<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2010年1月24日

「他者のための教会」  箴言4:14-19、マタイ福音書5:13-16

 塩は私たちの生活上、なくてはならないもの。調味料、防腐剤、肥料、そして消毒として用いられます。調味料としては毎日、使われます。ユダヤの国においても身近なものでした。そんな塩をもってイエス様は語られました。「あなたがたは、地の塩である」と。ここで「地の塩となりなさい」とか、「地の塩とならなければならない」と命じられたのではありません。そうではなく、「地の塩である」と言われているのです。ここの「地」とは、この世界、人の世と考えていいでしょう。ですから、あなたがたはこの世界にはなくてはならない塩なのだと宣言されています。またイエス様は、「あなたがたは世の光である」とも言われました。これもあなたがたは良い行いをして光を輝かせ、「世の光となりなさい」ではありません。すでにもう世の光なのです。
 イエス様は、生活の身近にあるものに譬えながら教えられました。塩の働きや光の働きがあなたがたにはあるということ。塩の働きは内なる働きであり、もし料理に塩をたっぷり入れたのなら、その料理は台無しになります。塩は隠し味のようなもので、素材を引き立てる働きをし、料理を美味しくしてくれます。こうしたことを人への奉仕で考えてみますと、隣人が引き立つように、その人が喜び、生きる希望をもつことができるように、その人に仕えることだと思うのです。他方、光はどうでしょうか。光は隠れていては、その光は無駄になります。光は表で用いられるもので、周りを照らします。灯は燭台に、周りを照らすように置かなければなりません。こうして考えてみますと、光の働きは周りを明るくする働きであり、このことは神様を証しすることであります。それはイエス様の救いの福音を証しして生きることなのです。
 イエス様は、「あなたがたは、地の塩である」「あなたがたは、世の光である」と言われました。ここでは「あなたは」と言われていません。誰かに向かった言われた言葉ではありません。「あなたがた」であります。それは弟子たちに向かって言われた言葉であり、イエス様を信じる者たち、つまり教会に対して言われた言葉であります。ですから、教会は地の塩、世の光である。そうした働きが教会に与えられ、求められているということです。それは塩の働きがそうであるように、教会は、教会員の方々以外の人たちに仕えていくように召されているのです。光が周りを照らすように、イエス様の救いを知らせるように求められているのです。教会は自分たちのために存在しているのではありません。神様に愛された者として、地の塩、世の光として、今、存在しているのです。
[PR]
by higacoch | 2010-01-31 22:00 | マタイ

2010年1月31日

『天国の計算「私の証」』  エレミヤ書33:2~3、マタイ 20:1~16  
                                    米川幸雄長老


 皆様おはようございます。 本日は私の証からお話をすることに致します。
私がイエス様と出会ったのは、高等専門学校2年の夏に部活の先輩から誘われた松原湖ENGLISH BIBLE CAMPでした。 特にザアカイの話でイエスという人の圧倒的な愛に感動し、「今日、私はあなたの家で食事を共にする。」と何かが私の心の奥に語り掛けられました。
 1年ほど経ったころ、教会のキャンプが有りましたが、このキャンプではそれほど恵まれる事もなかったと思いながら帰りの電車に乗っていた時の事、信仰の先輩が、イザヤ42:3から、「教会生活をしているけれども、派手な活動をしている訳でも、燃える様な情熱を持って信仰生活をしている訳でもないけれども、神様は見捨てないで受け入れて下さる。」と語って下さいました。 この言葉を聞いた時、私の心に神様が語ってくれた経験をし、神様に人生を委ねました。
 結婚をし、長男が小学生入学頃、子供の教会学校が遠距離であった事、伝道地域が生活区域ではない事により、教会生活と実際生活の場所が違う事への違和感がありました。今まで私達を支えてくれた教会に対する思いと地元の教会に対する思いとの間で心が揺れていましたが、「マケドニアで叫ぶ者の声がする。」との聖書のくだりが私達夫婦の心に与えられ、当時教会での奉仕も別の方が奉仕する様に道がつくられました。私達の歩みは自分だけで決めて進む時、失敗が有りますが、神様に頼って生活していると、実現に至る道が与えられるものだという事を知りました。
 当時東小金井教会の牧師をしていた萩生田先生についてですが、私は献身の瞬間を見届けたこともあり、親しみがありましたが、礼拝に私達が出席する様になってから、先生が私達に言っていた事は、今でも覚えております。「人間に繋がらないで、神様に繋がって教会を移るかどうか決めて下さい。」人と人との関係は大切ですが、主の導きに従って歩いて行くことの大切さを改めて問われたものでした。 その後、私達はこの教会の方々に有るキリストの香りを受け入れこの教会員になりました。 
 「ぶどう園の労働者」から話します。 青年期に信仰を持った方、半場を越えて信仰を持った方、どちらにも同様の報酬である天国を神様は用意しています。 尚、ぶどう園の労働は神様と歩いている生活ですから、朝から働いていた労働者の方がどんなに幸せな事か! 人生を振り返る時、神様の前に自慢できる生活をしたかより、どんなに失敗をしてきたか。 それでも神様はずっと導いてくれた事を考えると、神様の恵みの方がずっと多かったことか! 私の誇るべき事は小さいけれど、神様の導きに従って歩いた時、神様が計画した人生へと導いて下さっていた事を心から感謝しております。
[PR]
by higacoch | 2010-01-31 17:19 | マタイ

