カテゴリ:コロサイ( 5 )

2016年8月7日

「人間関係 どうしたらいいのか」 詩編128:1-6、コロサイ3:18-4:1
                            香月 茂 牧師

 私たちの時代は、人間関係が大変、難しい時代だと思います。だんだんと難しい時代になってきたかもしれません。人間関係について、今日は、少し皆様とともに、今朝の聖書箇所を踏まえながら、考えたいと思います。
 さて、人が生まれて、最初の人間関係は、親子関係であります。この最初の関係は、とても大事な人間関係であり、子どもが3歳になるまでの母子関係は、基本的な信頼関係を形成する大切な時だと言われています。
 こうした家庭の人間関係を特に問題にして語っているのは、カトリックの現教皇、フランシス教皇であります。彼は昨年、年52回の講話の中で、家庭、家族のことについて、33回も語っています。実に6割以上です。また家庭の環境のことで言えば、留岡幸助氏の活動を思い起こします。彼は「非行少年の父」と呼ばれて、少年院に送られた少年たちの矯正のために生涯を捧げた人です。そのきっかけは、少年院に送られた少年たちのほとんどが、不幸な家庭環境で育てられていることが解ったからでした。現代の家庭内暴力や育児放棄の家庭でした。そこで少年たちの矯正のために、家庭が必要だと確信し、家庭学校を始めたのです。
 今朝の箇所の21節には「父親たち、子どもをいらだたせてはならない」とあります。この言葉には、深い意味が含まれています。これは父親だけではなく、母親も入ります。人間が人間関係を築く基礎的な場所は、家庭であることが解ってきます。伝道者パウロは、コロサイの教会の人たちに、家庭での人間関係、夫婦関係、親子関係、そして主人と奴隷の人間関係で大切なことを短い言葉で語っています。
 パウロは、ユダヤ人であり、ユダヤ的な家庭教育を受けて育っていますが、ユダヤ式の家庭教育論をここで語っているのではありません。教会の人たちは、ユダヤ人ではなく、アジア人です。ユダヤ人から言えば、異邦人でした。ここにはユダヤとは決定的に違う教育論があります。それは、主人と奴隷の関係です。ユダヤでは、奴隷がいませんでした。それに対して、コロサイには奴隷が普通にいました。否、奴隷が多くいたといった方がいいでしょう。では、どうしてユダヤには奴隷がいなかったか、それは神の厳然とした言葉がありました。(出エジプト記20:2、申命記6:12参照)それに対してギリシャ、ローマ世界では、奴隷はいるのが当然でしたし、勿論、奴隷の人間不平等論は当たり前のことでした。コロサイの教会の人々たちの中にも、奴隷を家で使っていた人たちがいたでしょうし、教会員の中には奴隷の身分の人たちも多くいたのです。
 パウロは、会ったことのないコロサイの人たちに教えています。「人にへつらおうとしてうわべだけで仕えず、主を畏れつつ、真心を込めて従いなさい。何をするにも人に対してではなく、主に対してするように、心から行いなさい。」と。私は、古代ローマの人たちが、どのような考えをもって行動をしていたかを調べました。そこで当時の奴隷たちの中には、へつらおうとしてうわべだけで主人に仕えていた人たちが、多くいたことを知りました。主人に気に入れられて、奴隷から解放されて自由人になるためです。こうした人たちは、奴隷ではなくても現代にもいます。自分の利益だけを考えて、他者のことを考えません。自己中心的な考えを持ち、行動する人たちです。パウロはいくつかの町を伝道して手紙を書いていますが、コリントの教会の人たちに書いた手紙の中に、こんなことを書いています。「私は、ユダヤ人にはユダヤ人のように、神を知らない人には、神を知らない人のようになって人に仕えた」と。
 「人にへつらおうとしてうわべだけで仕え」とあります。その逆は「心から仕える」ということです。「心から仕える」ということは、心から相手を愛さなければなりません。愛がなくて、心から仕えることはできません。それは無理です。心から仕えるには、愛がなければできません。こうしたことを考えますと、「何をするにも人に対してではなく、主に対してするように、心から行いなさい。」というのは、別の言い方をすれば、「主に心から仕えること、それと同時に、隣人に仕える」と言えます。この「仕える」を「愛する」という言葉で、私は言い換えることができると思います。となると、こうなります。「主を心から愛すること、それと同時に、隣人を愛すること」。これはイエス様が言われた最も大事なこと、神の律法が教えていることは、これに尽きるというものです。これは、大変難しいことでもあります。なぜなら、愛し続けることができずに、どこかで自分の勝手な言い分を主張しがちであり、愛せないからです。
 伝道者パウロは、ローマが支配する地においても、神々を拝む地域でも、はっきりと、言っているのです。「主に心から仕え、それと同時に、隣人に仕えなさい。」と。夫婦関係でも、親子関係でも、親戚関係でも良い実りを結ぶことでしょう。人間関係、どうしたらいいのか、それは、相手に仕えることであり、相手を愛することです。
[PR]
by higacoch | 2016-08-13 16:13 | コロサイ

