<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2009年7月26日

「与えられたものを生かす」   詩編 16:7-11, マタイ 25:14-30

 今朝の箇所は、天国のたとえ話であります。主人は僕たちを呼んで、自分の財産を預けました。僕たちのことをよく知って、それぞれの力に応じてです。いい加減に預けたのではありません。この僕には5タラントン、この僕には2タラントン、それからこの僕には1タラントン(現代のお金に換算すると約6千万円)を預けました。それから旅に出掛け、かなりの日が経ってから戻ってきて、僕たちを呼んで清算致しました。
 5タラントンを預けられた者は主人の前に出て他に5タラントンを差し出して言いました。「ご主人様、5タラントンをお預けになりましたが、ご覧下さい。ほかに5タラントン儲けました」と。2タラントンの者も主人の前に出て言っていますが、5タラントンの僕と全く同じ言葉であります。これに対して、主人の応えも全く同じです。主人はどちらにも「忠実な良い僕だ。良くやった。お前は少しのものに忠実であったから、多くのものを管理させよう」と祝福しています。しかし第三の僕は全く違っていました。先の二人の僕は主人の信頼に応えて行動していますが、この僕は全く逆です。
 この話で次のように案じて質問する人がいます。第一の僕、第二の僕が儲けたということだが、もし彼らが事業を失敗しお金を減らしてしまったら、あるいは失敗して無一文になったら、どうなるのかと。ここで問われているのは儲けの金額ではありません。主人が僕に求めたことは、主人が語った言葉から察することができます。主人は「忠実な良い僕だ。良くやった。お前は少しのものに忠実であったから、多くのものを管理させよう」と言っています。この短い中に「忠実」と言う言葉を二度も語っています。主人は「よく儲けてくれた」と言ってはいません。「忠実に生きたか」ということは、その人が儲けた金額で計れるものではありません。それは神様から与えられたタラントンを十分に生かして生きたかということなのです。タラントンという言葉は「才能」の語源でもありますが、この譬えは与えられた能力を如何に用い生かすのか、そうしたことが問われているのです。
 私たちは、与えられたものを神様に喜ばれるように用いて生かしていきたいものです。それは、神様を愛し、隣人を愛する歩みであります。人生の終わり、天に召された時、「忠実な良い僕、よくやった」と神様に祝福して頂けるように、それぞれに与えられたものを生かして歩み続けて行きましょう。
[PR]
by higacoch | 2009-07-31 21:21 | マタイ

2009年7月19日

「神の言葉に耳を傾ける」 イザヤ書 66:22-24, ルカ福音書 16:19-31

  今月の8、9日に横浜で日本プロテスタント宣教150周年記念大会が行われました。私も参加し、その後関連の資料や書籍を読み、来日した多くの宣教師たちが主イエスの福音をできるだけ多くの日本人に伝えようと専念し、短期間に福音書を翻訳していった事を知りました。いわゆる委員会訳である明治訳、宣教師たちと日本人による新約聖書全体の翻訳が出版された1880年以前に、宣教師たちによる個人訳(主に福音書の分冊)が、10冊も出版されているのです。そうした中には、来日する前に出版されたものや、キリシタン禁令の高札が撤去される前に出版されました。こうした宣教師たちの働きを考えてみますと、彼らが如何にイエス・キリストの福音を伝えようとしていたかが解ります。
 今朝の物語は、金持ちの男と貧しい男の物語です。この二人の生活ぶりが記されていて、金持ちの名は記されず、貧しい男の名はラザロとあります。ラザロとは「神は助ける」という意味があり、金持ちの名が記されていないのは、「愚かな金持ち」(12章)も「金持ちの議員」(18章)の所も同様ですが、金持ちは神様の御旨に沿わない歩みをしていると見られているようです。この物語は三つの場面に分かれています。第一場面は二人の地上での生活です。第二は死後の世界、そして第三は結論としての教えです。この箇所で教えられていることは、日本の故事にある「苦は楽の種、楽は苦の種」というようなものではありません。地上での苦しみによってあの世では楽な生活が約束されているから今は辛抱しなさいと教えられていません。
 ここでの問題点は、金持ちが多くの富を持っていること自体にあるのではなく、多くの富をもちながら、返ってその心がかたくなになって、貧しい隣人に対する憐れみの行為をしなくなっているところにあるのです。彼の問題は、彼の中心がいつも自己であること、自分の、自分の、自分中心で生きていることです。彼の根本的は問題は、彼が慈善の行為を少しもしないことではなく、聖書の神の言葉に聞こうとしないことなのです。ここでは、単なる倫理的な基準で、よい行いをしなさいと教えられているのではなく、まず何よりも聖書の言葉に、耳傾け、聞き従うこと、このことが大事なことだと教えられているのです。わたしたちにとって最も大切なことは、すべて聖書の中に記され、そして教えられているのです。ですから、まず何よりも人の言葉に耳を傾けて聞くのではなく、神の言葉である聖書に聞くべきです。
 日本に来た宣教師たちが、何よりも聖書翻訳に精出したのは、日本の人々に神様の言葉に耳を傾けて聞いて欲しかったし、主の福音に生かされてほしかったからです。私たちも一人でも救われる人が起こされるように、主の福音を伝えていきましょう。それが、彼らから引き継ぐ私たちの務めであります。
[PR]
by higacoch | 2009-07-25 17:48 | ルカ

2009年7月12日

「主の山に備えあり」  創世記22:1-18, ヘブライ11:17-19   
                         佐藤岩雄牧師(日本中会 牧師)

