2016年1月31日

 「祈りの家」 創世記28:10-22、マタイ21:12-16
                                
 先週の月曜日、加藤常昭先生を中心として行われている説教塾がありました。今回は加藤先生ご自身が説教された説教録音を聞き、説教分析の学びをしました。その説教の中で、宗教改革者の一人カルヴァンはとても礼拝を重んじたということ、そして、礼拝の式次第を礼拝順序と呼ばないで「祈りの秩序」と言っていたということが書かれてありました。わたしはとても驚きましたので、先生に、カルヴァンが礼拝を「祈り」と呼び、礼拝順序を「祈りの秩序」と言っていることを論じている本を紹介して頂けませんかと尋ねましたら、「礼拝史か、礼拝学辞典を見てみなさい」と助言を頂きました。その翌日早速、神学校の図書館に出かけて、カルヴァンの礼拝について書かれたものを借りてきました。また2010年に神学校で「カルヴァン生誕500年を迎えて」の記念講演会と記念礼拝が捧げられことを知り、DVD(当時の礼拝を再現した礼拝)を借りてきて観ました。講演の一つは、「カルヴァンのジュネーブ教会の礼拝」と題するものでした。カルヴァンは礼拝を重んじました。礼拝の中で、賛美し、感謝を捧げ、祈りを捧げ、神の恵みを心から受け止め、神に栄光を帰することに集中しました。カルヴァンが礼拝順序を「祈りの秩序」と呼んだというのが、少し解ったような思いです。それは、礼拝で為される一つ一つが心を込めて、神様に向かって行われていると思ったからです。彼は「礼拝順序」を「祈りの秩序」と呼ぶように、「祈り」が随所にありましたが、それは丁寧で長いのです。
 こうしたことを思い巡らしていましたら、今朝の箇所のイエス様が神殿内で激しい怒りを表わされたことも分かってきました。神を礼拝し、神への祈りが捧げられるべき所が、いつしか人間たちの欲望の巣になっていたことを知ったイエス様は、激しく怒らずにはおれなかったのです。そこでは、犠牲として捧げる鳩が市場の7、8倍の値段で売られていました。犠牲の動物は雄羊や山羊もありました。しかしイエス様は、特に鳩を売る者たちの腰かけを倒されたとあります。それは、犠牲の動物として鳩を捧げる人たちは貧しい人たちで、そのような人たちから彼らは暴利をむさぼっていたからです。また神殿で捧げるお金は、外国の硬貨を捧げてはなりませんでした。市場では、ローマの硬貨、ギリシア硬貨が普通に使われていましたが、神殿で捧げるにはユダヤの硬貨でないといけないと決まっていました。ですから、両替しなければならず、法外な手数料を取っていました。神への捧げもので、暴利をむさぼり、神殿内を商売の場へと変質させてしまっていたのです。だから、イエス様は「わたしの家は、祈りの家と呼ばれるべきだ、ところが、あなたがたは、ここを強盗の巣にしてしまっている」と怒りをあらわにされたのです。その一方で、目や足の不自由な人たちを憐れみ、癒されました。また子どもたちが神をほめたたえる賛美を喜んでおられます。
 まさにこの箇所から、カルヴァンは「信仰者はどうあるべきか」と問い、教会改革をしていきました。その改革は、文字通り礼拝改革でした。そして礼拝改革は、まさにここでイエス様がおっしゃったように、教会は「祈りの家」であり、礼拝が捧げられる時、そこで聖書が読まれ、賛美、説教、そうしたことが為される時、それに相応しい祈りを捧げました。そうしたことから、礼拝は、祈りの秩序の中に捧げられると受け止めました。カルヴァンは、教会は祈りという礼拝が捧げられ、神の栄光をほめたたえる場所と考えたのです。もしも人間の何かが幅を利かせるようになっていったのなら、そこは教会ではなくなるでしょう。カルヴァンは、教会がそうなる危険性があることを知り、その可能性を礼拝からできるだけ取り除きました。教会での礼拝は、神に集中するように捧げられ、祈りがささげられたのです。そして教会は、すべての人の祈りの家となるように、礼拝順序においても改革していきました。彼は、御言葉によって、教会改革をしていき、祈りを捧げる改革でもありました。
 教会は、すべての人の「祈りの家」です。このことをしっかりと覚え、御言葉に生かされて、いつの時代でも、どんな所にあっても立っていくのです。教会は、キリストの栄光を表し、祈りの家として、祈りがささげられ続けていく所だとカルヴァンは信じました。このことは、私たちにも、学ばなければなりません。教会改革は、御言葉によって、なされるべきであって、時代の、人間の都合によって為されるべきではないのです。御言葉によって為されるために、祈りつつ歩んでいかなければなりません。私たちの教会も、礼拝する場「祈りの家」として、いつも祈り求め、御言葉によって、改革していく教会として歩んでいきましょう。
[PR]
by higacoch | 2016-01-31 16:47 | マタイ
<< 2016年2月7日 2016年1月24日 >>