<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

2009年11月29日

「信じる者は待つのです」 フィリピ3:12-4:1  荒瀬牧彦牧師(めぐみ教会)

 以前、朝山正治先生が「信仰っていうのはその大部分が『待つ』だ」といわれていて、最近になってようやくその意味がわかってきた気がする。我々はキリストによって救いを得ている。神の国は確かに我々のうちに始まっている。しかしまだ救われていない。我々は「御国を来らせたまえ」と日々祈る者であり、神の約束を信じて、みこころが全地になる完成の時を待ち望みつつ生きている者なのである。
待つことをやめさせようとする力は強い。「あなたは一体何を待ってるのか。そんな信仰、トクなことはないよ。目に見える結果がすぐ出る、もっと良いものが他にあるのでは」というささやきが聞えてくる。現世利益を保証する宗教というのは、ある意味、「うちはお待たせしませんよ!おトクですよ」というセールスに成功しているビジネスであって、それは待ち望み続けることを愚かな行為とみるのである。
 あなたは待っているか?待ち望むべきものを待ち望んでいるか。それとも、ただ時の中を流されているか・・・これは重要な問いである。同じように時間を過ごしているようでいて、何も待っていない者と待っている者は根本的に異なる。「彼らは・・・この世のことしか考えていません。しかし、わたしたちの本国は天にあります。そこから主イエス・キリストが救い主として来られるのを待っています」。
「待つ」という行為は、ぼんやりと手をこまねいているということとは違う。パウロの姿に注目しよう。「兄弟たち、わたし自身は既に捕らえたとは思っていません。なすべきことはただ一つ、後ろのものを忘れ、前のものに全身を向けつつ、神がキリスト・イエスによって上へ召して、お与えになる賞を得るために、目標を目指してひたすら走ることです」。
 パウロのこの前傾姿勢から、我々は過去によってすべてを決定されてしまうものでなく、前から、未来から今をつくられるものだ、ということを覚えたい。我々はキリストによって捕らえられているがゆえに、キリストを捕らえようと前へ体を伸ばす。前にあるものが我々を形成する。もちろん、複雑な問題、悲しい事態には長くて重い歴史があって、その集積としての今があるということは否定できない。けれども、キリストにつながれ、キリストの命を受けているものは、過去によって身動きできないほどに支配されるのではないのだ。過去はキリストの十字架がおってくださったのだ。過去はもちろん重い。しかしなお我々はキリストゆえに新しく生きることを許されている。キリストに結ばれた者には確かに、未来からつくられるという次元があるのだ。
 「キリストは明日おいでになる」(『讃美歌21』244)は、過去と未来が交錯するような不思議な歌だ。しかしこの歌は、十字架と再臨の間を生きる我々の使命をよく表現しているように思う。「み子キリストは、いつの世にも/みどり子としておいでになる。/その約束を果たすために、/わたしたちをも用いられる。」
[PR]
by higacoch | 2009-11-30 22:06 | フィリピ

2009年11月22日

「罪の赦しのために」  イザヤ書49:24-25, マタイ福音書12:22-32
 
 イエス様の所に、悪霊に取りつかれて目が見えず、口の利けない人が連れて来られました。イエス様はその人を憐れみ、癒されました。この出来事に立ち会った人々は皆、驚きました。しかし、そこにいたファリサイ派の人たちは人々の驚きを冷笑するかのように、「あの男は悪霊の頭領であるベルゼブルの力によって、悪霊を追い出しているにすぎない」と教えたのです。このことにイエス様は怒りを感じられ、ファリサイ派の人々にも、また周りにいた人々にも、はっきりと断言されました。「私は神の霊で追い出している」、そうであるなら、「神の国はあなたたちの所にも来ているのだ」と。「私は、決して悪霊で追い出しているのではない、神の霊で追い出している」と断言されました。今ここで起こっているのは、悪霊の仕業などではない。神の霊による出来事なのだと。
 だから、さらに語意を強めて「人が犯す罪や冒涜は、どんなものでも赦される、だが、霊に対する冒涜は赦されない」これは、神の霊に対する冒涜は、赦されないということです。さらに、「人の子に言い逆らう者は、赦される。しかし、聖霊に言い逆らう者は、この世でも後の世でも赦されることがない」ときつい言葉で、言われました。
 イエス様は言いたいのです。神の霊による業を悪霊の業だと解釈し、神の霊の業を認めない、そんなことはないと言い張る者は、私に対して逆らったのではなく、神に逆らうことであり、聖霊がなさる業に対して、それは悪霊の業だと言い張り続ける者は、赦されることはないと言われるのです。
 私たちの周りにもこれに似た固い信念をもって生きている人がいたりします。科学的に証明されなければ決して信じない、理性に叶った事でないと信じないという人がいたりします。実に現実的で、人間的であります。神の国があなたたちのところに来ているのに、それを認めない。聖霊が働いているのに、神の霊を認めない。神の霊の働きを認めない人は、神の業を認めることはできません。認めることができないから、別の解釈をくっつけて理解しようとするのです。
 イエス様は、すべての人のために十字架に掛かり、自らの命を捧げて、私たちの罪を赦して下さいました。その罪の赦しを伝え教える聖霊の業を一度や二度否定し、あるいは何度も逆らったとしても、最終的に受け入れるのなら、赦されるのですが、最後まで頑固に逆らい続ける時、その人に赦しは届きません。自らが拒否しているからです。
 罪の赦しのために、この世に来られ、一人でも救われて神の国に生きるように、現代も、聖霊が働きかけているのです。ですから、赦しへと導き、招いている聖霊の業を、求道者の方々が、受け入れて、イエス・キリストを救い主として信じて、歩んで頂きたいと切に祈り求めます。
[PR]
by higacoch | 2009-11-29 16:45 | マタイ

