<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2010年3月28日

「とりなしの祈りをせよ」  エレミヤ書29:4-7,Ⅰテモテ2:1-7 
 
 本日はしゅろの主日、イエス様が子ろばに乗って都エルサレムに入城された日であります。イエス様の十字架への道を今朝与えられましたテモテへの手紙と重ねて考えてみたいと思います。今朝の個所には、三度も「すべての人」とあります。これはイエス様が十字架へと向かわれたことは、すべての人のためであったと言うことです。「すべての人」とは、その当時の都エルサレムの住民すべてではなく、その時代の地上の人々のすべてでもなく、その時代を越えて私たちの時代も、さらに将来も含めての人々であり、全歴史をも含み、地上のすべての人々を含むすべてなのです。ですからこれに漏れる人はいません。すべての人が対象です。こうしたことを私たちが考えてみますと、ここにいらっしゃるあなたのためにでもあるのです。信仰者であれ、求道者であれ、今日初めて礼拝に来られた人であっても、あなたのためでもあるのです。そしてあなたのご家族一人一人のためでもあるのです。
 パウロが力強く言っていることには幾つかの背景があります。まずユダヤ教では、律法を守る義人という限られた者の救いが語られ、またグノーシス主義者たちは、神秘的な知識を知る者だけの救いを語りました。しかしパウロはキリスト・イエスはすべての人の贖いとしてご自身を献げられたと言い、神はすべての人々が救われて真理を知るようになることを望んでおられると言い切っています。また当時ローマ皇帝は人々に皇帝崇拝を命じていました。そのような状況の下でパウロは王(皇帝)やすべての高官のために(祈りを)ささげなさいとも言っています。王(皇帝)を崇拝せよとか憎めとかというのではなく、執り成しの祈りをせよと勧めているのです。それはそうした者たちのためにもキリスト・イエスは死んでくださったのだからという根拠があったからでしょう。
 パウロの確信が与えられた者、つまり教会は、救われていない人々のために、執り成しの祈りをするという務めを神によって与えられているのです。すべての人を包む神の救いの出来事をあらゆる人々に伝えること、これが神から与えられた務めであるとパウロは確信していましたし、その確信があったからこそ、テモテにもそれを伝える使命が与えられていると言いたかったのです。テモテに言いたかったことは私たちに言われていることでもあります。私たちも神から執り成しの祈りをするように、特別な使命が与えられているのです。このことを受け止めて、日本の為政者や他の国々の為政者や、また救われていない隣人のために執り成しの祈りをして行く者でありたいものです。
[PR]
by higacoch | 2010-03-31 19:35 | テモテ

2010年3月21日

「何をしているのか」 列王記上12:25-33、ヨハネ福音書4:19-24

 今朝与えられた旧約聖書に示されている王様、北イスラエルのヤロブアム王の時代は、ユダヤの国が南北に分かれた時代でした。偉大なるソロモン王の死後、国は二つに分裂し、対立するようになりました。そんな時代に、ヤロブアム王は自分が何をしているのかよく解っていませんでした。王は自己の安泰のために、金の子牛の偶像を造り、「これがあなたがたをエジプトから救い出した神だ」と説き、2箇所に神殿を建ててその偶像を安置し、人々を偶像礼拝へと導いていきました。こうした事は、後々まで影響し、南北の対立の溝が埋まることはなく、イエス様の時代には犬猿の仲になっていて、それがユダヤとサマリヤの敵対関係となっていました。
 私たちの国日本も以前、天皇を神として崇めさせ、天皇が日本を守ってくれる神様だと信じるように人々に強いていきました。人々に天皇が住む方向に向かってお辞儀をさせたり、天皇讃歌の「君が代」を歌うようにと命令したりしました。学校でも「ご真影」と呼ばれる天皇の写真が飾られ、日本の紀元節、また明治、昭和天皇の誕生日には生徒全員に「ご真影」に深々と頭を下げさせました。そして式典では、明治天皇の道徳の教えである「教育勅語」が校長先生によって詠み上げられ、その間、子ども達は頭を下げて身動き一つできず、聞かなければなりませんでした。このようにして天皇崇拝させていきました。国は人々の心を奪い、人々を支配していき、国民は国のためにと、戦争へと駆り立てられていきました。そしてアジア諸国を侵略し、多くの罪を犯しました。国が何を求め、何をしようとしているのか、人々に間違ったことを強制し、神の御心から逸れていこうとしている時、私たちは神の御心に沿うような歩みへと決断し、行動しなければならないのです。こうしたことは、国家と教会、政教分離の問題をどう考えるのかと議論がなされます。そうした時、教会は神に仕えることにのみに励んでいれば良いのだ、世の中のことに関わらなくていいと言う意見がでたりします。世俗的なことには関わらない方がいいと言って、社会に関わろうとしない面があったりします。
 主イエス様が、私たちに「御心が天で行われるように、地でも行われますように」と祈るように教えられたことは、祈るだけで良いと言われたのではありません。そうではなく、主の御心に沿う歩みを求め、そのために生きていくべきであります。それがどんな小さな歩みであっても、私たちは光の子として生かされているのです。そのためにも神の御心を知ることができるように、礼拝を献げ、御言葉を聞き続けなければなりません。私たち各人は、礼拝を通して御言葉の糧を頂き、神の証し人として遣わされているのですから。
[PR]
by higacoch | 2010-03-27 18:22 | 列王記

2010年3月14日

「見えないものにまなざしを注いで」 Ⅱコリント4:16~18    
                            丹羽義正牧師(成瀬教会 牧師)

