<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2009年12月27日

「待ちつつ、望みつつ」 イザヤ65:17-19、Ⅱペトロ3:8-13

 今日は今年最後の主日です。1年という区切りでは、終わりを迎えますが、私たちの信仰生活においては、終わりを迎えるものではありません。私たちにとっての終わりは、主イエス様の再臨の日であり、それは終わりと同時に完成の日であります。その日を待望して生きていくのです。再臨の前に地上の生が終わり、天に召される方もおられるでしょう。
 私は、望みをもって生きるということで教えられた本の一冊に「夜と霧」という本があります。著者はV・フランクルで、ナチス・ヒットラーの時代の強制収容所アウシュヴィッツでの体験記ですが、そこで見た光景が記されています。フランクルはユダヤ人でしたので、捕らえられ収容所に送られますが、精神医学者でもありましたので、自分の周りに起こる多くの死をしっかりと見つめ、そこで起こった人間の生死の境を詳しく分析してこう書きつづっています。「人は未来(希望)を失うと内的に崩壊し、身心ともに生きる意味を喪失し転落(死)した」と。
 今朝の聖書箇所を読むと、人々はイエス様の再臨を期待し、その日が遅いと考えて不満を募らせ、その信仰が揺らいでいました。そんな人々にペトロは、主が約束を忘れたとか、怠けておられるのではなく、「主は一人も滅びないで、皆が悔い改めるようにと、あなたがたのために忍耐しておられるからだ」と語り、「神の日の来るのを待ち望み、またそれが来るのを早めるようにすべきです」と言っています。このことは、私たちが再臨の日を早めることができるということではありません。ここで言われていることは、一人も滅びないように、あなたがたが、救われる人のために祈り、神が願われているように励みなさいと言っているのです。
 現代でも聖書を持ち出して、終わりの日は何時何時来ると預言する新興宗教があります。終わりの日に期待を持たせ、信者に伝道を急がせ、強制したりしています。人間の側で終わりの日を設けて、偽りの希望を与えています。それは幻想です。
 私たちにとって大事なことは、新しい天と新しい地とを、神が、備えてくださることを待ち望みつつ、歩み続けることです。私たちは主を見上げて、主が祈り求めるように教えて下さった「御国が来ますように。御心が行われますように。」と祈り求め、一人でも救い主イエス様を信じて生きる者が起こされるようにと祈り求めることです。
 マルチン・ルターは言いました。「たとえ世界が明日終わるとしても、今日、私はリンゴの木を植える」と。それは、主にあって今日の務めをしっかりとなしていくということです。たとえ明日、世界が終わろうとも、明日に自分の命が絶たれようとも、希望を抱いて、神の国の完成である終わりの日を待ちつつ、生きていきましょう。
[PR]
by higacoch | 2009-12-31 00:59 | ペトロ

