<   2009年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2009年9月27日

「私たちの国籍は天にあり」   ヨブ記1:21, フィリピの信徒へ手紙3:20-21

 本日は召天者記念礼拝です。今年私たちの教会では二人の方を天に送りました。今朝は過ぐる日に天に召された方々を覚え、その方の命を与え、その生を導き、天に召してくださった神をほめたたえます。
 今朝のヨブ記に「主は与え、主は奪う」とあります。主とは神様のこと、何を与え、取られたかと言いますと、勿論命であります。ここで解ることは私たちの誕生と死とは、神様によっているということです。生と死は神様の関わりの中での出来事であるのです。
 また「主が与え、主が取られる」(口語訳)というのです。そしてその前に「わたしは裸で母の胎を出た。裸でそこに帰ろう」とも。裸とは、何もなく、体のままで生まれ、体のままで帰る、これが命の誕生の始まりであり、死ぬ際の様です。私たちはいろいろなものを持って生まれたわけではなく、いろいろなものをもって死んでいくのでもありません。裸で生まれ、裸で帰るのです。特に今朝は「裸で、そこに帰ろう」という「そこに」とは、どこなのかに注目したいのです。「そこ」とは私たちには解りえない暗闇なのでしょうか、そうではありません。その答えは今朝の新約聖書の言葉であり、今朝の説教題でもあります。それは天であり、神の許とも言い換えても良いでしょう。ですから「そこに帰る」とは、神の許に帰るということです。新約聖書にはこうあります。「わたしたちの本国は天にあります」と。ぜひ、今日来られた方々が、このことを覚えて帰って頂きたい。「私たちの国籍は、天にあり。」先に天に召された方々を私たちは覚え、偲びます。地上で共に歩んだ生活があり、その想い出があります。しかし私は、先に天に召された方々について、「天に行かれた」と言っていません、自分でそこにいくのではありません。それは先程からお話ししていますように、死という出来事は神様による出来事でありますから、神様によって天に召されるのです。
 私は先週、日本でホスピスケアを最初に始められた柏木哲夫氏の「良き生と良き死」という本を読みました。柏木氏はホスピス病院の医師で、これまでに約2500名の方々を看取り、その死に立ち会われました。多くの患者さんの死に接して、本当に「良き死」を迎えるためには、「良き生」を生きる必要があるというのです。「良き生」は「良き死」につながるもの、「良き生」とはやはり私たちは「神様によって生かされている」ということを徹底的に意識して生きる、その一言に尽きるのではないかと思いますとまとめられています。このことを考えますと、神が命を与え、命を取られることを受け止めることができるのなら、本当に幸いだと言えるのです。
 私たちは、神によって命が与えられ、生かされていることをしっかりと覚えていきましょう。神様を信じ、イエス・キリストの愛を受け止めて、信仰の道を歩んでいきましょう。ぜひ、皆さんもその歩みをして、今生かされている命を生きていって頂きたい。先に天に召された方々は、帰るべき所、私たちの国籍である天に帰られ、今は神様によって平安を頂き、憩われていることを信じます。
[PR]
by higacoch | 2009-09-28 15:04 | フィリピ

2009年9月20日

「すべての人の平和」    詩編85:9-14, エフェソ2:14-22

 今朝の詩編は、「正義は神様から与えられ、そして平和を神様が宣言される」と歌います。こうした詩編が指し示しているのは、今朝の新約聖書のエフェソの信徒への手紙に記されている個所ですが、そこには「キリストは私たちの平和」とあります。そうです。キリストは私たちに平和をもたらした方なのです。二つのものを一つにして下さいました。二つのものとはわたしたち人間と神様です。私たちが悪いことをし、神様から離れて自分勝手に生き、一向に神様を畏れない歩みをしていたのです。ですから、両者は一つには決してなり得ませんでした。どんなに神様が預言者を通して神様の御旨を伝えても人間は神様の元にやって来ませんでした。つまり人間は神様の前に罪を犯し続けたのです。
 罪を犯し続けるということは、神様と一つになれないだけではなく、人間同志も一つになれません。私とあなた、あなたと私、双方が自分勝手な生き方をすれば、衝突するのは目に見えて明らかです。そこには平和がありません。いさかいがあるだけです。互いが互いを傷付けあうだけです。そこには相手に対する憎しみが生じ、共に生きていけなくなります。
 人間と神様もそうでした。ただ人間が罪を犯し続けたので、神様と人間とは分裂していました。一つになれなかったのです。ですが、イエス・キリストはその分裂、分断の壁を壊して下さいました。それはイエス・キリストの十字架を通して壊して下さったのです。十字架を通してとは、人間を赦すために自らが犠牲となって代わりに罰を負って下さったのであります。この出来事が神様と人間達との壁を壊し、一つになっていきました。これはあくまで、人間側が神様に近づいたと言うのではなく、その逆で、神様が人間の罪を赦し、近づいて下さった事なのです。
 争いから一致を、そう祈る時、そこには赦しがなければなりません。私たちの人間社会でも、双方がお互いの罪を言い争う時、そこにはいざかいが絶えません。そこには赦しがありません。ですから、共に生きてゆくことができません。
 キリストはすべての人の平和であります。すべての人を愛されたのです。それは皆がキリストの愛によって生かされて生きるためです。キリストにあっては外国人も難民もありません。キリストにあるならば神の家族なのです。キリストによって自分の罪が赦されたことを知らされた者たちはキリストによって互いが組み合わされ、共に成長するのです。互いが憎み合うのではなく、互いがゆるしあい、仕え合い、愛し合うのです。パウロの時代においても、またこの現代においても、さらに将来においても、キリストはわたしたちの平和なのです。なぜなら、キリストはすべての人のために死なれたのですから。
[PR]
by higacoch | 2009-09-26 13:56 | エフェソ

