<   2009年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2009年6月28日

「失われた息子を待つ父」   エレミヤ書31:20、ルカ福音書15:11~32

 今朝の聖書箇所は有名な「放蕩息子」の譬えとして知られていますが、もしここに登場する父親のことを考えない物語として語ったなら、イエス様がここで語りたかったことを語り得ない事になります。
 父親は、財産分与の権利を主張した弟の申し出を受け入れ、生前に財産分与しました。弟は財産を得るとすぐに家を出ていきます。父親は息子がどこでどう暮らしたのか解りません。ただ父親はその弟が何時帰ってくるのか、首を長くして待つのです。弟は貧乏のどん底の生活をして、我に返って悔い改め、父を思い起こします。これは単なる実家に帰ろうとか、家に帰ったら食いぱっぐれがないということで帰るのではありません。
 もしも父親が息子を受け入れず、拒否したならどうなるのでしょうか。弟は自分がしてしまった放蕩と自分の愚かさを嘆き、自己卑下して自分を裁き、苦しんだのではないでしょうか。父親が弟に対し、「お前は自分勝手に出ていったのだから、お前の勝手にしろ」と突っぱねたら、関係は回復できません。ですが、父親はそうではなく、弟を心から受け入れ、彼を抱きしめて迎えたのです。父親の喜ぶ様は異常な程です。父親は神様です。神様の方が近寄り、受け入れて、愛して下さったのです。神様はいつでも待っていて下さっているということなのです。そして悔い改める者を心から受け入れ愛して下さいます。この愛は私たちの救い主、イエス様の十字架の出来事によってこの世界に明らかにされました。神様がまず私たちの罪を赦し愛して下さったのです。
 ヨハネの手紙には「神は、その独り子(これはイエス様のことです)を世にお遣わしになりました。その方によって、私たちが、生きるようになるためです。ここに神の愛が私たちの内に示されました」と。ここに愛があります。ここにこそ神様の赦しの愛が深く現されたのであり、これ以外にはないのです。イエス様が十字架にかかって死なれたのは、罪の赦し以外のためではありません。まさに、罪を赦す愛、愛の極みが現されました。だから、言えるのです。あなたも愛されていると。
 人生のいろいろな出来事で、悲しみや苦しみや、自己嫌悪もあるかも知れません。しかし、自分で自分を受け入れられないような時にも、神様はあなたを受け入れて下さったということを深く思い起こし、神様を見上げて、起き上がり、立ち上がって頂きたい。イエス様は、この「放蕩息子の譬え」を話すことによって、どんなに大きな愛をもって、神様が私たち一人一人を迎えて、愛して下さるのかを教えておられるのです。ぜひ、イエス様の愛を受け止めて、イエス様によって新しくなり、生きていって欲しいのです。
[PR]
by higacoch | 2009-06-30 18:08 | ルカ

