、貧困を授かった
世の人々の賞賛を得ようとして、権力を求めたのに
神の前にひざまずくようにと、弱さを授かった
人生を享楽しようと、あらゆるものを求めたのに
あらゆることを喜べるようにと、生命を授かった
求めたものは、一つとして与えられなかったが
願いは、すべて聞きとどけられた
神の意にそわぬ者であるにかかわらず
心の中の言い表せない祈りは、すべてかなえられた
私は、あらゆる人の中でもっとも豊かに祝福されたのだ 。」

 求めたものは一つとして与えられなかったが、願いはすべて聞き届けられた、とあります。この病者は、自分自身にとっての「幸い」を願っています。健康、富、権力、享楽などです。彼にはこの幸いと考えられるものが何一つ与えられませんでした。しかし、この詩人は、祈りが聞かれなかったと言っていません。実際に求めたものは与えられなかった。けれども、願いはすべて聞きとどけられたと心からの感謝をささげています。
 これと同じようなことが、今朝の箇所の3節にはあります。神は言われます。「私はファラオの心をかたくなにする」と。かたくなというのは、素直に受け入れないということです。ファラオがかたくなな心であったので、モーセは何度もファラオの前に出かけなければなりませんでした。ですから、神様が意地悪なことをされているように思えるのです。
 モーセたちが、最初にファラオに願ったのは、「三日の道のりを荒れ野に行かせて欲しい。そこで、私たちの神に犠牲をささげさせて下さい。」でした。でもファラオは受け入れません。モーセらが願いに行くたびに、ファラオは拒否し続けました。そのたびに、エジプトに災難が起こります。ナイル河の水が血に変わったり、蛙が、ぶよが、さらにあぶが大発生したり、疫病の災い、腫れものの災い、次々の襲う災難にも関わらず、ファラオはかたくななままでした。
 そして、ついにエジプトの全地に雹がふり、人も家畜も打たれ、田畑の大麦や亜麻など木々も打たれた時、今度ばかりは、ファラオは「自分が間違っていた、正しいのは主であって、悪いのは私と私の民だ」といって、「あなた方を去らせよう」と約束するのです。そこで、モーセが、ああやっと聞かれたと思い、主に感謝して祈りをささげると、今まで降っていた雹がやみました。災難が去ったのを知ったファラオは、またすぐにかたくなな心になり、イスラエルの人々をさらせなかったのです。
 そんなモーセらに、主は言われました。「ファラオのもとに行きなさい。彼とその家臣の心をかたくなにしたのは、私自身だ。それは彼らのただ中で、私がこれらのしるしを行うためであり、わたしがエジプト人をどのようにあしらったか、どのようなしるしを行ったかを、あなたが子孫に語り伝え、私が主であることをあなたたちが知るためである。」と言われたのです。「私が主であることをあなた方が知るために」そうしたと神ははっきりと言っておられます。
 さらに災難は続きます。イナゴの大群、暗闇、そして、最後は、初子が死ぬ出来事が起きてしまいます。(この最後の出来事は次回に学びます。)
 これほどまでに、神はファラオの心をかたくなにされたのは、神の計画があったのです。軍事力を誇るエジプト軍に対して、神はそれに勝る軍事力によって、エジプトを脱出させたのではありません。そうではなく、神ご自身の力によって脱出させられました。ファラオのかたくなさは、エジプト人に、ファラオに、イスラエルの人々に、神の力が示すためだったのです。神はモーセの働きを通して、神の救いを遂行されていかれました。しかもはっきりと神の力を示しながら、なされた出来事だったのです。
 最初に、病者の詩を紹介しましたが、私たちが祈る祈りは、聞かれていないのではありません。私たちが求めていたその最も深いところで、神はその願いを聞いて、神が応えて下さっているのです。祈りは聞かれる。ただし、自分が願ったように、その願いが与えらるというより、神がよしとされる所において、聞かれるのです。
 ファラオのかたくなさも、神によって用いられていました。神がいかに力ある方なのかを現し、イスラエルの人々を奴隷状態から解放してくださったのです。神は私たちの思いを超えて働いておられます。そして、あなたの祈りもあなたにとってよいもので応えて下さいます。
[PR]
by higacoch | 2011-07-31 17:47 | 出エジプト記