2009年12月20日

「悲しむ世界に喜びを」   エレミヤ書31:15-17、 ルカ福音書2:1-20

 今朝与えられたルカ福音書で、天使は羊飼いたちにイエス様の誕生を告げています。当時の羊飼いのことを考えてみますと、彼らは悲しみの中に生きていた人々でした。人々から嫌われ、かつ神から見捨てられた者、罪人と呼ばれて蔑まれていました。ですから羊飼い達は孤独で、自分たちは神からも見捨てられていると感じていたでしょう。人々から排除され、悲しい現実の社会の片隅で、日々、生きていました。そんな彼らに天使は近づき、大きな光で彼らを照らし、彼らに「恐れるな。私は、民全体に与えられる大きな喜びを告げる。今日、ダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである。あなたがたは、布にくるまって飼い葉桶の中に寝ている乳飲み子を見つけるであろう。これがあなたがたへのしるしである」と告げました。人々から嫌われ、しかも神からも見捨てられていると軽蔑されていた彼らに、天使は「民全体に与えられる大きな喜び」を告げる」と伝えました。最初に伝えられたことから考えますと、こう言えます。「民全体に与えられる大きな喜びを、まず何よりもはじめに、あなたがたに伝える」と。他の誰かではない。人々に嫌われ、また神から見捨てられていると言われているあなたがたに伝える。あなたがたは、決して神に見捨てられてはいない、神はあなたがたを見捨てるどころか、あなたがたを愛しており、大切に思っている、だからこそ、イエス様の誕生をまずあなたがたに知らせるのだと。
 彼らはその後どうしたでしょう。彼らは天使が伝えてくれた出来事を見ようではないかと、ベツレヘムに出掛けました。そして与えられたしるしを頼りに、家畜小屋を探しました。もしもどこかの民家で、あるいは宿屋でお生まれになっていたのなら、彼らは家の主人、また宿屋の主人に追い返されたでしょう。「汚い奴、入って来るな」と。でもイエス様の誕生の場所は、彼らにとってなじみの場所でした。その場所でイエス様がお生まれになったのです。こうしてその場所は喜びの場とされました。羊飼い達はイエス様に出会うことができ、喜びに満ちあふれました。そして、人々に喜びを伝える者となりました。
 この羊飼いの出来事は私たちにも通じます。私たちもイエス様のことを知らされた者であります。イエス様はすべての人に与えられた大きな喜びです。イエス様は決して遠い方ではなく、私たちに近づき、そして命を賭けて愛して下さり、私たちを救って下さった方なのです。そのことを知らされている私たちも、羊飼いが喜びに満ちてイエス様の誕生を知らせたように、喜びをもってイエス様を伝える者となりましょう。イエス様のことを知らない人々が、まだ多くおられます。私たちが出会う隣人のためにも、イエス様は死んで下さったのですから。
[PR]
by higacoch | 2009-12-26 21:16 | ルカ

2009年12月13日

「キリストにつながる枝」  ヨシュア記24:14-15、ヨハネ福音書15:1-17

 アドベント第3主日を迎えました。アドベントクランツの3本目の光は、喜びの光と言われます。イエス様の誕生は私たちの喜びであり、イエス様はわたしたちに生きることの喜びを与えて下さいました。
 今朝の箇所で、イエス様は言われています。11節にこうあります。「これらのことを話したのは、わたしの喜びがあなたがたの内にあり、あなたがたの喜びが満たされるためである」と。イエス様は、どんなことをこれまで話して来られたのでしょうか。ここで話された話はイエス様の遺言だとも言われています。それはこの翌日にはイエス様は十字架で殺されるからであります。この場面が弟子たちと一緒に過ごす最後のチャンスでした。ですからイエス様は大事な教えを伝えられました。「わたしに繋がっていなさい。わたしもあなたがたに繋がっている。ぶどうの枝が、木につながっていなければ、自分では実を結ぶことができないように、あなたがたもわたしに繋がっていなければ実を結ぶことはできない。わたしはぶどうの木、あなたがたは、その枝である。人がわたしに繋がっていれば、その人は豊かに実を結ぶ」と語られました。イエス様に繋がることーこれはイエス様の言葉を聞き続けることであり、イエス様を信じて生きることです。イエス様がこう教えられたことには訳があります。それは弟子たちがイエス様から離れざるをえなくなるからでした。実際、弟子たちは離れていきました。ユダはイエス様を裏切り、他の弟子たちもイエス様が捕まった時、イエス様を一人残して逃げ去ったのです。そして自分たちも捕らえられるかもしれないという恐怖心から、部屋に鍵を掛けて隠れました。このように、彼らはイエス様から離れた状態になったのです。ですが、離れたままになったのではありません。一時的には離れましたが、またイエス様の弟子として働きました。繋がっている時はあまり考えなかったことが、離れてしまっている間に心の中に響いてきたでしょう。
 イエス様に繋がる、イエス様の言葉を聞いて生活する、このことが喜びをもって生きることにおいて大事なことです。そしてその繋がりの元となっているのは、「あなたがたが、わたしを選んだのではありません。わたしがあなたがたを選んだのです」というイエス様の言葉です。繋がりの根拠は「あなたがたがわたしを選んで、わたしに繋がろうとして、わたしのもとに来たのではない。その元となっているのは、あなたがたの心、あなたがたの決心ではない。 わたしの心なのだ。 わたしがあなたがたを選んだのだ。 それはあなたがたがわたしと繋がって、わたしの言葉(養分)をもらい、成長し、実を結び、その実が残るようにしているのだ」と。あなたがたを愛し、生かし、用い、実がみのるようにと言われているのです。イエス様に繋がって生きていきましょう。ここに喜びの源があるのですから。
[PR]
by higacoch | 2009-12-19 21:17 | ヨハネ福音書