 プロテスタントの日本宣教開始から150周年が経ち、その祝いの式典が先日横浜で開催されました。私たちの先輩であるヘール宣教師兄弟もそのような時期に来日しました。また、来年は、カンバーランド長老教会誕生から200周年を迎えます。その記念の式典が、東小金井教会の会堂にも掲げてある教会発祥の地の近くで行われます。教会がこのような節目に来し方を振り返り、また、将来にむかって備えるというのは、自分自身を見つめ直す大切な時となるのではないでしょうか。しかも、それを単に自分たちの功績や将来設計をするということだけでなく、神が私たちに何を求めておられるのか知るという視点を、見つめ直す時ともなる事でしょう。「主の山には備えがある。」本日の箇所に示されている、この視点が、私たちが過去を振り返り、また、これからの歩みに備えるための何よりの励ましと慰めになる事でしょう。
 この箇所には、せっかく与えられた約束の子イサクを神への犠牲としてささげなさいという命令が神から与えられました。この言葉をアブラハムはどのように受け止めたのでしょうか。アブラハムは、大変戸惑ったことでしょう。外国の風習として子どもを生贄にする習慣があるという事は聞いたことがあるけれども、自分の信仰する神が今、それを命じているのです。3節から「次の朝早く、」アブラハムは出発したとその様子だけを伝えています。三日間、どのような気持ちで歩き続けたのか、創世記は沈黙しています。これは、意外なことです。言うなれば、苦しむことさえ、悲しむことさえ出来ずに、アブラハムは、この厳しい現実に向かっていったということではないでしょうか。
 アブラハムは、若者二人をおいて、イサクをささげに行く時に、「私と息子はあそこの山で礼拝をして、また戻ってくると言いました。」息子を全焼の生贄としてささげるということを「礼拝をして」と言い換えているのです。アブラハムにとり、礼拝とは、命がささげられる場であったのです。礼拝とは、私たちの最も大切なものをささげる場なのだと聖書は伝えています。
 5節の終わりでは「また、戻ってくる」と言っています。自分たちは、また戻ってくる。と言っているのです。アブラハムは、ここで途中経過を一切告げずに、また二人で戻ってくるという最終的な出来事を告げています。神の約束であったイサクによってあなたの子孫を増やすという約束、「終わりの約束」にアブラハムは、立ち続けていたのです。私たちにとり、ささげるということは、何かを失う事柄のように思えます。しかし、本日の箇所から、神にささげる事、委ねることによって、本当の意味でその事柄に向き合い、取り戻すことが出来るということを、私たちは読みとることが出来ます。このことを忘れずに、それぞれの信仰の歩みを踏み出していこうではありませんか。
[PR]
by higacoch | 2009-07-18 16:39 | 創世記

2009年7月5日

「新たに生まれる」    民数記 21:4-9、ヨハネ福音書 3:1-21
 
  律法の教師であり、国会議員でもあったニコデモが、暗くなってイエス様の所にやって来ました。人に見られたくなかったのでしょう。ですが、どうしてもイエス様に聞きたいことがあったのです。イエス様は彼が聞きたいことを察して「はっきり言っておく。人は新たに生まれなければ、神の国を見ることができない」と教えられました。ニコデモは母の胎内からの誕生を思い巡らし、「どうして、もう一度生まれることができるでしょう」と返答しています。そこでイエス様は再度「はっきりと言っておく」と念を押し「だれでも水と霊とによって生まれなければ、神の国に入ることはできない」と教えられました。水は洗礼を、霊は聖霊を表しています。
 ニコデモは律法学者ですから、幼い時から律法の英才教育を受け、律法に関する知識を叩き込まれていたでしょう。人間的には最高の知識と知恵を持っていました。こうしたニコデモにイエス様ははっきりと言われました。「肉から生まれた者は肉であり、霊から生まれた者は霊である」と。つまり霊から生まれなければ神の国に入ることができないということです。彼は学者でしたので、かえってよく解りませんでした。イエス様が言われている「新しく生まれる」と言われた「新しく」という言葉は、「上から」と言う意味もあって、神の霊によって生まれることなのです。
 人が、新しく生まれるのは、人間の修行や知識、知恵によるのでは決してありません。神の愛の業を受け止め、その恵みの業を証しする霊の導きによって、神の業を受けとめて、人は新しくされていくのです。ですから新しく生まれるということは、人の業によるのではなく、神の業による恵みなのです。それは聖霊が神様の愛の証しをしていることを受け入れることなのです。このことをニコデモに教えられたのであり、また私たちにも教えておられるのです。「父なる神は、その独り子なるイエス様を私たちの救いのために、お与えになった程に、私たち一人一人を愛されました。それは、イエス様を信じる者が、一人も滅びないようになるためであります。父なる神様が、独り子であるイエス様を、私たちの世界に、遣わされたのは、まさに、私たちを裁くためにではなく、イエス様の十字架と復活の救いの出来事によって救われるためだったのです」。この真理を聖霊が私たちに示してくれるのです。この聖霊が示してくれる証言を受け入れて、御子を信じることによって、人は新しくされていくのです。
 ニコデモがイエス様から教え示されて、イエス様を信じるようになったように、一人でも新しく生まれる人が起こされますように祈り求めます。聖霊の導きが今もあることを受け止めて、イエス様の救いを受け止めて、一人でも新しく生まれて、歩まれますように。
[PR]
by higacoch | 2009-07-10 18:16 | ヨハネ福音書