2011年7月24日

「苦しみの声を聞かれた」 出エジプト記3:1-15、 使徒7:30-35

 本日は、中会のミッションサンデーとして、東日本大震災を覚えて、共に祈りますが、その中に「主よ、あなたはすでに、痛み、苦しみのある人々のところに、共におられることを、私たちは知っています」とあります。主は、痛み、苦しんでいる人を憐れんで下さいます。このことが今朝の箇所、出エジプト記3章7節にあります。「主は言われた。わたしはエジプトにいるわたしのために苦しみをつぶさに見、彼らの叫び声を聞き、その痛みを知った。それゆえに私は降っていき、彼らを救いだす」と。神は、苦しむ者を見捨てたりはされない。そうではなく、苦しむ者の叫びを聞き、助けられることを学びたいのです。
 今朝の聖書箇所の小見出しに「モーセの召命」とあります。モーセが神様の働きをするために召されたことが記されている箇所であります。
 モーセはエジプトの王女の子として成長し、エジプトの地で40年を過ごし、その年にエジプト人殺しをし、ミィデアンの地に逃れ、家庭を持ち、羊飼いとして40年過ごしました。ある日、ホレブの山まで羊を追い、柴が燃えているように見えましたが、それが一向に燃え尽きないので、近づいて見ると、神がモーセに語りかけられました。「ここに近づいてはならない、足から履物を脱ぎなさい。あなたの立っている場所は聖なる場所だから」と。さらに「わたしはあなたの父なる神である。アブラハムの神、イサクの神、ヤコブの神である」とはっきりと告げたのです。
 そして、「私は、エジプトにいるわたしの民の苦しみをつぶさに見、彼らの叫び声を聞き、その痛みを知った」と言われました。ここに私の民の苦しみを見た、聞いた、知った、とあります。「それゆえに、わたしは降って行き、エジプト人の手から彼らを救いだす」。神は、高い所から苦しむ民をみているだけではありません。降っていってとありますように、降ってきて、イスラエル人を救う働きをしようとされたのです。そのために神はモーセを召し「あなたをファラオのもとに遣わす」と言われたのです。
 彼は「はい」とは言えませんでした。戸惑ったのです。あるいは、自分はエジプトから逃げてきて、今の生活がある。いまさら、どうして、エジプトに行かなければならないのか解らない、できるなら、今の生活を続けさせて欲しい、エジプトに戻ったら、自分は殺されるかもしれない。そんな恐怖もあったでしょう。どちらにしろ、モーセとしては、エジプトには行きたくなかったのです。ですから、彼は神に応えて「わたしは何者なのでしょう。どうして、ファラオのもとにいき、しかもイスラエル人をエジプトから導きださなければならないのでしょうか。」と反論しています。かれの正直な気持ちは、私は、そのようなことができないということでした。ところが神は断わるモーセに約束されます。「わたしは必ずあなたと共にいる。これこそが、わたしがあなたを遣わすしるしなのだ」と。それを聞き、モーセは、イスラエルの人々の所に参ります、と言いはしましたが、彼の心は不安で一杯でした。そこで、神に「私がイスラエルの人々の所に行って彼らに、私は、あなたたちの先祖の神に遣わされてやってきたと言った時、彼らは私に聞くでしょう。その神の名は一体、何という名前なのかと、そう問われたのなら、どうしたらいいのでしょうか」と問いかけています。
 当時、周辺諸国では、それぞれの国で神々があがめられていました。エジプトにおいても神々の神殿があり、祭られていました。そこで、モーセは、どうしても神に聞きたかったのです。名はその本質を現すものだと信じられていましたから、聞いたのです。それに対して、神は「わたしはある。わたしはあるというものだ」と。これは、あるものをあるものとしている者だ、という意味です。つまり、すべての存在の根源となっている者、という意味です。こうして、神はモーセをイスラエル人々の救いへと送り出します。でもその後も、モーセはごねるのです。モーセが神の救いの働きへと用いられたのは、彼が固い信仰を持っていたからでも、知恵に満ちていたからでもありませんでした。人間的には弱い人であったけれども、神が、モーセを用いられました。モーセは以前に同胞の民を救おうとしたが、殺人を犯し、同胞の民から憎まれる結果となり、エジプトを離れることになった。こうした挫折があったので、神の召しにすぐに応えられませんでした。しかし、その挫折したモーセを神は召されました。この召しは、モーセを再び生かすことでもありました。
 苦しむ民の叫び、それは、祈りでもあります。神は苦しむ者叫びを聞いて下さるのです。その苦しむ声を聞かれたゆえに神は降ってきて、イスラエル人を奴隷状態から救い出されたのです。神は、人間的には弱さや挫折を抱えていたモーセを選び、召し、そして、救いの御業に用いられていきました。
 神は、苦しむ者の声を聞かれる。そして、その苦しむ者に仕えるように、私たちは遣わされているのです。大きな業も小さな業も、どちらにしても、私たちは神の働きへと遣わされているのです。私たちに力があるから、時間があるから、知恵があるからではありません。モーセがそうであったように、弱い、自信のない、挫折を抱えている私たちを生かして用いられるのです。お一人一人は神様から召されています。神様の救いの御業の中に用いられているのです。神に信頼し、私たちの召しをしっかりと受け止めて、神様を見上げて歩んでいきましょう。
[PR]
by higacoch | 2011-07-25 17:23 | 出エジプト記