2016年4月10日

 「上にあるものを求めなさい。」詩編116:1-14、コロサイ3:1-11
                                        香月 茂 牧師

 私は4月5日に市内の「憲法9条を守る会」の方々と日帰りのバス旅行をしました。茨城県の土浦にあります「予科練平和記念館」に行き、ガイドさんの説明を受け、展示品を観て改めて感じました。戦争は人を殺し、殺されることだと痛感し、戦争を決してしてはならないと感じて帰ってきました。その帰りのバスの中ですばらしい歌を紹介して頂き、皆で歌いました。それは、東日本大震災で甚大な津波の被害を受けた岩手県の釜石小学校の校歌です。
①いきいきいきる。いきいきいきる。ひとりでたってまっすぐいきる。こまったときは、めをあげて、ほしをめあてにまっすぐいきる。いきあるうちは、いきいきいきる。
②はっきりはなす。はっきりはなす。びくびくせずにはっきりはなす。こまったときは、あわてずに、にんげんについてよくかんがえる。かんがえたなら、はっきりはなす。
③しっかりつかむ。しっかりつかむ。まことのちえをしっかりつかむ。こまったときは、てをだして、ともだちのてをしっかりつかむ。てとてをつないで、しっかりいきる。」
 私は、本当に、いい歌だなあ、そして、すごく現代的だなあと思いました。でだしに「生き生き、生きる」とあり、そして3番とも「困った時は」と繰り返されます。「困った時には」どうするか、1番は「目を上げて、星を目当てに、まっすぐに生きる」、2番は、あわてずに、人間について、良く考える」、3番は「手を出して、ともだちの手をしっかりとつかむ」とあります。そして、それぞれ、生き生き生きる(1番)、はっきり話す(2番)、しっかり生きる(3番)と歌い終わるのです。この歌は、平成15年に近くの小学校と統合した際に、井上ひさし氏作詞、宇野誠一郎氏作曲によって作られました。
 私は人間のことを思い浮かべました。聖書の言葉であるギリシア語では、人間を「アンスローポス」と言います。この言葉は「顔を上へ向けて生きるもの」という意味で、権力者の入れ替わり、価値観の変化などの地上の移り変わりに目を向けて、生きるのではないのです。時代を超え、国を超えて、変わらない真理に求めて生きる存在こそが人間だということです。
 さて、今朝のコロサイの信徒への手紙の2節には、「上にあるものに心を留め、地上のものに心を引かれないようにしなさい。」とあります。キリストに出会う前は地上に目を注いで、みだらな行い、不潔な行い、情欲、悪い欲望、貪欲な生活をしていて、心は死んでいた状態であったが、今やキリストを信じたのだから、生き生きに生きていきなさいと勧めています。以前のような、怒りや悪意などを捨てなさい、互いに嘘をついてはいけませんと教えています。あなたはキリストを信じる人間として、新しく生きるようになりなさいと言っています。日々聖書の御言葉から学び、あなたは、新しくされるのだと。そのように生きていく時、そこでは、人種の違い、民族の違い、国の違い、身心障害の違い等の優劣や、上下関係とかの差別は一切ありません。またそこには、敵、味方で分かれて、戦争して殺し合うことなど考えられません。釜石小学校の校歌にあるように、困った時には、手を出して友達の手をしっかりとつかみ、手と手をつないでしっかりと生きるのです。互いに信頼し、思いやり、助け合って生きることです。人間が顔を上に向けて生きるとは、神様に祈ることでもあり、神様に祈り求めて生きることを含んでいます。
 最後に、11節の「キリストが、すべてであり、すべてのものの内におられるのです。」という言葉を学んで終わりたいと思います。すべてのもののうちにキリストがおられると云うのは、すべての人がキリストの祝福にあずかっているということです。ここにいる人もいない人にも祝福が与えられているのです。ここにおられ、キリストへの信仰が与えられているのは、キリストによって先に信仰が与えられているのであって、人よりもすぐれているからとか、信仰深いからなのではありません。キリストが憐れんで祝福をくださっただけなのです。自分の側に、信仰を与えられる根拠があったからではありません。ただただ神様の一方的な憐みがあっただけなのです。ここにおられる方と、ここにおられない方との違いは、ただ一つだけ、キリストの祝福を知っているか、知らないかの違いだけです。ここに初めて来られた方々には、あなたにもキリストの祝福が注がれていることを知って頂きたいのです。そして、キリストを信じて生きていくために、求道の歩みをして頂きたいのです。上にあるもの、それは、キリストが、あなたを愛し、あなたに祝福を与えておられることを信じて生きていって頂きたい。釜石小学校の校歌を作詞した井上ひさしさんは、信仰者です。ですから、心の深い所で「いきいき いきる。一人でたってまっすぐ生きる」と言う歌詞に、一人ひとりの子どもたちが、上にあるものを求めて、生きて欲しいという願いを持っていたのでしょう。ぜひ、皆さんも神様に目を向けて、まっすぐに生きていって頂きたいのです。
[PR]
by higacoch | 2016-04-16 13:48 | コロサイ

