<   2008年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2008年12月28日 

「神様を信頼する」   ヨエル書3:1-5, ローマ 10:1-13

 今年も早1年が終わろうとしています。今年は特に早く感じました。それは今年、私たちのカンバーランド長老教会の全体会議である総会を日本で開催したからです。その準備に前半期は追われ、6月に開催、その後は整理と夏、秋の教会行事に追われていった感が致します。こんな一年ではありましたが、神様から素晴らしい恵みをたくさん頂いた年でもあります。
 さて、私たちの教会として、この年は教会標語を「イエス様の福音を伝えよう」を掲げ、イエス様の福音をできるだけ伝えようと活動してきました。そのために新しく始めた活動や諸集会もあります。しかし、新しい人をお招きする難しさも感じました。しかし難しくても、それを為し続けて行きたいと願っています。それはパウロが言うように、新来者の方々が救われることを心から願うからであります。単なる信者獲得や教会の教勢の拡大のためではありません。そうではなく、一人でもイエス・キリストを信じ、その人が救われて生きていって欲しいからです。
 求道者の熱心さには、間違ったものがあります。パウロが指摘しているように、熱心に、自分の義を求めているのであって、それがどんなに熱心でも救いに至ることはありません。自分の義というのは、律法を守り抜くというような行いによる義であって、行動によって得ようとするものです。それに対して、神の義は、キリストによってなされた1回限りの救いの御業を受け入れ、イエス・キリストを信じることです。この二つをルターは、自分の業による信仰、そして神の業による信仰と区分けしました。救いはあくまでキリストの救いの業によってなされ、それを信じて生きることをパウロは教え示しているのです。
 キリストは今も生きておられるのですから、大事なことは、あなたがキリストの義を信仰によって受け入れるかどうか、ということです。キリストの義があなたを救うのであり、あなたは信仰によって救われるのです。救いは人がどんなに良い行い、善行を積んだとしても、律法を守り通していったとしても、その延長線上にはありません。どんなに素晴らしい行いを為したとしても、キリストを見上げていなければ、キリストによる救いはないのです。キリストが私たちを愛して、私たちを救い、その救いによって、キリストを見上げ、キリストを信じて生きるようにして下さったからです。ここにこそ、信仰による義があり、それが神様を信頼して生きることなのです。主なる神様を信頼して歩む者は、誰も失望することがありません。そこには確かな希望があるのですから、新しい年も主を信頼して歩んでいきましょう。
[PR]
by higacoch | 2008-12-31 18:51 | ローマ

2008年12月21日

「逆転の業」   ルカ福音書 1:39-55, 2:1-21

 皆さんと共に、私たちの救い主イエス様の誕生を喜び祝い、礼拝を献げることができ、嬉しく、主に感謝致します。神様は御子を与えるほどに、世(私たち)を愛されました。目に見える形で神様の愛を表して下さいました。
 さて、今年の12月は、かつてない程に不景気の津波が日本の産業界に押し寄せて来ています。アメリカのサブプライムローンの破綻を端に「100年に一度」と言われる金融危機が予想を超える速度で世界を、日本を襲い、雇用の悪化を一段と深刻化させています。特に非正社員、派遣労働者の解雇の問題が大きな社会問題となってきています。対応が後手になっている政府、そうした政府に対して地方自治体に緊急の雇用対策を取っている所があり、適切で素晴らしいと思います。今後は、労働者派遣法やその改正法など、これまで企業優先策を許してきた政府が、人を大事にする視点を持つようになり、もっと働く人を大切にしていく政策へと軌道修正をする転換点になればと願うものです。
 さて、クリスマスの出来事は、小さい者に目を注ぎ、小さい者を大事にしている出来事だと思うのです。見過ごされている人を大事にし、その人を生かして用いています。マリアも羊飼いもであります。「身分の低い私に目を留めて下さった」とマリアは賛美し、羊飼いも主を賛美しています。そこに、神様の御心があるのです。神様は、そうした小さい者を軽んじられない。否、むしろ大事にされた。そして、そうした小さい者を大いなる業をする者とされました。そしてその逆に、思い上がる者、権力ある者、富める者を、引き下ろされました。このように神様は小さい者を大きく用い、高ぶる者を低くされました。御子イエス様も皇帝のように人に命令して、人を支配されたのではなく、むしろその逆で低くなり、人々に仕え、へりくだって、死に至るまで、しかも十字架の死に至るまで従順な歩みをされました。こうして高く上げられました。この逆転の業によって神の愛を表されました。そしてここに大事な生き方を示されました。もし私たちが小さい者を軽んじる歩みをするなら、それは神の御心からそれる歩みなのです。小さな者を用いられる神様の眼差しを私たちも大事なこととして、そうした人々を愛して、共に生きる者となりましょう。イエス様が再び、この地上に来られるのを待ち望みつつ、今生かされている所において、クリスマスの出来事によって教えられたことをしっかりと受け止めて、小さな業の中にも、主の御心に従って、歩んでいきましょう。
[PR]
by higacoch | 2008-12-26 11:25 | ルカ