2009年11月15日

「互いに仕え合うため」   イザヤ書56:6-8, Ⅰコリント12:1-11
 
 今朝の箇所でパウロは言っています。「兄弟たち、霊的な賜物については、次のことをぜひ、知っておいて欲しい、賜物にはいろいろあります。ある人には知恵の言葉、ある人には知識の言葉、またある人には病気を癒す力、・・・」と。いろいろな聖霊の賜物が述べられていますが、それらは同じ霊によって与えられたと言っています。賜物のギリシア語は、カリスマと言う言葉であります。この言葉は現代でも、よくあの人はカリスマ性があるとか、カリスマ的な人だとか言ったりして、その人の指導力が取り上げられます。辞書には「予言や奇跡を行う超能力、大衆を心酔させ、従わせる能力、資質の意味」とあり、人物ではナポレオン、ヒットラーなどとありました。このように現代では人をリードする能力に秀でている霊力をもっている人のように受け止められています。こうした誤解からか、教会でも問題が生じたりしているのです。キリスト教ラジオ放送番組(FEBC)で「今日を問う」という番組があり、「キリスト教会のカルト化を考える」という問題が取り上げられていました。カリスマ的牧師、霊的指導者、それがいつしかカルト的な指導者になり、信者はその牧師に服従するように、育てていると言うのです。こうしたカルト的な牧師が性的なスキャンダルを起こし、新聞、雑誌に取り上げられたりしました。こうしたカリスマ指導者、それは新興宗教の指導者などに多いのです。
 パウロがいうカリスマ、賜物は、人をリードし、支配し、服従させるための力ではありません。聖霊の賜物は、それぞれ色々ありますが、それは7節にありますように、全体の益になるためなのです。一人の人物によって、統率されるためではありません。一人一人に、霊の働きが現れ、全体の益となるためなのです。決して、ある一人の人物のためではないのです。全体の益のため、それは、教会の全体の益のため、言い換えれば、教会というのは、一人一人によって成り立つキリストの体でありますから、一人一人の成長のために益となるものであり、そうしてキリストの体の成長が与えられるのです。その成長とは単なる数の増加でも、教会の勢力の増強でもありません。
 神様の霊である聖霊の賜物は、私たちが生まれる時に才能として与えられているタラントンとは違います。タラントンとは、その人が生まれながらに神様から与えられたものをいい、カリスマは聖霊の賜物であり、私たちがキリストの体の中で、どのような務めで働くのか、そうした務めとの深い関係の中で与えられる神様の恵みなのです。こうしたカリスマは、タラントンとの関わりの中で与えられるものもあるでしょうが、それだけではありません。神様がその人を用いようと、その人に与え、その人を生かされるのです。そうした時、その人だけの成長ではなく、隣人との関わりの中で、互いに仕え合う中で豊かに生かされて、全体の益となっていくのです。
[PR]
by higacoch | 2009-11-21 14:59 | コリント