2011年7月17日

「救いの計画」  出エジプト1:15-2:10 

 今朝は、神様が救いを計画し、どのように遂行しようとされ、どのような人々を用いられたのかを学びたいのです。
 創世記の最後は、ヤコブ一家が、エジプトに下って生活をすることで終わっています。その後、どのような歩みをしていったのかが出エジプト記の1章に短くまとめられています。ヤコブと共に一家をあげてエジプトに下ってきた人々は全部で70人。ヨセフもほかの兄弟たちも、その世代の人々も皆、死にましたが、イスラエルの人々は子を産み、おびただしい数となり、ますます強くなって国中にあふれていきます。その頃、エジプトの大臣を務めたヨセフを知らない新しい王が出てきてエジプトを支配しました。王は、イスラエル人があまりにも多くなり、強力になってきたので、恐怖を覚えるようになりました。そこで、これ以上増え、強力な民族となるのを防ぐために、彼らに強制労働を強い、虐待しました。今のうちにというところでしょうか。力で抑え、イスラエル民族の弱体化を図ろうとしました。当時のエジプト王ファラオは、ラメセスⅡ世だと言われています。彼はエジプトの勢力範囲を広げていき、パレスチナ、シリア南部まで支配して、また無類の建築好きで世界遺産であるアブ・シンベル神殿や他の神殿を建築しました。 
 王は、イスラエル人を恐れ、ある策を練り、密かに命じました。イスラエルの助産婦2人を呼んで「お前たちがヘブライ人の女性のお産を助ける時、生まれる子供の性別を確かめ、男の子なら殺し、女の子なら生かしておけ」と命令しました。しかし彼女たちは、王の命令に服しませんでした。彼女たちは、王を恐れるよりも、もっと大いなる方、神様を畏れて、男の子のいのちを取ることをしませんでした。王は弱い立場の助産婦を脅して、子供を殺させようとしましたが、うまくいきませんでした。王は彼女たちが自分よりも、もっと神を畏れていると気づかされました。だから、彼女たちを脅してみても幼子を殺すことができないと解ったのです。王の次の策は、密かに命じるのではなく、公けに命令を出しました。イスラエル人に対して、全国民に「生まれた男の子は、一人残らず、ナイル川に投げ捨てよ」という命令でした。事実として、多くの男の子が殺されていったでしょう。新約聖書のイエス様の誕生の時も、時の権力者ヘロデがベツレヘム周辺の町や村の2歳以下の男の子を一人残らず殺した記事があります。このような悲劇が歴史的な事実としてあるのです。
 しかし、今朝の箇所に記されているのは、一つの家庭、神に仕える祭司の若夫婦のもとに、男の子が生まれたということです。そしてその子を王の命令に背いて、三ヶ月の間隠しておきますが、幼子はどんどん成長していき、泣き声も大きくなっていったのです。そこで、もうこれ以上隠せないと思って、ナイル川に生い茂っているパピルスで籠を編み、防水のために、アスファルトを塗って水漏れしないようにし、そこに幼子を入れてナイル川に流したのです。