2012年11月11日

 「行いを生み出す信仰」 
             詩編105:1-15、ヤコブの手紙 2:14-26

                               
 当時の教会の中に自分は信仰を持っていると言いながら、身近な隣人を助けようとしない人たちがいたのでしょう。そうした人たちにヤコブは警告をしています。信仰によって生み出されるものによって生きようとしない者に、「あなたがたの信仰は今は生きていない、死んだも同然だ」と言っています。
 さて、信仰と言えば、皆さんかたの中には、宗教改革者マルチン・ルターを思い起こされる方がおられるでしょう。ルターは言いました。「信仰のみ。」「信仰によって義とされる。」「信仰によって正しいとされる」と。ルターは「人が救われるのは、信じることによってなのだ」と強調しましたが、それは当時のカトリック教会に対抗して語った言葉でした。カトリック教会は、「人は、善い行いをすることによって徳を積み、その徳が積まれることによって、上へ上へと上がっていき、そして人が神様に喜ばれるような所に達して、救われる」と教えました。善い行いが救いには必要なんだとカトリック教会は言っていたのに対して、ルターは、「救われるには、善い行いを積むことによってではなく、イエス・キリストを信じることで救われる」と強調しました。しかしだからと言って、信仰のみで、善い行いは無くていいと言ったのではありません。ルターが信じていたことは、アウグスブルク信仰告白の中に表わされています。その第20条には、信仰と善い行いとの関係についての条文があります。その中に「私たちの救い主イエス様を信じる時、その信仰によってのみ善い行いは生じるのです」とあります。もう少し説明しますと、善い行いは、救いの条件ではない。善い行いをすることによって救われていくのではなく、救われたことによって、その喜び、感謝によって生み出されるのだと言っています。救われた喜びの結果として生まれてくる行いこそが、善い行いなのだと言ったのです。救われるための行いではありません。~のための行いではなく、~の結果、~によって生み出されるものです。
 さて、ヤコブはアブラハムの信仰によっての行いを語り、また異邦人の女性のラハブの信仰から生み出された行いを語っています。こうした行いを思い巡らしていましたら、一冊の本を私は思い出しました。それは『それでもなお、人を愛しなさい』という本です。この本は、マザー・テレサにも影響を与え、感動させた本です。この本の副題には「人生の意味を見つけるための逆説の10カ条」とあります。この10カ条のうち、8つをマザー・テレサは取り上げて語りました。パソコンのネットで「マザー・テレサの名言」として検索すれば、そのトップに出てきます。その題は「それでも」というものです。この本の著者ケント・キース氏はアメリカのYMCA(キリスト教青年会)のリーダーの働きをしました。ケント氏の心にはキリストの救いの確信があり、キリストによって生かされている信仰が土台にあると私は思います。そして、信仰から生み出される歩み、つまり信仰から生み出される行いを勧めているのです。これは信仰の生き死に関連したことです。もし隣人に善いことをして、その隣人がよい反応を示さなかったからといって、そこでやめるのなら、その人の心は隣人からの善い反応を期待していたことになります。それはイエス様が私たちを愛されたことによる感謝と喜びの信仰から生み出されたものではないことになります。同様な事柄は教会にも時々あります。イエス様のため、教会のためにと言っていながら、周りを見て、他の教会員があまりしていないように感じられる、そうなると奉仕をやめたくなる、その奉仕はどうなのでしょうか。信仰から生み出されているものなのか、別のものから生み出されているものなのか、問うてみるのは大事なことではないでしょうか。今朝の箇所で言われているように自分は信仰を持っているという者が行いを伴わなかったり、あるいは別の思いからの行いであったりするなら、神様から問われていくのではないでしょうか。
 エルサレムの教会を守りながら、かつ教会内に起こる不信仰の思い、また今朝の箇所の後にも書いてありますが、人間的な誇りや高ぶりを持つ者に、「そのような高ぶりは悪いことだ」とヤコブは断言しています。ヤコブは、あくまで信仰から生み出されるものによっての行いを勧めています。そうでないと、人間的な思いが先になり、教会内の問題となっていくでしょう。私たちも礼拝後に大切な教会員総会を行い、来年度の活動計画を審議し、検討しますが、信仰から生まれるものによって教会の働きを内外に示すものでありたいものです。新しい年も主のみ心を求めて信仰によって生み出されるものによって歩んでいきましょう。
[PR]
by higacoch | 2012-11-12 22:14 | ヤコブ
<< 2012年11月18日 2012年11月4日 >>