2013年9月15日

「栄光の希望」   詩編43:3-5、コロサイ1:21-29

 今日は礼拝後に、敬老感謝会をします。この感謝会は、敬老の方に感謝をするのが、第一ではありません。第一は、神様に感謝します。それは、ご高齢の方々の人生にいろいろなことがあったとしても、長寿は神様の恵みであるからです。今日も生かされているということは、本当に、神様の恵みなのです。伝道者パウロも、「神の恵みによって今日のわたしがあるのです。」と言っています。パウロの言うのはただ年齢的に、長生きしたということではないのです。ここまで、いろんなことがあって生かされてきたという思いが含まれた言葉でしょう。
 パウロにとって、人生の前半はユダヤ教徒の熱心な信者として、ユダヤ教の教えを惑わすキリスト者たちを捕まえて、キリスト教を抑えようと必死な人生でした。そのパウロが、復活のキリストと出会い、キリストによって変えられていきました。ここで大事なことは、パウロはキリスト教に出会ったのではありません。キリストに出会って変えられたのです。皆さんも、キリスト教に出会ったのではありません。今も生きて働かれるキリストに出会って変えられていらっしゃいます。いいえ、私は、キリスト教に出会ってと言いたい方がおられるかもしれません。それは、キリスト教に触れてです。キリスト教に触れただけで、キリストを信じることはできないからです。
 また感謝会をするのは、年配の方々に感謝を現わすためです。私がここに赴任したのは2006年4月でした。それ以前の礼拝には、いつも礼拝堂の前の席に、ご高齢の仲良し三人姉妹が相並んで礼拝を守っておられたとのことでした。このように神様を愛して礼拝を守り、教会を愛して交わりを大切にし、教会のみんなに信仰者の模範を示して下さいました。こうしたことに私たちは感謝をささげます。そうした方々が若い時から教会に仕え、教会を愛して奉仕してきて下さったことを覚え、感謝します。
 さて、今朝与えられた新約聖書の箇所に、「福音の希望」、「栄光の希望」という言葉があります。「皆さんにとって『希望』はなんですか?」と聞かれたら、どう答えられるでしょうか。希望は、こうなって欲しいというようなわたしたちの個人的な願望のようなものでしょうか。聖書の中でこの「希望」という言葉は、圧倒的にパウロの手紙に多く出てきます。このコロサイの信徒への手紙もパウロのものですが、4回出てきていて、そのすべてが第1章に出てきています。5節に2回出てきますが、「あなたがたのために天に蓄えられている希望」また「あなたがたは既に、この希望を福音という真理の言葉を通して聞きました」とあります。あとの2回が、今朝の箇所です。   
 またパウロは、「私は、あなたがたのために苦しむことを喜びとしている」と言っています。これは普通では考えられないことです。私たちは苦しみを避けたがります。苦しみたくないのです。あえて苦しむのは、将来、自分にとって価値あるものを勝ち取ることができる時で、そうした時には、苦しみに耐えるでしょう。たとえば受験生は苦しんで勉学に励みます。それは念願の大学に合格したいためです。自分にとっての喜びのために、将来に喜びが待っていると信じて、苦しみに耐えるのです。では、パウロもそうなのでしょうか。自分のために苦しむのでしょうか。そうではありません。パウロは「あなたがたのために苦しむことを喜びとしている」と言っています。自分のための苦しみではないのです。「あなたがたのために、隣人のため」です。 
 神様は御言葉を伝えるという務めをパウロに与えて下さいました。だからパウロは教会に仕えたのです。そして伝える内容は、秘められた神の計画であって、すべての人にとって、どれほどの大きな希望があるのかを知らせようとしました。「あなたがたの内におられるキリスト、栄光の希望だ」と言っています。だから、私パウロは必死になって、このキリストを伝えている、そしてそうしているのは、私の内に働くキリストの力によって、人々のために闘い苦しんでいるとのべています。