2008年12月14日

「あなたを召し出す神」  イザヤ書 41:8-10、ルカ福音書2:8-20

 アドベント第三主日を迎えました。三本目のロウソクは喜びの光であります。イエス様の誕生は、私たち一人一人にとって、大きな喜びであります。クリスマスの夜、天使は羊飼いたちに「民全体に与えられる大きな喜びをあなたがたに伝える」と告げました。イエス様の誕生は、すべての民に与えられた大きな喜びなのです。
 当時、羊飼いとは、どんな人たちだったか。彼らは貧困層の人たちで、人々から軽蔑され、人々との交流もほとんどないような人たちでした。軽蔑された大きな理由は、彼らが安息日には会堂に行けず、安息日の規定も守れなかったからです。こうしたことから彼らは、神からも見捨てられた者だと蔑まれていました。
 しかし、天使は、大きな喜びを、まず「あなたがたに」知らせると言って、救い主イエス様の誕生を知らせました。こうしたことを考えてみますと、クリスマスの出来事は、小さい者が大事にされた日ということができるのです。見向きもされなかった羊飼いに、天使たちはすべての人に与えられる大きな喜びを、まずあなたがたに知らせると、まず第一番に知らせたのですから。
 天使から知らされて、彼らは出掛けました。出掛けるように天使に命じられたからではありません。彼らは、語り掛けられたことを深く受け止めて、それに応答し、行動していったのです。彼らは急いでダビデの町、ベツレヘムへ行き、その町で家畜小屋を探しながら、やっと飼い葉桶に寝かしてあった乳飲み子、イエス様を捜し当てました。そして救い主イエス様にお会いすることができました。こうして大きな喜びに満たされて、彼らは救い主イエスの誕生を喜び、町の人たちに伝えたのです。それから羊飼いたちは、天使から聞いたこと、それらが一つひとつが本当であったことを思い起こし、神様を賛美しながら、自分たちの職場に帰っていきました。
 神様はあえてこの羊飼いを選ばれて、彼らを召しておられます。イエス様の誕生を知らせるものとして、神様が彼らを用いられたのです。こうしたことを思う時、神様は、神様の働きを担う者を召し出されるということが解ります。その召しは神様から出ているのです。
 神様は、羊飼いを召し出されたように、神様は、私たちを召し出しておられるのです。それは、私たちがイエス様の救いを知らされ、その後に、イエス様を知らせる者として、この時代に召し出されているのです。それは、一人でも多くの人に、イエス様の救いを知らせるためであります。大きな喜びであるイエス様の誕生を、喜びを与えられた者として、伝える者でありたい。
[PR]
by higacoch | 2008-12-20 11:33 | ルカ

2008年12月7日

「恵みによって救われて生きる」  詩編141:3-9, エフェソ2:1-10

 先週、「哀しみの南京」という舞台を見に出掛けました。この舞台は1937年の南京事件、日本兵による虐殺事件をテーマに取り上げたものでありました。戦争という過酷な状況の中で、獣化する人間、敵だというだけで容赦なく、虫けらのように次々と市民、子ども、老人を殺し、女性たちを強姦していった日本兵の戦争犯罪の事実を暴き出し、人間の罪深さをえぐり出しながら、鋭く問い掛けるものでした。この舞台は私にとってはとてもつらいものでした。特に最後の台詞は「地獄こそ、わが住み家」そう叫んで終わるのです。この最後の言葉が私の脳裏から離れませんでした。私は思ったのです。上演された御夫妻は自らの父たちが犯した罪、それを担い、その罪の償いとして自らが苦しみ続け、その苦しみを担い続けることを、自分たちの歩みとして考えておられるように思えました。自分の人生、罪を担いながら、苦しんでいく、この罪を背負い続けるしかないと考えておられるように思えたのです。どうなんだろう。罪を犯した罪人は、自分が犯した罪を償いながら、殺された魂を弔う道しかないのだろうか。 私は改めてイエス・キリストを知らされた者としての生き方は、どうなのだろうかと考えさせられました。
 キリストを知る以前と以後とは、どう違うのか、それは決定的に違います。それは、死と命の違いであります。キリストを見上げない所では、どんなに自分の罪を深く見つめ、深く受け止め、深く懺悔したとしても、その道はやはり死なんだと。どんなに自分の罪を悔い、苦しんだとしてもそこからは決して命は見出せません。人間がどうあがこうと、またどんなに真剣に生きようとしたとしても、その解決はできませんし、そうした所には、命に通じる道はないのです。それを一番よく知っておられたのが、神様だと思うのです。だからこそ、神は自ら人間に近づき、人間の世に来て下さり、神ご自身が、命の道を開いて下さったのです。それが、私たちの救い主、イエス・キリストなのです。
 パウロは、言います。「私たちは神に造られたものであり、しかも神が前もって準備して下さった善い業のために、キリスト・イエスにおいて造られたからです。私たちは、その善い業を行って歩むのです」と。ここでいう業は、私たちが救われるための業ではありません。この業は神様に救われた者が、その救いの喜びによってなす業です。何かを得るための業ではなく、与えるための業、恵みに応答して為す業なのです。私たちは、まさにここに生かされています。イエス・キリストの恵みによって救われて生かされているのです。
[PR]
by higacoch | 2008-12-13 22:34 | エフェソ