<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2011年4月24日

「悲しみは喜びへ」 イザヤ書53:1-12, ルカ福音書24:13-35

 私は、大震災の被害をテレビなどで見ながら、16年前に起こった阪神大震災を思い起こしていました。地震後45目日位に「心のケア」というボランティア活動に参加しました。丁度今頃の季節だったと思います。ある避難所の中学校に出かけ、教室を回り終えて校庭に出ましたが、そこにも青いテントで避難生活をされていた方々がおられました。私は一人の50代の男性がテントの入り口に立っておられたので、話しかけることにしました。その方の正面には、大半が黒こげでかなり壊れた体育館がありました。その壁面に外付けの時計が、なんと地震が起こった5時46分を指して止まっていました。その人のそばに行き「こんにちは。心のケアのネットワークから来た香月と申します。」と挨拶をしてから、その人と同じ方向を向きながら「あの時計、地震が起こった時ですね」と声をかけました。すると、その人は首を振って「ちがう」と言われるのです。「えっ」と思いました。それで「火事が出た時ですかね」と尋ねました。そうしたら、その時も同じように首を振って「ちがう」と言われました。二つとも違うと言われるので、どう話を切り出していったらいいのかわからずに、しばらく何も言わずに黙っていましたら、その人が一言「息子が死んだ時や」と言われました。目には涙があふれていました。私も事故で一人娘を無くしていますので、その人の悲しみが良くわかり、貰い泣きしました。 
 その人にとって5時46分は「地震が起きた」時でも「火事が出た」時でもない、「息子が死んだ」時なのです。私たちは1月17日は阪神大震災の日だと言います。そう覚えています。同様に今度の3・11は、東日本大震災の日だと記憶していきます。このように一般化した歴史の事実として覚えていくでしょう。しかし実際に悲しみに遭った人たちは、喪失した「人」、「家」などが心に刻みつけられます。それは共通したものと言うよりは、それぞれ違います。しかし、その人にとっての悲しみは悲しみ、比べようがないのです。どうすることもできない、その人にとっての悲しみです。だから、私は、悲しみは悲しんでいいと思います。周りから「悲しみに負けるな」とか、「早く忘れなさい」とか言うべきではないのではないか。私たちも人生で悲しいことに出会います。そのようなとき、悲しみを隠してみたり、なかったかのようなふりをしたり、酒、遊び、仕事等で紛らわそうとしない方がいいと思うのです。悲しい時は悲しんでいい。旧約聖書のコヘレトの言葉にも「人生には、泣く時があり」とあります。嬉しい時もあれば、悲しい時もあります。その時はその時として、そのような時を過ごしていいと思うのです。やせ我慢したり、強がったりしなくていいと思うのです。