 パウロはこのようにしてまでも、栄光の希望、キリストを伝えています。そうせざるを得ないように神様によって押し出されているのです。なぜなら、この希望は、神の栄光を現わすものであり、すべての人に与えられているからです。神様が与えて下さった確かさ、平安、生きる喜び、生かされている確信だからです。
 今日は敬老感謝会をします。長寿は神様の恵みでありますが、生かされていることを覚え、天に蓄えられている希望を抱いて、信仰の道を全うして頂きたいのです。今、生かされている高齢者の方々に、そして皆様も、確信をもってキリストによる平和の希望を抱いて生きていって頂きたいのです。そして神によって生かされていることを証しして頂きたいと願うのです。
[PR]
by higacoch | 2013-09-21 18:55 | コロサイ

2009年2月1日

「人から人へ」    詩編19:2-5、 コロサイ 1:3-8

 聖書を読みますと、時々馴染みの薄い人の名前が出てきたりします。聖書には1回ないし、2、3回しか名前が出てこない人物がとても多いのです。今朝の箇所にエパフラスという人の名前が出てきます。彼の名前はここ以外では2回です。でも彼はパウロと同様に、主にあって良い働きをしていることが、パウロの手紙から伺えます。彼は、コロサイの教会の人たちに、福音を伝え、教えました。またラオディキアやヒエラポリスの教会の人たちのためにも非常に労苦していることも記されています。2000年前の当時は本もありませんし、聖書もありませんでした。現代のような便利な道具もありません。しかし、イエス様のことが人の口を通して、また福音に生きる人を通して、伝えられました。信仰者の「証し」を通して福音が伝えられたのです。エパフラスは、このように各地へ出かけ、自ら労して福音を伝え、福音を教えました。これはエパフラスという信仰者から、まだ福音を知らない人へと福音が伝えられ、教えられたということです。まさに「人から人へ」と、福音が伝えられていったのです。(実際、彼自身も、まだ未信者の時に、ある信仰者から福音を伝えられて、教えられたということです。)
  さて、皆さんはご存知でしょうか。「新共同訳聖書」は、プロテスタントとカトリックの両教会が共同で翻訳して生み出したものですが、これを生み出す前に「共同訳聖書」(新約のみ)が出版されたことを。この聖書の翻訳に際しては、聖書をできるだけ解りやすく、読みやすくしよう、そのようにして多くの人たち(未信者)に読んで頂こうとしました。こうして聖書が読本化されました。読本化された聖書から人へ、福音が伝えられるようにという願いがあったのです。しかし、この「共同訳聖書」に対して、教会の人たちから多くの批判がなされました。実際にこの聖書を教会で用いてみると、聖書朗読、祈りの言葉等が、礼拝に適さないというのです。そこで改めて、聖書の意義、聖書翻訳が目指すもの、それは何なのかが問われたのです。そして、聖書が最も大事にされる所、それは聖書を神の言葉と信じ、受け止め、それに聞いて生きている教会ではないか、そして、聖書の言葉に生かされる者たちによって、福音は伝えられるべきではないかという結論を得たのです。福音に生かされた者(人)から人へ伝えられ(証しされ)るべきだと受け止め、大々的に翻訳しなおされて「新共同訳聖書」が生み出されたのです。(聖書の最初にある序文 参照)
 福音は、福音に生かされた者(人)が、まだ福音を聞いていない人に伝えることが大事なのです。このことは、あなたが、福音を伝える人だということです。共に福音を伝えていきましょう。
[PR]
by higacoch | 2009-02-07 18:44 | コロサイ