その時も母親としての悲しみの感情など、聖書には記されていません。その籠がどうなって行ったのかは、聖書を読めば解ります。その子は命が助かり、しかもエジプトの王女の子として育てられていくのです。この男の子が、後にイスラエルの人々を解放していく預言者、モーセです。モーセは、神の不思議な御手の中でいのちが守られて、しかもエジプトの王宮で育てられるようになったのです。イスラエルを救う人物であるモーセの幼い時代に、神は、もう既に救いの備えをしておられたのです。
 ここで学びたいのは、イスラエルの人々の救いを成し遂げるモーセは、女性達によって助けられているということです。2人の助産婦、モーセの姉、ここではまだ名前が出てきませんが、ミリアムです。そして、エジプトの王女、そしてモーセの産みの母親です。こうしたことをよくよく考えてみますと、神様は、救いの計画の中で、女性たちを用いて下さっていると解ります。女性達の働きがあって救いの計画が進められています。当時は、政治的にも、軍事的にも男性中心でありました。ですから、歴史の表舞台には、男性の勇壮な軍人、教師、預言者などが登場し、歴史に記されています。そのような中で、ここでは女性達の尊い働きが記されているのです。神様が、イスラエルの人々を救うという計画の中で、一人一人を用いていかれた時、そこで選ばれたのは、人間的に力ある者、知恵ある者ではなく、ただ、神を畏れて生きていた人々でした。
 モーセもエジプトの王子として育てられ、高い地位にいる時に、同胞であるイスラエル人を奴隷から救ったのではありません。王子と言う地位を離れ、権力の座を追われ、羊飼いとなった時です。しかもエジプトから遠く離れた地の一介の羊飼いであった時、神から力を頂き、神に用いられて、神の使いとしてエジプト王の前に立ち、救いの働きを担っていったのです。
 神は、このように下から、下にいる人々を、神の御用に用いていかれました。救いの出来事の伝道も、下から為されています。パウロもコリントの教会の人にも言っています。「あなたがたが召されたときを、思い起こしてみなさい。人間的にみて、知恵ある者が多かったわけではなく、能力のある者や家柄の良い者が多かったわけでもありません。神は世の無学な者を選び、力ある者に恥をかかせるために世の無力な者を選ばれました。」(コリントⅠ 1:26~27)とあります。力が弱くても、神様から頂く力で、救いの働きを為しているのです。
 私たちもこの日本の中で、政治的にも経済的にも混沌とした社会の中で生きています。いろいろなことがめまぐるしく起こるこの時代に生きています。お一人お一人、様々な困難や苦しみもあります。本当にどうしようか、どうしようもないと思ってしまうこともあります。しかし、忘れないで頂きたいのです。神を畏れることを。もし私たちが今、この時代に神を畏れ続けるなら、そんな私たちを神様は、神様の救いの計画のために用いられるのです。
[PR]
by higacoch | 2011-07-18 17:28 | 出エジプト記