 今朝与えられました聖書箇所に二人の弟子のことが記されています。彼らは最初、悲しみの道を歩んでいました。イエス様が亡くなってしまったことで望みを失い、失意の中にありました。しかし、その道はイエス様が共に歩んで下さったことで、だんだんといやされ、そして温まり、さらに心が燃えて、喜びへと変えられていきました。悲しみにさらに悲しみを重ねていったのではありません。悲しいことは本当に悲しいですが、その悲しみで終わらず、悲しみは喜びへと変えられていきました。イエス様の復活によって、ここに一つの出来事が起こっているのです。このことは私たちの人生においても言えることです。
 私たちの人生には必ず悲しい出来事が起こります。起こらない人はいません。悲しいことは起こる。その悲しみを悲しみつつ生きていったとしても、それは悲しみで終わらない。悲しみがさらに悲しみを増して、失意の中に沈んでいくことはないのです。悲しみは悲しみですが、その悲しみも喜びへと変えられるという希望が与えられているのです。なぜなら、イエス様は死んでしまわれたのではありません。それでおしまいとなったのではありません。死からよみがえられ、今も生きておられます。
 二人の弟子の悲しみは、すぐにはいやされませんでしたが、後になって共に歩んで下さった方がイエス様だと気づき喜びに変えられていきました。私たちの悲しみもすぐにはいやされないかもしれませんが、それは必ず癒され、そして気づかされるのです。「ああ、あの時、イエス様が一緒だった」と。そして喜びが与えられるのです。ですから私は伝えたいのです。今悲しみにある方は、ぜひイエス様を信じて頂きたい。あなたの救い主として、あなたを生かされる方として、信じて生きていって頂きたいのです。復活の出来事は、あなたの人生に悲しみがどんなに多く、またどんなに大きかったとしても、それがいやされないことはないことを顕わしています。伝道者パウロは復活の真理をこう言っています。「神を愛する者たち、つまり、御計画に従って召された者たちには、万事を益となるように共に働く」。どんな悲しいことも辛いことも無駄にはされない。それどころか、それを益として下さると。
 私は、皆さんとこのようにイエス様の復活を喜び、礼拝を持つことができてとても嬉しく思っています。それは、天使たちが女性たちに告げた「イエス様は、生きておられる」と、私も皆様へ伝え、共に喜びに生かされていきたいと願っているからです。
 今年のレントは、本当に忘れられないレントとなりました。東日本大震災で、多くの方が今も悲しんでいます。未だかつてなかったほどの大きな悲しみがあります。私も手に入れた震災の特集号を読むたびに、涙がでます。しかし、この悲しみは悲しみで終わらない、この悲しみは、喜びへと変えられていくと信じています。このことを通して、このことによって与えられるであろう喜びがあると信じています。私も一人娘を突然に亡くし、深い悲しみを味わいました。しかし、その悲しみを通して与えられたものがあります。そして今生かされています。皆様も深い悲しみを味わられた方がおられると思います。しかし「イエス様は生きておられます」あなたにもイエス様は共に歩んで下さり、喜びを与えて下さいます。
[PR]
by higacoch | 2011-04-25 16:16 | ルカ