2009年9月13日

「その人がその人として」  詩編133:1-3、Ⅰコリント9:19-23

 今朝の箇所で、パウロがユダヤ人に対してユダヤ人のように、律法を持たない人には律法を持たない人のように、弱い人には弱い人のように、すべての人に対してすべての人のようになりました、相手のようになったと言っています。それはその人と友達になるためではありません。また営業マンのように仕事の契約を取るためでもありません。パウロは言うのです。何とかしてその人を救うためですと。福音のためならどんなことでもします。それはその人と共にキリストの福音の恵みに預かるためなのだと。
 宗教改革者マルチン・ルターはこの箇所を取り上げ、「キリスト者の自由」を語りました。いわゆる生まれながらの人間の自由ではなく、キリスト者の自由です。キリストが自由と愛からすべての人に仕えて死んで下さったことを知る者は、キリストが自由から仕えたように、キリスト者はすべての奴隷となるように導かれていると。そしてルターは「キリストがわたしのためになりたもうたように、わたしもまたわたしの隣人のために、一人のキリストとなろう。そして、隣人にとって必要な有益な、また祝福とおもわれることをのみ努めよう。わたしがわたしの信仰により、すべてのものをキリストにおいて十分に持っているからには、そうしようと。・・・・見よ。かようにして信仰から神への愛と喜びとが、溢れ出で、また愛から価無しに隣人に奉仕する自由な、自発的な、喜びに満ちた生活が発出するのだ」と言っています。
 キリストは、その人がこの世で何かの業績をあげたから、何かの価値あることをしたから、価値があると考えられたのではありません。その人の行為をもって価値の判断をされたのではなく、その人のその人としての存在価値を認めて、その人を愛されたのです。人が自分の人生に失望し、さらに自分の存在価値さえも見失い、失望してしまう時にも、キリストは決してその人を見捨てたりされない。なぜなら、その人のためにもキリストは死んでくださっているから。わたしたちは、キリストを知らずに、早急に自分を裁き、自分を無価値と決めつけてしまう人たちに、伝えなければならないのです。イエス・キリストの救いの恵みを伝えなければならないのです。福音に生かされたキリスト者として、キリストの福音を伝える者としての働きを成さねばなりません。あなたの存在そのものは、価値あるのですからと。キリストに仕えて、隣人に仕え、キリストの福音を伝えていきましょう。  
 その人がその人のままでキリストに愛され、その人が福音によって生かされていくように導かれているのですから、まだキリストの愛を知らない方々に知らせて行くことができるように、そして福音によって、その人と共に私たちも生きて行くことができますように。主と隣人に仕えて歩んでいきましょう。
[PR]
by higacoch | 2009-09-19 16:47 | コリント

2009年9月6日

「自分の心の中を見つめて」  ミカ書 6:6-8、ルカ福音書 11:37-54

 イエス様は二つのグループの偽善を糾弾しておられます。一つは律法を中心として生きていたファリサイ派の人たち、そしてもう一つは律法を解釈し、人に教えた律法学者たちです。マタイ福音書ではこの二つは同一のように書かれている個所もありますが、ここルカ福音書では、はっきりと二つにわけて書かれてあります。
 最初に責められたのはファリサイ派の人たち、彼らは律法主義者で律法の教えるところに従って生活していました。そんな彼らに対してイエス様は、外側はきれいにするが、内側は強欲と悪意に満ちていると糾弾されました。こうしたイエス様の非難を聞いていた律法学者はイエス様に近づいてきつく言い返しました。「先生、そんなことをおっしゃれば、私たちを侮辱することになります」と。それに対し、イエス様は律法学者の偽善をも取り上げ、彼らの罪を糾弾しました。彼らは殺された預言者の墓を建てて、預言者を敬っているかのようにしているが、あなたがたが殺したのだとイエス様は非難されました。さらに、イエス様は続けて言われました。あなたがた律法の専門家たちは不幸だ。自分が天国に入らないばかりか、入ろうとする人々をも妨げてきたからだ、と。イエス様がこれだけのことを言って、ファリサイ派の人や律法学者を糾弾されたのは、彼らを憎んでのことではなく、悔い改めを求めてのことでした。ですが、彼らはイエス様に激しい敵意を抱き、最後はイエス様を無き者にしたのです。
 それは彼らが、見えるところで生きていたからです。見えるところにおいて、幸せを求めていたからです。表面的な所で生き、うわべの幸せを求めて生きていました。真実の幸いは、外も内も神様に差し出して、生きることです。そこにこそ、神様にあって生きる幸いがあるのです。しかしそうしようとする時、私たちの内側の罪が浮き彫りにされていきます。私たちには罪があります。そんな私たちを、イエス様は丸ごと、外も内も知った上で私たちを愛して下さいました。そして、私たちの罪を赦して、私たちが救い主イエス様を信じて生きるために、ご自分が十字架に掛って代わりに罪を負って下さったのです。イエス様は、私たちを懲らしめるために来られたのではなく、私たちの罪を赦して、私たちを生かすために、この世に来られたのです。
[PR]
by higacoch | 2009-09-12 15:13 | ルカ