2010年1月10日

「ゆるしを求めて祈り合う」  詩編78:35-3、マタイ福音書18:15-20
 
 正月に五木寛之氏の「歎異抄の謎」を読みました。五木氏による歎異抄の現代訳が載っていて「親鸞は、本当は何を言いたかったのか」を読み解いているものです。この本を読んで、次の言葉「わたしたちは、すべて悪人なのだ」に目が止まりました。これは聖書の言葉「すべての人は、罪人だ」と重なります。こうした言葉が語られるのは、歎異抄の中でも有名な箇所、第三章「善人なほもって往生をとぐ。いはんや悪人をや」の所です。私も久しぶりに「歎異抄」を読んで思ったのですが、阿弥陀は、あくまであちら側に留まったままだということです。しかしイエス様は、罪人を救うために、こちら側、人間の側に来られたことを改めて深く感じました。そのイエス様は十字架の上でこう祈られました。「父なる神様、彼らをおゆるしください。彼らは何をしているのか、自分で解らないからです」と。「彼らの罪を赦してください」と祈られていることにほかなりません。つまり、罪人の罪を赦してくださいと祈られています。すべての人は罪人ですから、すべての人の罪のために死なれたということなのです。ですから、こうも言えます。あなたのためにも死なれた、あなたの罪のためにイエス様は十字架で死なれましたと。
 今朝の箇所に「兄弟があなたに対して罪を犯したなら、行って二人だけで忠告しなさい」とあります。「忠告」であって相手を裁きなさいと言われているのではありません。勿論「仕返ししなさい」でもありません。罪を犯した相手が、その忠告を聞き入れたら、兄弟を得たことになる、と言われています。つまり兄弟を得るために忠告をするのであって、自分の気がすむようにするとか、絶交を言い渡すためでは決してありません。もし二人だけで解決できない時には、ほかに一人か二人を一緒に連れて行って忠告するように勧めています。これもあくまで、罪を犯した兄弟を得るためであります。それでも聞き入れない時、教会に申し出なさいとあります。教会の忠告も、その兄弟を得るために為さなければなりません。
 イエス様は言われました。「あなたがたが地上でつなぐことは、天上でもつながれ、あなたがたが地上で解くことは天上でも解かれる」と。つまり罪を犯した兄弟姉妹を赦していくように求められています。ただ赦すのではなく、その罪を指摘し、忠告し、そして悔い改めるように、共に祈り合っていくことです。兄弟を得るためです。
私たちは罪人です。洗礼を受ける前がそうであって、洗礼後はそうでないというのではありません。洗礼後も罪を犯してしまいます。そんな私たちを憐れみ、イエス様が神の愛をもって私たちの罪を赦して下さったのです。イエス様は、私たちを裁くために、この世に来られたのではなく、救うために来られました。それは、わたしたちを生かすためでした。罪によって死んでいた私たちを憐れんで、わたしたちを救うためだったのです。私たちは罪赦されたものとして、兄弟の罪を赦すように祈り求めていくことが求められています。
[PR]
by higacoch | 2010-01-16 14:25 | マタイ

2010年1月3日

「礼拝と交わりの生活」 イザヤ55:6-7、使徒2:22-42

 私たちは今年の教会標語に「礼拝と交わり」を掲げ、その主題聖句として使徒言行録(2:42)「彼らは、使徒の教え、相互の交わり、パンを裂くこと、祈ることに熱心であった」を上げました。この御言葉の中で心に響いてきたのは「彼らが、熱心であった」ことです。では、彼らは何に熱心であったか、それは4つありました。
 まず「使徒の教え」です。これは弟子たちが自分の考えを教えたのではありません。イエス様から教えられた事を教えました。イエス様から命じられていたからです。イエス様が天に昇られる時、「あなたがたに命じておいたことをすべて守るように教えなさい」と。ですから弟子たちは熱心に教えました。
 次に「相互の交わり」です。これはイエス様が十字架に掛かる前夜、弟子たちの足を洗い、「わたしがあなたがたの足を洗ったのだから、あなたがたも互いに足を洗い合わなければならない」と言われ、新しい掟として「互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい」と命じておられます。弟子たちが互いに言い争ったのは、誰が一番偉いのかでした。人は他人より偉いと思いこんでいることが多いのです。そのことをイエス様は知っておられ、互いに仕え合うこと命じられました。それで彼らは互いの交わりに熱心でした。
 第3に彼らは「パンを裂くこと」をしていました。これはイエス様が命じられた聖餐です。聖餐のたびにイエス様の十字架の犠牲を思い起こして、イエス様が私を愛して下さったことを感謝し、今も生きて働かれているキリストの霊との交わりを頂くのです。パンを裂くことで、彼らは熱心に、イエス様の十字架の赦しの愛を思い起こして、感謝しました。
 最後は「祈ること」に熱心でした。イエス様は弟子たちに「主の祈り」を教えられました。しかしイエス様の生前には、弟子たちは祈りに熱心ではありませんでした。イエス様が十字架に掛けられる時、弟子たちは身を隠していました。彼らが祈りに熱心になったのは、聖霊が注がれる約束を聞いた後です。婦人達とイエス様の兄弟達と心を合わせて、熱心に祈っていたと1章14節にあります。彼らは一つになって集まって、祈っていたと思えるのです。そのような時、彼らに聖霊が注がれました。そして、聖霊によって力を与えられたペトロが説教し、多くの人々がその日に、彼らの仲間に加わりました。
 教会の内側において大事なことを為しながら、外に向けて、救いを宣べ伝えていきたい。主イエス様は、すべての人のために死んで下さいました。そのために、イエス様の愛を知らない方々にも知らせたいのです。イエス様は、そうした方々のためにも死んで復活されて今も生きておられるからです。今年、私たちは「礼拝と交わり」を大切にしながら、主の福音宣教に励んでいきたい。共に主の証し人として歩んでいきましょう。
[PR]
by higacoch | 2010-01-09 19:08 | 使徒言行録