2011年4月17日

「あなたを用いられる」 詩編95:1-7、ルカ福音書19:28-44

 今朝は、棕櫚の主日です。イエス様が、都エルサレムの城壁の中に入られた日であり、人々が棕櫚の枝々をイエス様が通る道に敷いたことによって、棕櫚の主日と言われています。この日から受難週であり、今週中に、イエス様は十字架にかけられ、殺されていきます。
 さて、イエス様は都エルサレムに入られる直前、遠くの方に都が見えた時、涙を流されました。エルサレムのために泣かれたのです。それは後に都が滅ぼされていくのを知っておられたからです。「都エルサレムが、平和への道をわきまえていたのなら」と嘆かれました。都は戦場となり、滅んでいきます。
 その前に、イエス様は都エルサレムに子ロバに乗って入城されました。それに際して、イエス様は弟子二人に細かな指示を与えて子ロバを用意するように送り出されました。もしもイエス様がこれほど細かに指示しておられなかったならば、たとえば、ただ「わたしが乗るロバを用意しなさい」とだけ言われていたのなら、彼らは決して子ロバを、しかも人をまだ一度も乗せたことのない子ロバを用意することはなかったでしょう。ここではイエス様の指示があったから子ロバを弟子たちは用意したのです。ここにおいて、イエス様は特に小さな子ロバを選び、用いられたことが解ります。
 子ロバは背丈もまだまだ低く、イエス様がその背に乗っても、イエス様の目の高さは、人々の目の高さよりも低くなります。人が馬にまたがった時は、必ず人を見下ろすことになり、上から目線なのですが、イエス様は子ロバに乗られたので下から目線だったのです。またロバは、よく馬と比較されます。馬は早く体も大きく体力がありますが、ロバは早く走れません。ロバは馬に比べて愚かな動物だと考えられたりします。英語ではアスとか、ドンキーとか言いますが、どちらも「のろま、愚かもの」との意味を持っています。ロバは馬に比べて敏捷性では劣りますが、でも忍耐強い面があります。重い荷物を負って長い距離を運ぶことができます。その「忍耐」強さは、聖書では良く評価されており、福音書、パウロの手紙などによく語られています。(ルカ8:15,ローマ5:3-4,8:25参照 )
 また馬が軍馬と言われるように、戦いの動物として考えられ、古来、戦いの王は馬に乗って凱旋して都に入城しました。しかしイエス様は子ロバに乗って城内に入ってこられました。このことはイエス様は戦いの王ではなかったことを表しています。そしてこの子ロバでの入城が旧約聖書ゼカリヤ書9章9、10節「見よ、あなたの王が来る。彼は神に従い、勝利を与えられた者、高ぶることなく、ろばに乗って来る、雌ロバの子であるろば乗って、わたしはエフライムから戦車を、エルサレムから軍馬を絶つ。戦いの弓は絶たれ、諸国の民に平和が告げられる。彼の支配は海から海へ、大河から地の果てにまで及ぶ」と預言されていました。「あなたの王が来られる。子ロバに乗って来られる。・・・諸国の民に平和を告げられる」。
 イエス様が、都に近づき、都が見えた時、イエス様は都のために涙を流されました。「お前も平和への道をわきまえていたのなら・・・」と嘆かれ、そして「今は、その平和への道が見えない」と。今も戦争が地上で起こっています。20世紀は戦争の世紀と言われましたが、21世紀に入っても、9・11以降、アフガニスタンで、イラクで、そして今もリビアなどで戦争があり、人と人が殺し合っています。イエス様が、都エルサレムに、平和の王として来られたということは、この地上に平和をもたらすために来られたということです。新たな戦争を引き起こし、力によってこの世を支配するために来られたのではありません。赦しと愛によって、神の国を建設するために、この世に来られたのです。その歩みは地上に平和を創り出していくものでした。自らが苦しみ、自らがすべての人の罪を負いつつ、十字架へと向かわれました。そして、十字架に掛けられても、人々の罪を赦して、父なる神様にとりなしの祈りをされました。
 イエス様は、子ロバは子ロバであっても、本当に小さなもの、人の目には入らないような子ロバを用いられました。日本の戦後の時代に活躍した牧師で、榎本保郎という先生がおられました。多くの著書がありますが、代表的なものは、ご自身のことを証詞した本で「ちいろば」という本です。このタイトルの「ちいろば」というのは、ちいさなロバ、子ロバです。自らをちいさなロバで言われ称して神様の御用に用いて頂いたと証詞されました。
 私は皆さんに知って頂きたいのです。イエス様は、弟子二人を送り出し、子ロバをつないであったヒモを解こうとすると、持ち主たちが「なぜ、子ロバをほどくのか」と聞いてくる、その時は、「主がお入り用なのです」と言いなさい、と指示されました。そうなのです。イエス様は子ロバが必要だったのです。イエス様の働きのために必要な子ロバでした。このことは皆さんにも通じます。イエス様は皆さんを用いられます。子ロバを用いられたように、平和の王であるイエス様は、平和のために、神の国のために、あなたを用いられるのです。このことをぜひ覚えて頂きたい。主はあなたをお入り用なのです。主のために働くあなたを必要とされ、あなたを用いられます。このことをしっかりと受け止めて頂きたい。
[PR]
by higacoch | 2011-04-18 16:21 | ルカ