2011年7月10日

「からし種一粒の信仰」 マタイ17:14-20   唐澤 健太 牧師

 「主よ、息子を憐れんでください。てんかんでひどく苦しんでいます。・・・・・・お弟子たちのところに連れて来ましたが、治すことが出来ませんでした」(15節)。
 「3・11」以降を経験する「今」という時にこの箇所を読みながら、私は苦しんでいる人をうまく治すことが出来ない弟子の姿と自分の姿が重なるように思えて仕方がなかった。弟子たちがイエス様が不在の時、すなわち目に見ることが出来なかった時の出来事ということも妙に今の私たちと通じる経験のようにも思う。
 だからその後の主イエスの言葉が重たく響いてくる。「なんと信仰のない、よこしまな時代なのか」(17節)、「信仰が薄いからだ」(20節)。主イエスは、ここで弟子たちの癒す能力ではなく、弟子たちの信仰を問題にされている。
 「何と信仰のない、よこしまな時代なのか」。直訳すると「何と信頼のない、曲がった世代よ」。曲がった者たちよと言わないで世代とは面白い表現だ。これは聖書の弟子たちに語られた言葉であり、後の教会の「世代」に語られている言葉ということだ。つまり、イエス様を目に見ることの出来ない時代の、後の教会の人たち、マタイの教会の世代であり、東小金井教会に集う世代、わたしたちをさす言葉なのだ。
 とても厳しい言葉に感じるかもしれない。しかしこれは私たちに対するイエス様の期待の表れなのだ。イエス様は弟子たちがイエス様の力を本当に信頼してこの親子にかかわったなら、山が動く! 不可能と思うことも可能になると言われている(20節)。
 イエス様を目で見ることの出来ない世代も「ひどく苦しんでいます」という訴えに、人間の力ではどうすることも出来ないように思える事柄に向きあわされる。その時に、何を頼りにするのか。何に信頼をよせるのか。
 私たちにはどこかの社長や大リーグ選手のように100億円、10億円、1億円といった義捐金を集めることはできない。大型重機を持っているわけでもないし、行政のような組織力を持っているわけでもない。それらに比べて自分の小ささ無力さを感じる。「何もできない」という思いにとらわれてしまう。しかし、イエス様が弟子たちに言われた「信仰が薄い」姿とは、そのような「この世の力」に心を奪われてしまう姿ではないだろうか。
 キリストの弟子たちは、この世にたとえからし種のような小さな存在であっても、そこに主イエスに対する信頼、主イエスに従う信仰、つまり、神を愛し、人を愛するという信仰が一貫しているならば、山は動くのだ。それは微力かもしれないが、決して無力ではない。
 今、私たちの目の前には絶対に動かすことができない悲しみは山がそびえ立っている。私たちには動かしようもない山だ。だからこそ、私たちはただ主の愛に信頼するしかない。ただ主の愛が彼らを癒してくださることを信じて私たちがキリストの弟子として少しでもその愛を現わす働きするしかない。愛こそ山を動かす。そこにからし種の一粒の信仰の秘密があるように思えてならない。
[PR]
by higacoch | 2011-07-12 17:31 | マタイ

