カテゴリ:エズラ記( 1 )

2011年3月27日

「喜びで満たされる」 エズラ記3:1-13、ヨハネ福音書16:21-24
                           古畑 和彦 牧師


 1.喜ぶ-神を礼拝することにおいて
 バビロン捕囚から帰ったイスラエルの人々は、それぞれ自分の出身地の町に帰り、生活の再建に取り組まなければなりませんでした。大変な労苦でしたが、神によって解放された喜びと、感謝と希望に満たされていました。その人々は、「第七の月になって」(太陽暦9~10月)「エルサレムに集まって」「焼き尽くす献げ物」をささげるために「一人の人のように」なりました。「焼き尽くす献げ物」とは、神の愛に感謝し、神に従って生きる決意を意味していました。「焼き尽くす」ということから分かるように、すべてにおいて神に従うことが求められています。そのとき、私たちは、神のもとから来る喜びに満たされるのです。

 2.喜ぶ-恐れを乗り越えて
 礼拝のために集ったイスラエルの人々に1つの問題が起こりました。3節にイスラエルの人々が、喜びではなく「その地の住民に恐れ」を感じたことが記されています。その地の住民は、イスラエルの人々が「その昔の土台の上に祭壇を築き、その上に焼き尽くす献げ物……を主にささげる」行為に対して妨害をしました。しかし、イスラエルの人々は、「恐れを抱きながら」も、神に従うことをやめませんでした。私たちの人生も、いつも楽しいこと、喜ばしいことだけではありません。悲しみ、苦しみ、恐れで一杯になることがあります。そのような時でも、いやそのような時だからこそ、神を信頼して歩み出すのです。「どんなことでも、思い煩うのはやめなさい。何事につけ、感謝を込めて祈りと願いをささげ、求めているものを神に打ち明けなさい。そうすれば、あらゆる人知を超える神の平和が、あなたがたの心と考えとをキリスト・イエスによって守るでしょう」(フィリピ4・6、7)。

 3.喜ぶ-今ここでの恵みを
 イスラエルの人々は、神を礼拝する生活を確立するために神殿の基礎工事に取りかかります。石工や大工が集められ、彼らには賃金が支払われました。木材はシドンとティルスから調達されました。そして、冬が去って春を迎えた「第二の月」(太陽暦の4~5月)についに工事が開始されました。イスラエルの人々は、祈りつつ、必要な準備をして時が来るのを待っていました。私たちは、祈っていれば、自然と喜びに満たされるということはありません。祈ったように、行動することが大切なのです。神を信頼すると祈ったなら、信頼して私がすべきことをして、神の時が来るのを待つのです。その時が来れば、神はすばらしいことをしてくださったと喜ぶことができるのです。
 基礎工事は地味な仕事です。建物が完成すれば隠れてしまうところです。しかし、基礎をおろそかにした建物がどんなに危険なものになるかを、私たちは知っています。見えないところだからこそ、力を尽くすというのは、神を信じているものの生き方ではないでしょうか。誰に評価してもらえなくとも、神は評価してくださる。そこに喜びがあります。
 神殿の基礎工事が忠実な働き人によってなし遂げられると、ダビデ王の時代の規定に従って定礎式が行われた。この定礎式のなかで極端な二種類の反応がありました。一方は、ソロモンが建てた絢爛豪華な「昔の神殿を見たことのある年取った祭司、レビ人、家長たち」でした。この人たちは、そのソロモンの神殿と、今、基礎の据えられた新しい神殿を比較しました。そして、この程度のものしか作ることができなかったのか「大声をあげて泣き」ました。しかし、「昔の神殿」を知らない若者たちは「また多くの者が喜びの叫び声をあげた」のでした。彼らは比べるものがありませんでした。今、ここで神がしてくださったことだけを喜ぶことができたのです。私たちも、自分がしていることを過去や他のものと比べて、一喜一憂することはやめましょう。神がいま、ここでしてくださったことを喜びましょう。他の人から、「あなたがしていることはたいしたことはない」と言われても気にする必要はありません。神は、私たちの働きを見て「忠実な良い僕だ。よくやった。お前は少しのものに忠実であったから、多くのものを管理させよう。主人と一緒に喜んでくれ」(マタイ25・21)と言って喜んでくださるのです。

 結論 喜びに満たされた人生を 
 私たちは神を知っていても、人を恐れたり、過去や他のものと比べて悲しみを覚えたりして、なかなか「喜びで満たされる」人生を歩むことのできないものです。そんな私たちにキリストは次のように語りかけてくださいます。「今はあなたがたも、悲しんでいる。しかし、わたしは再びあなたがたと会い、あなたがたは心から喜ぶことになる。その喜びをあなたがたから奪い去る者はいない」(ヨハネ16・22)。私たちのうちには喜びはないかもしれません。しかし、キリストは私たちの心のうちを訪ねてくださり、喜びを与えてくださるのです。私たちが悲しみや苦しみの中にいる時ほど、キリストは、私たちに喜びを与えるために訪ねてくださるのです。だから私たちは、心から喜ぶことができるのです。
[PR]
by higacoch | 2011-03-28 16:35 | エズラ記