2017 年3月26日

「輝く神の子の姿」         イザヤ30:8-22、マタイ17:1-13
                          関 伸子 牧師 

 主イエスはペトロとヤコブ、それからヨハネという三人の弟子と共に、高い山に登られました。この三人の弟子は、この後も、ゲッセマネで主イエスが、祈りをなさる時にも選ばれていきました。
 高い山の上で、三人の弟子たちの目の前で主イエスの姿が輝いたのです。衣が真っ白に光るという事件が起こったのです。まさしく、主イエスの変貌です。ベツレヘムに生まれ、ナザレに育ち、そしてペトロたちと寝食を共にしてガリラヤを旅し、エルサレムへの旅をなさっているこの主イエス、この肉体を持ち、血を持っておられる主イエス、まことの人間としてこの世に生きておられる主イエスが、神の子としての正体を、ここで明らかにしてくださるということです。
 だからこそ、このすぐ前に起こっている出来事を、忘れてはならないのです。第16章の16節で、すでにペトロは「あなたはメシア、生ける神の子です」とイエスに告げました。そして、この山の上で白く輝く主イエスの姿を見た時に、ペトロは、喜びに溢れて言いました。「主よ、わたしたちがここにいるのは、すばらしいことです」。ここに「すばらしい」と訳されている言葉は、「美しい」という言葉です。「何と美しいこと、何とすばらしいことでしょう」とペトロは言ったのです。「これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者である。これに聞け」。「そうだ。これはわたしの子だ。わたしもこの子のことを喜んでいる」。そう言われたのです。このイエスを信じる時にのみ、このイエス自身が言った「自分の十字架を負う」ということにも、耐えることができる。そして、自分のいのちを見出すことができる。生きていてよかった、ということが分かるようになる。そう言ってくださるのです。この神の言葉が、しっかりと聞こえたのは、主イエスの正体が分かった時です。
 この第17章は「六日の後」という言葉をもって書き始めていました。第16章が記している、あの大切な弟子たちとの対話、ご自分の苦しみや、死や甦りについてお語りになった。あの時から6日を経ているということです。六日の準備が、この山の上の出来事のために必要だったというのです。出エジプト記24章の16節、ここでもモーセが、主なる神からその声を聞かせられるのに、6日間、待たなければならなかった、と書いています。神のみ言葉が聞こえてくる、神の啓示が起こるのに備えて、主イエスは、弟子たちにも6日間の日を用意なさったのです。
 また同じ1節に「イエスは、ペトロ、それにヤコブとその兄弟ヨハネだけを連れて、高い山に登られた」と書かれています。誰が連れてくるのでもないのです。主が6日の間に用意をなさって、私たちを、ここに連れてきてくださるのです。私たちは、その主の力によって、ここにひきずり込まれて、主のみ前に立つのです。
 そこでもう一つ、ここで興味のあることは、この主イエスが、一人で父なる神の前にお立ちになったのではなく、モーセやエリヤと共に立っておられることです。モーセは言うまでもなく、ユダヤの人々を、あの奴隷状態からひきずり出した人です。その神のみわざに仕え切った男です。申命記第34章は、モーセの死を記述したのちに、こう書きました。「イスラエルには、再びモーセのような預言者は現れなかった」。またエリヤは、預言者中の最大の預言者と言われ、神の言葉を実に激しく語った人です。イスラエルの民がこのモーセやエリヤを思い起こすのは、ただ、自分たちが神に捨てられていなかったのだ、ということを思い起こすためでした。
 主イエスが、この二人と語る姿を見た時に、ペトロは、この三人にゆっくり話し合ってもらう場所を、作ろうと思ったのです。ここに「小屋」と訳されているのは、元の言葉は「天幕」という意味の言葉です。しかし、このペトロの申し出は、少し早すぎたようです。このペトロの申し出の言葉、それは短いものですけれども、この短い言葉を語り終えないうちに、こういうことが起こったのです。「ペトロがこう話しているうちに、光り輝く雲が彼らを覆った。すると、『これはわたしの愛する子、わたしの心に適う者。これに聞け』という声が雲の中から聞こえた」。
 ここで、とても大切な聖書の言葉があります。ペトロの手紙二第1章です。主の変貌の時に、立ち合ったペトロが書いたと言われる、この手紙の第1章16節にこう書かれています。「わたしたちの主イエス・キリストの力に満ちた来臨を知らせるのに、わたしたちは巧みな作り話を用いたわけではありません。わたしたちは、キリストの威光を目撃したのです。荘厳な栄光の中から、『これはわたしの愛する子。わたしの心に適う』というような声があって、主イエスは父である神から誉れと栄光をお受けになりました。わたしたちは、聖なる山にイエスといたとき、天から響いてきたこの声を聞いたのです。こうして、わたしたちには、預言の言葉はいっそう確かなものとなっています。夜(よ)が明け、明けの明星があなたがたの心の中に昇るときまで、暗い所に輝くともし火として、どうかこの預言の言葉に留意していてください」。
 マタイによる福音書の第3章で、主イエスが洗礼をお受けになった時、天から聞こえた神の声もまた、「これはわたしの愛する子、わたしの喜ぶ者」ということと同じ言葉でした。この箇所について、ある牧師が書いています。「自分がこの箇所を読む時に、イタリアのフィレンツェにある一つの絵を思い起こす」。この牧師が言うのは、フィレンツェの聖マルコ修道院の聖職者であり、絵描きであった、フラ・アンジェリコの作品のことです。その一つの小さな作品、主にご生涯を描いた作品の一つに、この変貌の光景があるのです。光輝く中に立つ主イエスは、両手を広げておられるのです。そこで、この牧師は言うのです。「それは十字架につけられる姿を示している主のみ手が、弟子たちを招き、祝福するみ手であることをも、感じ取ることができる。今私はそれを思い起こす」。お祈りをいたします。
[PR]
by higacoch | 2017-03-27 08:19 | マタイ
<< 2017年4月2日 2017年2月19日 >>