2008年7月27日

「 キリストによる和解 」  詩編 98:1-3、 コロサイ1:15-20  香月 茂 牧師

 先週の月曜日、教会学校の夏期学校で子どもたちと共に多摩動物公園にでかけました。動物を見ながら、上野動物園で飼育を何十年もした方が書いた本を思い出していました。その方が動物園では子ども達に珍しい動物を見せ、楽しんでもらうためだけに動物を飼育しているのではない、表に現れないが、絶滅に瀕している動物たちの飼育をもしていると書かれていました。このことを知った時、私はとても驚かされました。現代は人間の勝手な動物の乱獲や自然破壊で動物たちの生存が脅かされ、絶滅に瀕している種が実に多いことを知らされます。

 今朝の聖書箇所で、パウロははっきりと言い切っています。「万物は、御子のために造られた」さらに「すべてのものは御子によって支えられている」と。すべては御子の手の中に治められ、支えられていて、決して人の手によって人の知恵によって支えられているのではありません。そして、神は「御子の十字架の血によって平和を打ち立て、地にあるものであれ、天にあるものであれ、万物をただ御子によって、御自分と和解させられました」と言っています。
ここで注目したいのは、神は御子の十字架の血によって、地にあるもの、天にあるもの、万物を御自分と和解させられたと言っています。御子の血による贖いが人間だけのためだと言っていません。御子の贖いはスケールがもっと大きく、私たちの理解を超えるものであり、万物との和解を与えたものであります。ですから神様の愛は人間だけ注がれているのではありません。神が創造された動植物たち、また被造物にも注がれているということです。人間が犯した罪は、神と人間との関係を壊してしまっただけではなく、人間以外のすべての被造物にも影響を及ばし、人間と自然との関係をも壊してしまったということも含んでいたと考えられるのです。

 5年前牧師会で、公害の原点と言われた足尾銅山の鉱毒事件で先頭に立って戦った田中正造氏のことを学ぶために、佐野市郷土博物館に出掛けました。彼は聖書を熱心に読み、苦しむ人々の側に立ち、公害の元凶の会社を、また公害に取り組まない政府を訴え続けました。彼は公害問題ではその時代よりも、一歩も二歩も先んじていたのです。彼が残した有名な言葉は「真の文明は、山を荒らさず、川を荒らさず、村を破(やぶ)らず、人を殺さざるべし」と。まさに彼は公害の原点を突いているのです。
 神が御子によって被造物と和解して下さったことを受け止めるのなら、私たちは御子イエス・キリストに従う者として、被造物と共に、神をほめたたえて生きる者でありたい。それは、自然を壊し、環境を汚染してしまう歩みではなく、被造物と共に生きることです。私たちの小さな歩みであっても、神の栄光を現し、神をほめ讃えて神が創造された世界を、守って生きる者でありたい。
[PR]
by higacoch | 2008-07-27 21:19 | コロサイ