 絵は、背景が変わることによって前景がまるで違ったものに見えてくる。このことは私たちの人生にも共通する。私たちが日々経験する出来事を絵の前景に例えると、背景となるのはその人の人生観とか信仰である。その背景によっては、日々経験する様々な出来事も全く違うものに見えてくる。例えばパウロは日々経験する出来事を「一時の軽い艱難」(17節)と言う。パウロは苦労を知らない人だったのではない。「私たちは四方から苦しめられても行き詰らず、途方に暮れても失望せず、虐げられても見捨てられず、打ち倒されても滅ぼされない」(8節)とあるように、艱難と二人三脚の人生を歩んで来た人なのである。パウロにそう言わせる背景とは何であるのか。パウロはそれを18節で語っている。「わたしたちは見えるものではなく、見えないものに目を注ぎます。見えるものは過ぎ去りますが、見えないものは永遠に存続するからです」。見えないもの、永遠に存続するものがパウロの背景、それは神の愛である。神の愛は永遠、その愛が私たちに注がれている。そのことがパウロの人生の背景になっている。つらいこと、苦しいことが一杯ある。それでもなお神の愛がここに注がれているという背景をもって見るとき、それらの苦しみは一時の軽い艱難でしかないと言うことができる。これが神を信じる者に与えられている恵みである。神の愛は、生まれたままの人間の目では見ることができない。だからパウロは言う。「見えないものに目を注ぎます」と。見えないのにどうやって見るのだということになるが、この「目を注ぎます」と訳されている言葉は、原文ではスコーぺオーという言葉。英語のスコープという言葉の語源になったものだ。テレスコープ(望遠鏡)、マイクロスコープ(顕微鏡)のように、この言葉は、遠くある物を近くに引き寄せたり、小さなものを幾倍にも大きくして、肉眼では見えていなかったものを見えるようにするという意味合いを持つ。何かの助けを借りて初めて見えるようになることを言うのだ。神の愛を見るための助けとは、イエス・キリストである。私たちが信仰をもってイエス・キリストを見始めるとき、私たちにどんなに大きな神の愛が注がれているかが見えるようになる。クリスマスの夜、イエス・キリストは弱さを抱えた私たちとし同じ人間、壊れやすい土の器となってくださった。そして、あの十字架の上では私たちに代わって罪のあがないとなり、神に見捨てられて死んでくださった。そのことをじっと見つめるとき、私たちも「これは一時の艱難でしかない」と言わせていただけるようになる。
[PR]
by higacoch | 2010-03-20 17:33 | コリント

2010年3月7日

「どう生きようとしているのか」  詩編23:1-6、ヨハネ18:28-38a

 先日「多摩いのちの電話」の機関紙を読んでショックを覚えました。高塚雄介氏の「なぜ減らぬ自殺―その背景を考える」という記事の中に、大学の授業で学生の一人から「自殺は自己決定権の一つなのではないのですか」と質問されたと記されていました。「自殺は自己決定権、権利の一つなのか」私は考えさせられました。もともとこの権利は、生命倫理学の方面から医療の進歩によるスパゲティ症候群が問題となって延命治療の是非が問われ、尊厳死が主張された時の権利の一つで、自分の死について自己決定の権利があるというものです。それが終末期との関連ではなく、人の生き方としての権利であるように言われることに、大きな問題を感じたのです。この記事を読んですぐに思い起こしたのは『自死という生き方』という本です。著者は大学で哲学を教えていた須原一秀氏、自死に能動的、積極的な生き方(死)もあると主張し、覚悟して逝った人です。自らの死の日を決め、親友にも話し、自死の研究論文を著し、自死を哲学的な事業と呼んでいます。
 さて、今朝の箇所はイエス様がローマ帝国の総督ピラトの審問を受けた箇所です。ここでは国家権力に対してイエス様が毅然とした態度で、立ち向かっておられることが記されており、ここから信仰者が政治的な圧力に抗して、信仰をもって生きることの大切さが教えられます。ですが、今朝はあえて人が生きる上での根本的な姿勢をここから考えたいのです。イエス様はピラトに「わたしの国は、この世に属していない」と言われました。そして「わたしは真理について証しをするために生まれ、そのためにこの世にきた」と言われたことから、人の生き方について、特に自死の問題を考えたいのです。自死―自分の死―自分、この生き方は自分の国に生きているのであって、イエス様が言われた「私の国―神の国」に生きていません。これはピラトの生き方です。そして、自死を自己決定して実行していった須原氏も同様であります。
 イエス様は、この世に来られ、「神の国は近づいた」と宣教し、神の国に生きる歩みを私たちに示して下さいました。そして私たちの罪のために、自ら十字架への道を歩んで下さり、十字架の上で死んで下さいました。こうして主イエス様は神の国に生きる道を私たちに示し、与えて下さいました。私たちは罪を赦され、愛され、生かされています。伝道者パウロが言うように「生も死もあなたがたのもの、あなたがたはキリストのもの」と、「あなたがたの体は、神から頂いた聖霊が宿って下さる神殿です。あなたがたはもはや自分自身のものではないのです。あなたがたは代価を払って買い取られたのです。だから、自分の体で神の栄光を現しなさい」と招かれているのです。ですから、小さな歩みであっても神の栄光を現す歩みをしましょう。それが私たちの人生の真の目的なのですから。
[PR]
by higacoch | 2010-03-13 18:04 | ヨハネ福音書