2011年4月10日

「互いに愛し合いなさい」  ヨハネによる福音書13章34~35節
                            生島 陸伸 牧師
 

 聖書の中で、一番大切なものは「愛」と言われます。使徒パウロも「最も大きな賜物を受けるよう熱心に努めなさい。それは愛だ」と告げています。
 愛という言葉は耳ざわりがよくて、本当にそうだと思うのですが、聖書にあるような愛はなかなかうまく行えない。マタイ5:43~48でイエス様が愛について語っていますが、「私には出来ません」と思う。
 私たちが一般的に愛し合う対象は、家族、肉親、親友です。しかし、このような愛では、教会の中はなかなかうまくいかないのです。それは自己中心の愛だからです。教会は長い付き合いになりますので、どうしても上辺が剥がれて本音が出てくる。どうしたらイエス様が語られた言葉のようになれるだろうか。それは、私の生活にいつも犠牲を強要するものにならないだろうか。イエス様の御手本から学んでみましょう。

 ヨハネ13:34~35は最後の晩餐でのイエス様の言葉ですが、イエス様は自分の逮捕を手引きしたユダに対して、どのようになさったか、見てみましょう。
 イエス様は活動の途中から、ユダがイエス様の福音とは違うものを求めていることが分かったようです。「わたしが選んだ中の一人は悪魔だ」と警告しています(同6:70)。それでもイエス様は、ユダにこの群れの会計という大切な役目を任せています。
 最後の晩餐では、最も名誉な席とされるイエス様の左隣にユダの席があります。食事の途中、イエス様はユダを含めて弟子たちの足を洗いましたが、「皆が清いわけではない」と言われました。ユダに気づいてほしかったからです。そして、再び席に着くと、「あなたがたのうちの一人が私を裏切ろうとしている」と言われました。弟子たちは驚きますが、それでもユダは変わろうとしない。右隣にいた弟子が「主よ、それは誰ですか」とささやくと、イエス様は「わたしがパン切れを浸して与えるのがその人だ」と言ってユダに渡しました。ユダが立ち帰る最後のチャンスでしたが、ユダは自分の思いを変えなかった。
 イエス様にうながされてユダは出て行きますが、誰もユダの裏切りに気づいていない。ここから、ユダが弟子たちに気づかれずにこの群れに留まれるよう、イエス様がユダの名を一言も言わず、他の弟子同様に接しておられたことがわかります。イエス様は人となられて、このような愛が天の父の愛だと伝えたかったのだと思います。
 どうして神様は、人を神様に従うように造らなかったのか。それは、神様に似せて造られた私たちが、自由な中から天の父が喜ぶことを選ぶようにしておられるからです。
 「それは無理です。私には出来ません」と言う私に、ヨハネ13:36~38が呼びかけます。
 ここで、ペトロはイエス様に「三度わたしのことを知らないと言う」と言われて、大いに不満だったでしょう。ところが、現実はペトロの予測をはるかに超えて、自分の弱さを徹底的に知らされることになった。
 しかし、ペトロは失敗したからこそ、自分の本音が見えたからこそ、主の愛が分かった。こんな私のためにイエス様は命を捨ててまで救いに入れてくださった、と感謝が溢れた。だからペトロは、自分を捨てて終わりまで主に従うことが出来たのだと思います。それは、義務や自己犠牲ではなく、喜びの応答なのです。主にささげる感謝の献げ物なのです。
 ペトロはイエス様に尋ねました、「主よ、どこへ行かれるのですか」と。シェンキェーヴィチの書いた「クオ・ヴァデス」にあるペトロの最後の場面は、2世紀の「ペトロ行伝」という伝説をまとめた書がベースになっています。
 ローマで信徒の大虐殺が行われる中、生き残ったわずかな信徒たちに強く請われて、ローマ脱出を決意したペトロが供の若者と早朝の道を歩いていると、日の光の中をこちらに向かってくる人がいる。じっと見つめていると、その手から杖が落ち、驚きと喜びと恍惚の色が浮かんだ。「キリスト! キリスト!…」 長い沈黙の後、ペトロが「主よ、何処へ(クオ・ヴァデス・ドミネ)」と問うと、「おまえがわたしの民を捨てるなら、わたしはローマへ行ってもう一度十字架にかかろう」 ペトロは地面にひれ伏していた。やがて起き上がると、震える手で巡礼の杖を取り上げ、一言も言わずにローマのほうへ向き直った。
 「主よ、どこへ行かれるのですか」という問いかけは、事あるごとに私の心に響く言葉です。困難なことから目を背けたくなるとき「お前が見捨てるその中に、私はいる」と、「赦せない」と怒るとき「その中に贖いの私がいる」と言われる。主の贖いで赦されている私をいつも土台にして、主の恵みに感謝しながら応答する生活をしていきたいと祈るのです。出来なかったときも、その私を赦してくださる恵みに感謝する。出来たときは、あなたの恵みに応答出来ました、と感謝するのです。
[PR]
by higacoch | 2011-04-11 16:26 | ヨハネ福音書

