2012年9月30日

 「光の子のトレーニング」  申命記 6:4-9、エフェソ5:6-20
                         荒瀬牧彦牧師(めぐみ教会)

 信仰とはどこにあるのでしょうか。頭でしょうか、心でしょうか。それとも体(行動)にあるのでしょうか。信仰の本質は教理にあるのか、実践にあるのか。エフェソ書全体を読むと、その両方であることがわかります。まずキリストによる救いとは何であるのかが語られた後、4章以下に「神から招かれたのですから、その招きにふさわしく歩み」と、生活の中の実践が命じられ、生活態度、生き方の問題が語られます。教理と実践はどちらも不可欠。頭と心で受け止められたことが、生き方になって現れ、二つが一つとなって意味を持つのです。
 今日与えられている箇所は、キリスト者の生活実践に関する具体的な教えです。ですから、実践的な話をしなければならないと思います。観念論だけ語っていてもまったく意味がないところだからです。しかし、その実践的教えに入る前に確認しておくべき前提があります。
 前提とはこのことです。「あなたがたは以前は暗闇だったが、今は主に結ばれて光となっている」。これが起点になっています。以前は暗闇だったというのは、ネクラだったとか暗い環境にあったということではありません。性格や環境の次元ではなく、あなた自身が闇だったということ。それを認める必要があります。しかし今はそうではない。光となっているのだ。光なるキリストが来られたからです。
 光にさらされるというのは実態が暴露されて自分の恥部さえ明るみに出されてしまうことであって、恐ろしいことであるに違いないですが、しかし面白いことに、「だからおまえは失格!」と切り捨てられるのでなく、その反対に「明らかにされるものはみな、光となる」というのです。光に照らされると光になるというのです。
 闇だったあなたが、今は人に明りをもたらす「世の光」として燭台の上に置かれている。だからあなたがどう生きるかは、あなた自身のみならず、この世界のために重要なことなのだ。それが、聖書の発想です。そしてそれゆえに、生活の中で身に着けるべき実践的な教えが語られるのです。

○「むなしいことばに惑わされるな」。わたしたちはこの世にあって、むなしい(不誠実な、不真実の)言葉の洪水にさらされています。それに流されていたら、神に背く諸力のなすがままになっている世界にひきずりこまれてしまいます。
○「何が主に喜ばれるのかを吟味しなさい」。人は日々判断をしながら暮らしています。どちらの道に行くか、お金や時間をどう使うか、この誘いを受けるべきか断るべきか・・・。小さな判断の積み重ねの中で、実は重要な方向付けがなされていくのです。だから、判断にあたって常に「主に喜ばれることは何か」と考えることが重要。それを癖にしなければなりません。WWJD(イエス様だったらどうするかな)というロゴの入ったリストバンドは生活の中で「癖」を作るための一つの試みですね。私は腕時計や携帯に、WWJDというメッセージが浮かび上がってくる仕掛けがあると良いのかも、と思いました。
○「時をよく用いなさい。今は悪い時代なのです」。時代の上昇気流をつかんで成功せよ、というのとは逆の発想です。「よく用いる」のギリシア語はエクサゴラゾーで、「市場の外へ買いだす」といった意味。「贖う」とも訳されます(ガラテヤ3:13、4:5)。悪い空気の中に閉じ込められているから、それを救い出して良い物とする、という使命が与えられているのです。
○「詩編と賛歌と霊的な歌によって語り合い、主に向かって心からほめ歌いなさい。そして、いつも、あらゆることについて、わたしたちの主イエス・キリストの名により、父である神に感謝しなさい」。晴天なら感謝して荒天なら不貞腐れ、といった程度ではない、深く広く感謝する、大きな感謝力を身につけるためには、賛美を歌うことです。詩編から聖書から同時代の創作歌をもって。
 良い習慣は才能にまさる。これは勉強やスポーツ以上に、信仰生活にあてはまる諺ではないでしょうか。良い習慣を身につけ、悪い時代にあっても光として生きよう。
[PR]
by higacoch | 2012-09-30 17:49 | エフェソ
<< 2012年10月7日 2012年9月23日 >>