2009年11月8日

「信じるようになるため」 歴代誌下20:20-21, ヨハネ福音書 14:25-31

 今朝はイエス様によって語られている聖霊の働きを学びたい。イエス様は「わたしがあなたがたといた時に、これらのことを話した」と言われました。これは私はあなたがたといなくなる時がくると言うことが暗示されています。そうした時が来たならば、「弁護者、すなわち、父が私の名によってお遣わしになる聖霊が、あなたがたにすべてのことを教え、私が話したことをことごとく思い起こさせてくださる」とおっしゃっています。ここには、「私の名によってお遣わしなる聖霊」とあります。イエス・キリストの名によって遣わされる、それが聖霊なのです。イエス様の名前以外に遣わされることがないのです。偽の名による霊の働きを説く異端が、今もはびこっています。
 聖霊がすべてのことを教え、イエス様が話したことをことごとく思い起こさせ、解るようにして下さるのは、私たちの人間的な知識や知恵による理解ではなく、神の知恵による理解なのです。それは、どんなに聖書を読んで聖書知識を得て、人間の努力や精進をしたとしても得られないものなのです。イエス様も少し後の16章に「真理の霊が来ると、あなたがたを導いて真理をことごとく悟らせてくださる」と教えておられます。ここには示されているように救いの出来事の真理は、人間的な知恵では理解できないのです。ですが、そんな弟子たち、また私たちに理解できるようにしてくださる。できない者ができるようになる、それは聖霊によるのです。
 イエス様は言われます。「事が起こったときに、あなたがたが信じるようにと、今、その事が起こる前に話しておく」と。事とはイエス様の十字架の出来事であり、復活の出来事なのです。この事が起こる前に、どうしても弟子たちに言っておきたいことだったのです。どんなに多くの神の国の教えを語ったとしても、それだけでは不十分。どうしてもこれだけは話しておかなければとの思いがあったからこそ、ここでも、16章でも聖霊のことについて語られているのです。
 イエス様のことを知らせる確かな神の働きかけがある。それが弁護者である聖霊です。イエス・キリストの名を知らせる、それはイエス・キリストによって示された出来事、救いの出来事を理解できるように教えて下さいます。理解できた時に、何かが起こる。イエス・キリストを信じることができるのです。ここに初めて、人はイエス・キリストの救いの出来事を理解し、イエス・キリストを救い主として信じることができるのです。この罪人の私のために、イエス様が死んで下さったと。
 こうした聖霊の働きは、弟子たちの時代、2千年前の頃の出来事だけではありません。今も働いて下さっているのです。ですから各々の国々で信仰者が起こされて、教会が建てられています。ぜひ聖霊の促しを受け止めて、一人でもイエス・キリストを信じて、信仰の道へと歩んで頂きたい。歩みには喜びがあり、感謝があり、平安、平和があります。
[PR]
by higacoch | 2009-11-14 22:51 | ヨハネ福音書

2009年11月1日

「神にあっての多様な生き方」 アモス5:4-6, Ⅰコリント 7:1-16,25-35
 
 私の好きな絵本に「みんなのかお」というものがあります。「かお」といっても人間の顔ではありません。動物のかおです。ラクダ、ライオン、象など24種類の動物たちの顔を写真に撮り、21匹の顔写真がただ並べてあるだけのものです。見ていて同じ動物でもこんなにちがうんだなあと思わされます。私たち人間も本当に一人一人顔が違っています。外形の顔だけでなく、内側である与えられた才能等も違います。神様が人を違うように創造し、命を与えておられます。(「タラントンの譬え」マタイ福音書25章参照)こうした違いは、その人の生き方にも反映しています。
 今朝与えられましたコリントの信徒への手紙は、伝道者パウロがコリントの教会に宛てた手紙であります。当時、コリントではグループ争いが起こっていました。そうしたもめ事の一つに人の生き方の論争がありました。人は結婚すべきか、独身を通すべきかと。パウロは独身でしたが、ペトロは妻帯者。こうした類の論争があり、信徒の一人がパウロに手紙を書いたのです。ですから、今朝の箇所にパウロは「そちらから書いてよこしたことについて言えば・・・」と前置きして書いています。パウロは男女の関係、結婚の意義、夫婦間の規範と相互関係。一時的な別居生活等の勧告をしています。特に教会内に性の乱れがあったので、このした関連で述べています。(5章1節以降参照)
 パウロ自身の考えとして「皆がわたしのように独りでいて欲しい」とは言ってはいますが、そうでなければいけないと言ってはいません。続けて「人はそれぞれ神から賜物を頂いているのですから、人によって生き方が違います」と言っています。信仰者のライフスタイルは、一つにくくることはできません。パウロは実に具体的に、いろいろなケースで助言を与えていますが、彼がこうしたことを書いている背景には、ある緊張した状況があって書いていることが解ります。終末的な、時が迫る緊張感をもってなのです。そして、わたしがこういうのはあなたがたのためを思ってのことで、決してあなたがたを束縛するためではなく、品位のある生活をしてもらうためであり、ひたすら主に仕えて生きていってほしいからだと言うのです。
 パウロは、信仰者を束縛するために語っているわけではありません。あくまで主に仕えて欲しい。地上のことに心奪われていく時、主を忘れてしまうから。できるだけ主に仕えていって欲しいからと。夫が妻に、妻が夫に仕えるのが、主よりも先にならないように、また主に仕えることが疎かにならないようにと警告を交えながら、パウロは人の生き方に於いても律法の戒めにように束縛しようとしたのではなく、イエス・キリストの福音によって解放された生き方を示したのです。人はぞれぞれが、神様から与えられた賜物を頂いているのだから、人によって生き方が違うのです。そのように、信仰の道には、多様な生き方があるのです。キリストによって救われた者として、多様な生き方の中にも主に仕えて歩んでいきましょう。
[PR]
by higacoch | 2009-11-07 19:47 | コリント