2009年6月21日

「見失われた一匹を探し求める」  詩編96:1-6, ルカ福音書15:1-7

 今朝の礼拝は賛美礼拝です。賛美を多く取り入れて、神様をほめたたえました。賛美は旧約、新約聖書にも多くあります。では、どういう状態になった時に人々は賛美しているのかと調べてみますと、喜びに満たされた時です。喜びが溢れる時、そこに喜びの表現として賛美がほとばしっているのです。人が神様の愛に触れて大きな喜びを味わった時、神様を心から賛美しているのです。
 今朝の箇所はよく読まれ、親しまれた箇所の一つです。子ども達も好きな箇所で、紙芝居にもよく使われるテーマであります。この譬えは人々に嫌われていた徴税人や罪人たちがイエス様の所にやってきた時に語られた話です。話のポイントは、一匹です。一匹に集中しています。イエス様の話は短く、こうです。「あなたがたの中で、百匹の羊を飼っている者がいて、その一匹を見失ったとすれば、99匹を野原に残して、見失った一匹を見つけ出すまで捜しまわらないだろうか」と問い掛けておられます。99匹よりも1匹に関心が向けられています。主人自ら、見失った1匹を探し回るのです。使用人が何人かいたのなら、使用人の一人に探させるということもできたでしょう。しかし、主人はそうはしません。それどころか、見失った1匹のことが心配でじっとしていられないという感じなのです。残りの99匹よりも、1匹を捜しに出掛けるのです。そして、見つかると喜んで、その羊を大事に担いで家に帰り、自分だけの喜びにしないで友達や近所の人たちも呼んで、一緒に喜んで下さいと言って回るというのです。
 ここには、本当に喜んでいる主人が現されています。このことは迷った羊には驚きではないでしょうか。見つけて貰って自分の方が嬉しいのに、それ以上に主人が喜んでいることを知って、自分はそれほど深く愛されていたんだなあと気付かされるのだと思うのです。このことは羊にとって本当に大きな喜びでしょう。
 神様は迷っている者、一人をとことん愛しておられます。神様は決して数の問題で行動しようとされていないことがわかるのです。譬えの最後にはこう言われました。「悔い改める一人の罪人については、悔い改める必要のない99人の正しい人についてよりも、大きな喜びが天にある」と。一人の人が悔い改めて、イエス様の愛を信じて歩み出す時、それは神様にとって大きな喜びなのだと。
 イエス様が1匹をどこまでも捜されるということは、よくよく考えてみますと、神様があなたをとことん愛しておられるということです。ですから私たちが救われるということは、神様の憐れみによってどんなに愛されているかということです。このことを自分のこととして深く味わう時、心の深い所から湧き出てくる喜びがあります。その喜びが神様への賛美となります。一人でも多くの方が、イエス様の愛に生かされて、主なる神様をほめたたえる人生を歩んで欲しいのです。
[PR]
by higacoch | 2009-06-25 18:04 | ルカ

2009年6月14日

 『神の国を探す旅の途中で』    ルカ 17:20~21  
                              大井啓太郎牧師(高座教会)

 今年は400年前ガリレオ・ガリレイが天体観測を開始したことにちなんだ「世界天文年2009」です。科学が発達して、宗教のような迷信がなくなると考えられた時代もありましたが、科学が発達しさまざまな発見がある今日でも、いや逆にそのような発見があったからこそ、神様の存在を否定できないことが多くあるのです。科学者の中でも多くのクリスチャンや宗教を信じる人がいるのはそのためです。今、宇宙の始まりはビッグバンという大爆発が起きたことによってできたという説が支持されていますが、残念ながら、その元となったエネルギーがどのように生じたかは解明されていませんし、どうして爆発したのかも「偶然」としてしか説明されていません。人間がどうしてこのように「進化」してきたのかも、そもそもなぜ生き物が生き、死ぬのか、神様の存在なしに考えられないと思うのです。そして私たちの最大の疑問は、「死んだ後はどうなるのか?天国(神の国)とはどういうところなのか?」ということです。このことを考えて初めて生きる意味とか、どのように生きるべきかを考えることができるのです。その道しるべが聖書であり、多くの人々が聖書の中に人生の羅針盤(コンパス)を見出してきたのです。街中であれば羅針盤などなくても死ぬことはありません。しかし海や山や砂漠で正確に方向を指し示すものがなければ死んでしまうのです。人生もより厳しい状況に置かれたならばしっかりと方向を指し示してくれるものが必要なのです。
 「天路歴程」というキリスト教の古典があります。イギリスのジョン・バニヤンというキリスト者が17世紀に書いたもので、「最初の英国小説」とも評されているものです。その題名が表すように、この本は天国に続く道のりを旅するクリスチャンという主人公が様々な誘惑や困難に遭いながらも、最終的には神の国に至るという物語です。悪意や強情、高慢、浮気といった名前の人々が、主人公の前に現れるのです。主人公はほとんど死にそうになりながら、神様に助けられて何とか、それぞれの危機を脱していくわけですが、この物語を通して、安楽で自己中心的な生き方こそが滅びの道であることが良く分かるのです。 
 今日与えられている聖書個所を見ますと、神の国はどこにあるかとの人々の問いに主イエス・キリストは「見える形ではない、実に、神の国はあなた方の間にある」と答えられました。「見える形」というのは直訳「観察できない」ということです。外側から客観的に分かるものではないというのです。そうではなく、他者との関係のなかに神の国の実がある。主イエスによって新たにされた私たちが、神と人を愛するそのあり方の中に神の国が存在していると語られています。私たちの間にある! 自分と家族の関係、友人や職場の仲間、果ては全く見知らぬ人々との間に神の国が存在する。逆説的に言うならば、この関係に神の国がなければ、神の国はないのです。
 ホームレスの男性が厳しい寒さの中、ボランティアの炊き出しにありつくことが出来て思わず「ここは天国だ」と言っていた場面をTVでみたことがあります。何が彼を「ここは天国だ」と言わしめたのでしょうか。そこには命を永らえる温かい少しの食べ物と心があった。そこには「その人のために」用意された食事があり、愛があったから彼は「天国だ」と言ったのだと思うのです。私たちの間にもっと「天国」を作り、神の国を味わいたいと思うのです。
[PR]
by higacoch | 2009-06-20 17:45 | ルカ