2011年4月3日

「共に生きるため」  創世記50:15-20、ルカ福音書11:1-13
 
 東日本大震災で多くの人が亡くなりました。未だに安否不明の方が1万8千人を超えています。こうした災害で人が亡くなったりすると、自分は解ったかのようにある解釈をする人がいたりします。東京都都知事が「天罰だ」と言い、その後、多くの非難を受けて謝罪しました。このように天罰とか、罪のせいだ、という人がいたりします。この点、イエス様は、はっきりと否定されています。都エルサレムのシロアムの塔が倒れてしまいって、18人の人が亡くなりました。すると人々は言いあいました。「あの18人はエルサレムに住んでいるほかのどの人よりも罪深い者だった」と。それに対してイエス様は「決してそうではない。」と強い否定で言われています。これは「とんでもないことだ」という意味です。(ルカ福音書13:1-5参照)
 さて、私はネットによって、また新聞で、多くの人たちの応援メッセージを読むことができました。個人メッセージもあれば、団体のもありました。特に今回は、日本の大学がどんなメッセージを発信しているのかと思い、幾つかの大学のホームページを開いて読んでみました。早稲田、慶応大学、キリスト教系の青山学院、明治学院、国際キリスト教大学と、その中で慶応大学の対応に良いものを感じました。学長のメッセージですが、こうありました。「想起すべきは、福澤先生の言われた、実証的な科学という意味の「実学」、物事の軽重を冷静に判断するという意味の「公智」、そして災害などにあって困難な状況にある人を思いやる心という意味の「徳心」です。これらは東北地方太平洋沖地震で被災された方々を救援し、被災地の復興をはかるときに、なによりも大切なものであります。慶應義塾はこの三つを基本にして、被災者の救援、被災地の復興、そしてその先にある日本の経済社会全体の回復とさらなる発展に貢献していきたいと考えています。」と。困難な状況にある人々を思いやる心、このことが大事だと説き、強調してありました。他方、残念なものもあります。キリスト教の諸教派の中で、災害に遭った方々に何らかの因果応報を考えるような発言であったりします。因果応報的な理解は、聖書の中にも出てきます。それはヨブ記に出てきます。ヨブは正しい人でしたが、いろいろな災害に遭います。家族を亡くす、家を無くす、財産も無くして、彼は無一文になります。さらに自ら皮膚病で苦しむことになります。そうした時、彼を励まそうと友人たちがやってくるのですが、その友人たちが因果応報の考え方でヨブを説得しようとします。このことでヨブはさらに苦しみます。イエス様が言われたように、災害で亡くなった方々に対して罪のせいだと、解釈すべきではないのです。
 私は、こうしたことを思い巡らしていたら、神谷美恵子さんが書かれた「人間をみつめて」を思い出しました。神谷さんはハンセン病患者さんに生涯を捧げて仕えてられた女医さんです。この方が最初に、瀬戸内海の小さな島、長島にあった国立療養所「長島愛生園」に見学に行った時に詠んだ詩が有名です。「あなたよ、なぜ、私たちではなくてあなたが? あなたは代わって下さったのだ。代わって人としてあらゆるものを奪われ、地獄の責苦を悩みぬいてくださったのだ」と。後、神谷さんは、この療養所に戻ってきて医療活動をされていきますが、若い時のらいの人との出会いが神谷さんの医者としての原体験となって人生に大きな影響を与えているのです。(現在、「らい」は差別用で使用不可です。)
 今回の大震災でも神谷さんのように、問いかけている人もいらっしゃるだろうと思います。「あの方は亡くなって私は生きている。どうしてあの人たちで、私たちではないのか」「どうして妻が死んで、私が生きているのだろう。子どもが死んで私が助かったのだろう。親が死んで、夫が死んで、どうして私が助かったのだろう。死なないで生きているのだろう。助けられて、生かされているのだろう」と。こうしたことを考えますと、生の問題を深く考えさせられます。どうして生きているのか。どうして今、生かされているのだろうか、と。
 こんなことを思い巡らしながら、今朝の箇所を読む時、イエス様が教えられた祈りは、まさに私たちがどのように生きていくべきかを示し、教えておられると思いました。
 イエス様が教えて下さった祈りの特徴は、「わたしたち」であります。「わたし」ではありません。「わたしたち」の所を、みな「わたし」に変えて読んでみると、「わたし」中心主義、自己中心主義となっていきます。「わたし」のために、神様、聞いて下さい。神様、「わたし」のためにこうして下さいと。祈りが、「わたし」のためだけになるのです。こうなると人間関係で、「わたし」と「わたし」とが、ぶつかり合いを起こしてしまいます。もしそう祈るなら、イエス様が教えて下さった祈りからどんどん離れていきます。これはファリサイ派の人たちの祈りでした。(ルカ福音書18:9-12参照)
 イエス様が教えられた祈りは、決して自分だけの「わたし」のためではなく、共に生きる「わたしたち」のためとなっています。わたしたちとは、「わたし」と「わたし」とをつないでいるものであり、つながりを持っているということで、「共に」生きていこうとするものです。イエス様が弟子たちに教えて下さった祈りは、わたしだけが生きるための祈りではなく、共に生きるためのわたしたちの祈りなのです。
[PR]
by higacoch | 2011-04-04 16:31 | ルカ