2011年7月3日

 「わたしのために」 
    イザヤ53:11-12、ルカ福音書22:31-34,54-62 


 私たちは自分のことは、良く知っていると思っていますが、案外、知らない部分があります。昔から自分を知ることは大切なことと考えられてきました。古代ギリシヤの有名な哲学者ソクラテスは「汝自身を知れ」と教えました。宗教改革者のカルヴァンは、「キリスト教綱要」の最初の所に神を知ることなしには、自分自身を知ることはできないと言います。これは自分自身を知るためには、どうしても神を知らなければならない、つまり自分を最も深く知るには、神様を知ることによってできると言うのです。
 聖書を読みますと、イエス様に会って、イエス様と問答して、自分をより深く知らされた人物がたくさん記されています。ペトロもそうであります。
 今朝の箇所で、ペトロはイエス様から「わたしは、あなたの信仰がなくならないように祈った。だから、あなたは立ち直ったら兄弟たちを力づけてやりなさい」と言われると、「主よ、ご一緒なら、牢に入っても、死んでもよいと覚悟しています」と言っています。ペトロは「あなたの信仰が無くならないように」という言葉を聞いて、自分の信仰は牢に入っても、死んでも無くならないと断言しています。「自分は強い。どんなことにあっても、あなたに従って行き、あなたを守ります」と言っているのです。
 私は、イエス様がペトロに言われた「あなたのために祈った」という言葉をペトロはよく聞いていない、耳には入っていても、心に届いていないと思います。それよりは、むしろ、ペトロの方こそが、「わたしがあなたのために従う」という思いがあったと思うのです。並行箇所のヨハネ福音書では、「あなたのためなら、いのちを捨てます」(13:37)とペトロが言っています。ペトロの心の奥には「あなた(イエス様)のために」と言う思いが強かったのです。ですから、イエス様が言われた「あなたのために」は、ペトロの心には響いていなかっただろうと思えます。こうしたことは、私たちにも良くあることです。主の言葉を聞いているようで聞いていないと言うことがあります。自分の方が先に立ちます。
 この後、イエス様が捕えられた時、ペトロは死んでもついていくどころか、イエス様を残して逃げ去ります。ですが、気になり、後をついて行きます。そして、大祭司の家でイエス様が審問を受けますが、ペトロは庭の中に入って、その様子を伺います。この時に、ペトロは問い詰められて、三度も「イエス様を知らない」と言って裏切るのです。彼が死んでも従うと言ったわずか5,6時間後でしょう。彼が三度知らないと言った時、イエス様が予告したように一番鳥が泣いたのです。
 このペトロは、その後、イエス様から離れていったのでしょうか。そうではありません。聖書を読むとき、ペトロはキリスト教会のもっとも重要な、教会の礎となった人であります。そのペトロがここで典型的な不信仰の罪を犯しているという事実をはっきりと見ておかなければなりません。どうしてこれほどの不信仰の罪を犯しながら、教会の中心的な柱となっていったのでしょうか。後に、ペトロは、この重大な失敗にこりて二度と罪を犯さないと誓いを立てたでしょうか。そのようなことは一切、聖書に書いてありません。その謎を解いているのは、ただひとつ、それは、イエス様の「わたしはあなたのために、信仰がなくならないように祈った」です。イエス様が祈って下さったのです。それはいつの時なのかはっきりは解りませんが、確かにイエス様が信仰がなくならないように祈ってくださっていたということです。しかしペトロは、サタンに負けて罪を犯しました。まるで、主によって祈って頂いた事が、聞かれなかったかようです。しかし、事実はイエス様とペトロとの関わりは切れていませんでした。ですから、ペトロの信仰はペトロの真実によってではなくて、ペトロの不真実にも関わらず、ペトロの上に注がれていた主イエス様の真実によっていた、ということになります。これはまさに、イエス様が「ペトロのために祈っていて下さったことによっていた」と言うことです。
 ペトロが三度目の拒否をした時、主イエス様は、振り向いてペトロを見つめられた。その時に、ペトロは主イエス様の言葉を思い出したのです。そして激しく泣きました。この振り向いてペトロを見つめられた主イエス様のまなざしを、その後の教会の多くの人々が心に留めてきました。(私たちの讃美歌21の「ああ、主のひとみ、まなざしよ」という歌、197番ですが、これは教会で良く歌われ、日本人に愛された讃美歌です。)
 ペトロがその三度の拒否をしなかったなら、彼はこれほどの深く自分の弱さ、罪を知ることが出来なかったでしょう。自分自身を知るということは、神様によって、より深く知らされますが、それは、自分の罪を知ると同時に、いかに自分が神様によって愛されているのかを知ることになります。そしてイエス様の「あなたのために」という祈りが、「わたしのために」為された祈りであり、イエス様の愛を深く知ることになるのです。「あなたのために信仰が無くならないように祈った」それは「わたしのため」であって、神様に愛され、支えられて生かされていることなのです。イエス様が、裏切るペトロのために、信仰が無くならないように祈られたように、私たちの為にも祈って下さり、生かして下さっているのです。そして、立ち直ったらなら、兄弟姉妹を力づけることができるように、送り出して下さっているのです。
[PR]
by higacoch | 2011-07-04 17:35 | ルカ