2009年6月7日

「宝が隠されている畑を買う」    箴言3:1-6,マタイ13:44-46

 ここで、宝を見つけた人は、大きな喜びを得ています。何にも代え難い宝を見つけたからです。その宝を得るために、まず、この人がしたことは、持ち物をすっかり売り払い、宝が埋まっている畑を買います。この人が取った行動は、周りの人には、理解しがたかったことでしょう。ですが、宝を見つけた人にとっては、その宝はその人の人生を変える出来事でした。これは黙って宝を独り占めしようとする欲張りな人の話ではありません。宝を見つけて、その宝によって、新しい歩みをしようとしている人の話です。ですから宝が埋まっている畑を買うのです。これは、まさに天国のたとえです。
 ここで「宝」と示されているのは、イエス様からの命と考えていいでしょう。イエス様と出会い、その出会いによって新しい歩みが始まり、命を得ているのです。
 教会で毎月、伝道用の新聞を取っていますが、3月号の「こころの友」に久米小百合さんの証しが載っていました。久米さんは今から30年位前に、久保田早紀の名前で「異邦人」の新曲で歌手としてデビューしました。この曲は人気を集め、歌番組のベストテンで一躍トップを獲得したりしました。無名の新人がいきなりミリオンセラーとなり、大変忙しくなりました。目が回る程の日々の生活となりました。そうした中で自分は何者なのだ、これからはどうすればいいのかとの不安が心の中に押し寄せて来たそうです。そうした中で小学校の時に友達と通った教会学校で歌っていた「主、われを愛す」をふと思いだしたそうです。この歌が心の中にしまい込まれていたことに気付かされました。その後、歌手の名を捨て、今は本名で教会や学校で主を賛美して活動されています。
 久米さんも小さい頃に教会学校に通ってイエス様と出会っていましたが、「宝」とは解っていませんでした。しかし、その「宝」が解り、「宝」によって新しくされて、その後の人生を歩まれています。宝は人生という畑に隠されています。どんな人の人生の畑には宝があるのです。
 最後にここにある「買う」という言葉と同じ言葉を、パウロが特別な思いで語っています。「あなたがたは、代価を払って買い取られたのです。だから、自分の体で神の栄光を現しなさい」と。あなたが畑を買う前に、神様があなたを買い取って下さっていると言っています。「宝」には、すでにあなたを御子イエス様の血潮によって買い取って下さっている愛が中に含まれています。だから宝はあなた自身を生かします。宝に生かされて歩んでいきましょう。また求道者の方々が、宝に生かされて歩まれるようにお祈り致します。
[PR]
by higacoch | 2009-06-13 12:25 | マタイ