2009年12月6日

「うめきをもって執り成しをして下さる方」  エレミヤ12:10-13、ローマ8:18-30 

 今朝の箇所で「うめき」と言う言葉が目に止まりました。この言葉は新約聖書には4回、そのうち3回がここに出てきます。「うめき」とは、「う」が感嘆詞であり、苦しい時の「うーうー」と言葉にならない時の言葉です。最初のうめきは、被造物のものであり、現代的には環境破壊によるうめきです。第2のうめきは信仰者のうめきです。これは私たちの姿です。私たちも日々の生活の中で、苦しみを味わい悩みを抱えて呻いています。しかし、うめきながらも忍耐して待ち望んでいます。これはイエス様が約束された再臨待望です。イエス様が再びこの世に臨まれる日がくるという希望をもって生きることです。今苦しみの中にあってもうめくようなことがあっても、神様を見上げて生きることであります。
 パウロは言うのです。「霊も弱いわたしたちを助けて下さいます。わたしたちはどう祈るべきなのか知りません。が、霊自らが、ことばに表せないうめきをもって執り成してくださる、人の心を見抜く方は、霊の思いが何であるのかを知っておられます」と。霊は弱い信仰者を助けて下さる、そのために聖霊自らがうめきをもって執り成して下さっていると。だから「神を愛する者たち、ご計画に従って召された者たちには、万事が益となるように共に働くということを知っています」と言い切っています。神様は、幸いなことだけを益とされるのではありません。万事が益となる、それは不幸と思われたことや、どうすることもできないと思われたことさえも、益として下さるということです。それは希望への道であります。パウロは「現在の苦しみは、将来わたしたちに現されるはずの栄光に比べると、取るに足りない」といっています。パウロ自身も苦しみを抱えていることが解ります。苦しみが私にはないと言ってはいません。私には苦しみがある。現在も苦しみがある。が、現在の苦しみは、将来わたしたちに現されるはずの栄光に比べると、取るにたりないと。
 私は9年前、鬱状態になり、不眠でイライラし家族に当たっていました。今は再び、講壇に立っていますが、過去の病気を無駄なことだったと思っていません。病気を体験し、自分の弱さ、もろさ、またその限界を知らされました。また体験したことで、その苦しみや病気の人たちのことが以前よりも理解できるようになったことは、自分にとって益となったと信じています。こうして、心の病気にかかった私を、神様は支え、祈り導いてくださっていたということ、その時は、気づけませんでした。しかし、今は言えるのです。弱い私を助け支えて下さった方は、私のためにも呻って執り成しの祈りをして下さっていたと。そして、こうも言えます。今後、体調を崩して病を抱えたとしても、神はうめきをもって執り成しをして下さり、万事を益としてくださる、と。
 聖霊自らがうめきをもって私たちを執り成し、助けて下さる方であることを信じて、御子イエス様による完成の時、再臨の時を待望して今の持ち場で希望をもって歩んでいきましょう。
[PR]
by higacoch | 2009-12-12 21:19 | ローマ